●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

まれ (第109回・8/3) 感想

朝ドラ まれ

NHK総合・連続テレビ小説『まれ』公式
第19週『潮時じゃがいもガレット』『第109回』の感想。

なお、当記事は、受信料を支払ってるだけでモノ言わぬのもしゃくなので、本作への僅かな期待と愚痴と重箱の隅突きなっております。楽しくご覧になっている方や愚痴や重隅突きはウザいと思う方は、読まない方が良いです。また、ネタバレサイトで先のあらすじを読んだ方、こちらに書き込むのは止めて下さい。
なお、本作の製菓指導・辻口博啓氏の夢の掴み方が熱く書かれ児童書『スーパーパティシエ物語―ケーキ職人・辻口博啓の生き方』の感想記事もあります。


圭太(山崎賢人)が紺谷弥太郎の5代目を引き継ぐことが決まり、親方になるための厳しい修業が始まった。一方の希(土屋太鳳)は、塗師屋を支えるため、圭太の母・直美(藤吉久美子)の厳しい指導を受けている。そのころ桶作家では、元治(田中泯)が塩の袋づめ作業をしながら、考えを巡らせている。そしてその夜、元治は弥太郎(中村敦夫)を呼び出し、酒を酌み交わしながら…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

いつ、圭太と博之の間の壁が取れたの?

どこから手を付けて良いのか解からない程の違和感と失笑だらけの15分間だった。まず、なぜ圭太(山崎賢人)が博之(板尾創路)の前で挨拶をしてるのかってこと。確か先週末は圭太と博之の間に壁があったと思うが。

それに圭太が紺谷弥太郎の5代目を継ぐことになったら、普通は弥太郎(中村敦夫)から関係者に告げて挨拶するシーンじゃないの。どうして圭太が博之に向かって決意を述べているのか、さっぱり解からん。懸命に語りで後継ぎ話を成立させようとしても、挨拶の相手は博之じゃないだろ。

顔しか映らない希に「手が止まっとる」って?

で、今度は希と直美(藤吉久美子)のシーン。直美の台詞がアフレコになってるのも失笑するしかないが、恐ろしいのはその直後の直美の台詞だ。これ、笑うべきなのか全く解からない。

直美「手が止まっとる」

そもそも本作では、希の手は映っていないことが多い。いや、希は殆ど顔のアップだ。手が映る時は、“何かやってるアピール” の時だけ。ケーキづくりや発想ダンス?とか。基本的に手は映らない希に対して「手が止まっとる」と言わせて、わざわざ“何もやってないアピール” を描くってどう言うこと?

ついに、元治も同じ穴の狢になるのか?

中盤は触れるのも面倒だからスルー。で、元治(田中泯)が弥太郎を居酒屋に呼び出すシーンから。元治だけは本作中で唯一の普通の価値観の男だと思っていたのだが、ついにそれも崩壊を始めたようだ。だって、普通、脳梗塞で倒れた旧友を酒飲みに誘うかな。店主もどうかしてる。この2人の演技力なら日本茶でも味わいを出せると思うが。

そして、なぜ元治は一番に希に釜焚き小屋でケーキ屋の話をしたんだろう。確か、息子の哲也(池内博之)が第4週で小屋で商売をしたいと言っていたはず。親子関係も修復したはずだから、まずは息子に声掛けしないとおかしくないか。都合良くとっとと話を進めたいのだろうが、最低限の違和感は除去して欲しい。

あとがき

「真剣に本気でやらしてもらいます」と言った直後に、私用電話をしながら片手間作業。片手間なのに携帯電話を手に持っていないのは笑うところなんでしょうか。そして、なぜああも藍子が登場するんでしょ。そして今日から歌の歌詞表示も無くなりました。一体、このドラマ、何をやりたいんでしょう???

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
NHK連続テレビ小説「まれ」オリジナルサウンドトラック
連続テレビ小説「まれ」オリジナルサウンドトラック2 音楽/澤野弘之
連続テレビ小説読本 Vol.1 (洋泉社MOOK)
連続テレビ小説読本 Vol.2 (洋泉社MOOK)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7359/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/423496390.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1週『魔女姫バースデーケーキ』
1 2 3 4 5 6
第2週『告白シュークリーム』
7 8 9 10 11 12
第3週『卒業ロールケーキ』
13 14 15 16 17 18
第4週『さよなら桜もち』
19 20 21 22 23 24
第5週『情熱ミルフィーユ』
25 26 27 28 29 30
第6週『母娘キャロットケーキ』
31 32 33 34 35 36
第7週『横浜激辛プチガトー』
37 38 39 40 41 42
第8週『危機的クリスマスケーキ』
43 44 45 46 47 48
第9週『再出発エンゲージケーキ』
49 50 51 52 53 54
第10週『「逆転一発パンケーキ」』
55 56 57 58 59 60
第11週『泥沼恋愛チョコレート』
61 62 63 64 65 66
第12週『官能カスタードクリーム』
67 68 69 70 71> 72
第13週『運命カカオ64%』
73 74 75 76 77 78
第14週『絶体絶命メッセージプレート』
79 80 81 8283 84
第15週『下克上駄菓子ケーキ』
85 86 87 88 89 90
第16週『絶縁コンビニスイーツ』
91 92 93 94 95 96
第17週『究極選択パリブレスト』
97 98 99 100 101 102
第18週『親心ロールケーキ』
103 104 105 106 107 108
第19週『潮時じゃがいもガレット』

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

連続テレビ小説「まれ」第109回★女将ノート

連続テレビ小説「まれ」 第109回(8月3日) 圭太(山崎賢人)が紺谷弥太郎の5代目を引き継ぐことが決まり、親方になるための厳しい修業が始まった。一方の希(土屋太鳳)は、塗師屋を支えるため、圭太の母・直美(藤吉久美子)の厳しい指導を受けている。そのころ桶作家では、元治(田中泯)が塩の袋づめ作業をしながら、考えを巡らせている。そしてその夜、元治は弥太郎(中村敦夫)を呼び出し、酒を酌み交...

じゃがいも>『まれ』第109話

サブタイトルに関わる食材が ワザトラシク登場するのも『まれ』流 …いや、思い出した 『てっぱん』でダシ巻き玉子の話が出た時 ヒロイン一家がワザトラシク食べてるシーンが出てきたっけな 初めての登場ではなかったものの それまでは湯気は無し でもその回はばかりは ダシ巻き玉子は熱々の時が美味しいという結論なので それはもうワザトラシサも極みって感じで湯気がモウモウ...

じゃがいも>『まれ』第109話

サブタイトルに関わる食材がワザトラシク登場するのも『まれ』流…いや、思い出した『てっぱん』でダシ巻き玉子の話が出た時ヒロイン一家がワザトラシク食べてるシーンが出てき...

まれ 第109回

『潮時じゃがいもガレット』 内容 圭太(山崎賢人)を支えるため、直美(藤吉久美子)による 塗師屋の女将としての修行が始まった希(土屋太鳳) 敬称略 突如、弥太郎により“どこか”から、呼び戻された直美の存在も 相変わらず、気になって仕方が無いが。 今作的...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR