恋仲 (第3話・8/3) 感想

恋仲

フジテレビ系『恋仲』公式
第3話『7年目の真実』の感想。


久しぶりにあかり(本田翼)と2人きりで会話し、複雑な感情を抱く葵(福士蒼汰)。あかりは葵と昔のように話せたことを喜び、かつての彼との関係を友人の恵里香(馬場園梓)に打ち明ける。そんな中、あかりに頼まれてラック作りを手伝った葵は、同席した恵里香から、父・寛利(小林薫)の失踪で落ち込むあかりを立ち直らせたのが翔太(野村周平)だと知らされ、切なくなる。一方、翔太は、葵のことを楽しそうに話すあかりの姿に…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

「月9」らしい王道の恋バナになって欲しいから…

まず、私が、この度の『月9』でも何とか『月9』らしい王道の恋バナになることを未だに期待しているから、取り敢えず本作の於ける「ベタ」「既視感」「主役たちの演技力」は置いておこうと思う。だって、言い出したらキリがないから。まずは良かった部分、次に問題点と改善策を書いてみようと思う。

第3話の良かったところ

では、まず良かったところ。第3話の描き方の問題(後述する)で若干群像劇になりかけている中で、ぎりぎり葵(福士蒼汰)を主人公として強調したのは良かった。また、ストーリーも好みはあろうが、普通過ぎる程に普通。あとは映像的に夏を意識した明るさや透明感を醸し出しているのは評価したい。

問題点その1「翔太を悪い奴に描き過ぎる」

さて、問題点と改善策だ。まず1つ目は、第1話の終盤からどんどん過激になっている「翔太の葵への態度」と「恋敵としての翔太と葵の描き分け」の脚本と演出だ。簡単に言うと、翔太(野村周平)が “悪い奴” 過ぎるのだ。もちろん、それが翔太の “親友に女を取られたくない嫉妬心” なのは重々承知だが。

三角関係のドロドロっぷりと、葵の “親友のために閉ざす恋心” を少し強調して物語と劇中の時間が進んでいるのを描きたいのだろうが、ハッキリ言ってやり過ぎ。お蔭で翔太のあかりへの愛情さえ見え難いし疑いたくもなってくる。

そう感じてしまう理由は、翔太の悪い奴っぷりを必要以上に場面を固めて(集中させて)描くのもある。逆に、葵のいい奴っぷりは上手に全編に少しずつ漂わせている。あかりの鈍感っぷりも同じだ。だから、恋敵の翔太が物語から浮いて隔絶されてしまう。

この物語は、3人が同じ土俵の上にいないと話にならない。3人が同じバランスで綱引きしていないと面白くない。これは演出だけでは解決できない。やはり、脚本も3人のバランスを均等に保つ工夫と努力をした方が良い。

問題点その1「場面転換が多過ぎる」

もう1つの問題点と改善策は、脚本の柱が多過ぎること。脚本が「柱(はしら)」、「ト書き」、「セリフ」の3つの要素で構成されているのはご存知だと思う。ほぼ「脚本の柱=映像上のシーン=場面転換」と考えれば良い。本作は「柱」が多い上に、演出(編集)でもきっちり順序立てて作るから、集中力に欠けるのだ。

短い尺の全く違う場所のエピソードを前後に配置することで、物語が劇的に変化しているように魅せたり、事件が同時進行しているようにハラハラさせたりさせたいのだろうが、やり過ぎで「なんで急にこの場面になるの?」と言う違和感が生まれる。特に「あの日、姿を消した父」と「新築離婚の夫婦」がそれ。

もっと「柱」をまとめて、視聴者にしっかり物語を魅せた方が良い。それでなくても、俳優やベタさのアドバンテージがあるのだから、丁寧に物語を魅せる工夫をもっとしないと勝ち組にはなれないと思う。

あとがき

翔太を悪い奴にして「どうしてあんな男と?」を思わせたいのかな?だとしても、ファンの方には申し訳ないですが、2人の男が強烈に惹かれているあかりを演じている本田翼さんの存在感の弱さはどうしようもない。だからこそ、もう物語で視聴者を惹き付けるしかないのです。まだ策は間に合います。次週の巻き返しを期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
君がくれた夏 (完全生産限定盤)/ 家入レオ
君がくれた夏 (初回限定盤)/ 家入レオ
君がくれた夏 (通常盤)/ 家入レオ


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7360/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/423548169.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

恋仲〜第3話★あかりの父・寛利(小林薫)に50万円

恋仲〜第3話 久しぶりにあかり(本田翼)と2人きりで会話し、複雑な感情を抱く葵(福士蒼汰)。あかりは葵と昔のように話せたことを喜び、かつての彼との関係を友人の恵里香(馬場園梓)に打ち明ける。そんな中、あかりに頼まれてラック作りを手伝った葵は、同席した恵里香から、父・寛利(小林薫)の失踪で落ち込むあかりを立ち直らせたのが翔太(野村周平)だと知らされ、切なくなる。一方、翔太は、葵のことを楽しそ...

「恋仲」第3話 感想

 あかりのラックが壊れます。  葵はホームセンターに付き合い、材料を調達し二人でラックを組み立てます。  父親との写真を眺めるあかり。  翔太があかりを励まし、ここまで来たと恵里香から聞きます。

恋仲 #03

『7年目の真実』

恋仲 第3話

あかり(本田翼)はルームメイトの恵里香(馬場園梓)に、映画館で幼馴染の葵(福士蒼汰)と昔のような時間を過ごせたこと、かつての彼との関係を話していました。 あかりは、マンガ本にメモを挟んで葵に告白したつもりだったのですが、翌年の夏祭りに来てくれなかったので振られたと思っているようですが・・・それは、君の現在の彼氏・将太(野村周平)が邪魔をしたからだよ・・・w そんな時、新しい建...

恋仲 第3話

「7年目の真実」 内容 結果的に、あかり(本田翼)と2人で映画を楽しんだ葵(福士蒼汰) その後、あかりをアパートへ送っていくと、翔太(野村周平)が待っていた。 あかりの部屋へ入っていく。。。。翔太とあかりを、葵は、見送るしかなかった。 そんなある日、仕事...

あいつはあいつはONE PIECE泥棒!(本田翼)僕は知らない(福士蒼汰)除菌そして隔離(野村周平)

一緒に暮らす人は・・・優しい人がいい。 一緒に暮らす人は・・・美しい人がいい。 一緒に暮らす人は・・・楽しい人がいい。 一緒に暮らす人は・・・丈夫な人がいい。 一緒に暮らす人は・・・いい人がいい。 でも・・・いい人は・・・結構簡単にだまされたりして・・・家族を不幸にしたりします。 まあ・・・でも・・

デスノート五話&恋仲三話感想

■デスノート五話 戸田 恵梨香のミサミサが超可愛く印象に残る映画版デスノートだが。佐野ひなこのミサミサも、普通に可愛いと思ってしまった五話。ありじゃね?と普通に思えたし。 しかも、窪田正孝の月は、ミサミサに対して過分な情を持ちわせているよね。自分の始めた戦いに海砂を巻き込んじゃいけない・・と覚悟と諭す場面とか、海砂のデスノートを預かるのも、海砂の事を気遣ってるわけだし。オリジナルよりも優...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR