●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

[読書] 女の子の幸福論 もっと輝く、明日からの生き方 (大崎 麻子/著・講談社) 感想

女の子の幸福論 もっと輝く、明日からの生き方
【おススメ度】★★★★

私の評価基準(書籍用)


男性が読んでも新発見がある。女の子だけの本じゃない

まず、タイトルには『女の子の…』とあるが、本書は、自分の人生を主体的に生きること。そのための知恵を紹介した本だ。従って男性が読めば、「女性」と言う「性」の意味や存在意義や愛おしさを再確認できる。大人の女性が読めば、「自分の人生もアリだったかな?」と少し気が楽になると思う。

すべての女の子とお母さんに読んで欲しい

そして、私はすべての女の子とお母さんに読んで欲しい。なぜなら本書は、著者・大崎麻子さんが自分の人生の経験を投影したスライドショーに、これからの女の子が主体的に生きていくための知恵のメッセージを添えた、すべての女性たちに宛てた手紙だから。

[読書] 女の子の幸福論 もっと輝く、明日からの生き方 (大崎 麻子/著・講談社) 感想
 ※上の写真と本文は関係ありません。

「ジェンダー」「フェミ」はちょっと…の人へ

以前は、「ジェンダー」「フェミニズム」と言う言葉に、女性の権利だけを強引に主張するみたいな偏見があった。だが、2015年夏に著者の講演を聞いて考えが一変した。「ジェンダー」「フェミ」はちょっと…と言う人は、著者からの女の子が賢く健康に生きていくためのエールを読もう。偏見はあっと言う間に吹き飛んでしまうと思う。

何も考えず相手に合わせるのを、「ラク」だと思わない

著者が訴える「主体的に生きる」とは、「なんでもいい」と言う態度を取らないこと。「言わぬが花」「言わぬは言うに勝る」「魚心あれば水心」なんて諺がある日本では少々厄介だ。しかしたった一度の人生、「私はこうしたい」と自分らしく生きて、最期に「いろいろあったけど、面白い人生だったな」と思いたいと語る著者に共感した。

あとがき

大崎さんは「国際協力やジェンダー専門家」と言う重厚な肩書きですが、実際の声や話を聴いてみると、とても柔らかで楽しい物言いの方で、専門的な話を自分の人生に重ねて上手に伝えてくれました。本書もまさにそんな感じ。専門家がくれた「もっと輝く生き方の知恵袋」です。

誰が読んでも面白いと思いますが、特に思春期前の女の子とそのお母さん(お父さんも)に読んで欲しいです。そして、女の子が大人の女性になり幸せな暮らしをするためには、主体的に生きることが大切だと言うことを一緒に考え欲しいです。


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
女の子の育て方~「愛され力」+「自立力」=「幸福力」。0~15歳児の親が必ずしておくべきこと。~
世界女の子白書
世界で生きるチカラ---国際バカロレアが子どもたちを強くする
わたしは13歳、学校に行けずに花嫁になる。: 未来をうばわれる2億人の女の子たち

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7404/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。

【当blog内の関連記事】
[読書] わたしは13歳、学校に行けずに花嫁になる。: 未来をうばわれる2億人の女の子たち (久保田 恭代,奈良崎 文乃,寺田 聡子,プラン・ジャパン/著・合同出版) 感想
世界の女性のQOL(生活の質)を高めたい 「第14回 日本ウーマンズヘルス学会学術集会」 現地レポ (2015/07/25)

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR