●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

刑事7人 (第4話・8/5) 感想

刑事7人

テレ朝系『刑事7人』公式
第4話『忘れた男』の感想。


山中で身元不明の白骨遺体が見つかった。天樹(東山紀之)は遺留品の六法全書の書き込みに注目。やがて、被害者が法律事務所の事務員・下川(黒岩司)と判明する。しかし、彼を雇っていた高杉(眞島秀和)は5年前のキャンプ中、沢に転落して記憶喪失に陥っていた。現場が近く、高杉の転落事故は殺人事件と無関係とは思えない。高杉の当時の手帳を調べた天樹は、彼が5年前にある人物と頻繁に会っていたことを突き止める。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

脚本は八津弘幸氏じゃないとダメなようだ

今回の脚本は、第2話担当の八津弘幸氏。と言うことで、結論から言っちゃうと面白かった。と言うか、良く出来ていた。特に、刑事7人の個性をきちんと描き分けて活躍させたことが良かった。事件も複雑だったが、整理整頓されており説得力もあった。

3人目の監督・長谷川康氏の工夫が光った

また、今回の演出はシリーズ初、3人目の監督・長谷川康氏。良かったのは、主人公・天樹(東山紀之)のクライマックスでの推理のシーンに映像的な工夫を施したこと。これによって、ただ考えてるだけよりもずっと主人公らしく見えた。見えただけでも過去の3作よりずっといい。

あとがき

今回くらいに各キャラが立って、物語が進んだら良いですね。問題はもう1人の脚本家・大石哲也さんとの作品の質の差をどう埋めるか。そこを乗り越えれば、断然面白くなると思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7369/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/423662757.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR