探偵の探偵 (第4話・7/30) 感想

探偵の探偵

フジテレビ系『探偵の探偵』公式
第4話『第一章完結!炎の中の死闘』の感想。
なお、原作小説:松岡圭祐氏の『探偵の探偵』は未読。


阿比留(ユースケ・サンタマリア)の陰謀を激闘の末に阻止した玲奈(北川景子)。一方、洋子(高岡早紀)の関与や阿比留への捜査協力要請という事実を隠蔽(いんぺい)した警察は、玲奈の違法行為も見逃し、窪塚(三浦貴大)は納得がいかない。入院中の琴葉(川口春奈)の見舞いに行った玲奈は、琴葉が姉・彩音(中村ゆり)らと談笑する姿を目にし立ち去る。それから1年後。入山という男から、行方不明の妹の所在調査依頼が来る。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

第1章を2話に収めれば良かったのに…

北川景子さんががんばって紗崎玲奈って主人公のオーラを出そうとしてるのは活かされている。と言うか、それと暴力シーンの印象しか残らないのが本作。こうなった理由は、やはり第1話から延々と続くこの引き延ばし状態だと思う。

『第一章完結』と銘打った第4話の中盤以降は時間経過でどんどん進めちゃう。結局、2話分くらいの内容だったと思う。いや、第1章を2話に収めていたら、もっとスリリングで謎解きにも興味が湧いたと思う。

あと、これだけやれば…

あとは、もっと玲奈の表面以外の内面をしっかり描いて、警察ももう少し強くして、暴力シーンをアクションシーンに見えるようにして、事件現場なんかの画作りを安っぽくせず、全体のメリハリとテンポアップ。これだけやれば、話はそれなりに面白いから、ドラマ全体の品質も高くなると思う。今後に期待。

あとがき

とにかくこれまでが引っ張り過ぎ。今後もこのテンポじゃ寝ちゃうか離脱ですよ。きっとつくり手は気づいているでしょうから、第2章からに期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
探偵の探偵
探偵の探偵2 (講談社文庫)
探偵の探偵III (講談社文庫)
探偵の探偵4 (講談社文庫)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7346/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/423311733.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

探偵の探偵 #04

『第一章完結!炎の中の死闘』

悪には悪の報いを(北川景子)ただいま休養中(川口春奈)誰にも裏の顔がある(中村ゆり)

制度は人によって人を何かから守るために作られる。 その何かが人である場合がある。 組織もまた人によって人を何かから守るために作られる。 もちろん、その何かが人である場合もある。 戦後70年、国民を守ってきたのは制度であり、組織である。 その何が欠けると人は人を守れなくなるのだろうか。 人は嘘をつく。

探偵の探偵 第4話

阿比留(ユースケ・サンタマリア)は、坂東(相島一之)たち捜査員と一緒に女児誘拐犯が潜伏していると言う工場に入ります。 一行の中には、捜査から外された窪塚(三浦貴大)も紛れ込んでいました。 阿比留の指示の下、犯人がいると思われる場所へ向かおうとした時、工場の中から靴音と金属が擦れる音が聞こえて来ます。 そこには、全身傷だらけの玲奈(北川景子)が鉄パイプを手に立っていました。 ...

「探偵の探偵」 第4話 第一章完結!炎の中の死闘

 さて、梨央ちゃんの事件の犯人のアジトを見つけたという阿比留(ユースケ・サンタマリア)の報告を受け、現場に向かった捜査一課のみなさん・・・ 阿比留の指示でその工場へ入 ...

探偵の探偵 第4話

「第一章完結!炎の中の死闘」 内容 阿比留(ユースケ・サンタマリア)の指示で、誘拐犯が潜伏するという工場へ、 阿比留を筆頭に坂東(相島一之)ら捜査員が、乗り込んでいく。。。 捜査員の中には、捜査を外された窪塚(三浦貴大)もいた。 が、シャッターが開けられ...

「探偵の探偵」第4話 感想

 誘拐事件が解決し一か月がたちました。  ひとりでいる玲奈(北川景子)の所へ桐嶋(DEAN FUJIOKA)がやって来て、顔の傷も癒えたから琴葉(川口春奈)の見舞いに行くよう促します。  病院を訪れる玲奈。  しかし両親や姉夫婦に囲まれて、穏やかに笑っている琴葉の姿を見て部屋には入らず、帰ります。    須磨(井浦新)からの電話に出ると仕事の依頼でした。  一人じゃないと玲奈は歩...

「探偵の探偵」4 ☆☆

阿比留ったら口ほどにもない……!!結局紗崎の活躍で逮捕された阿比留、誘拐を企てたと全国報道されちゃいました。警察はどうにでもなる、発言はハッタリだったのか。そもそも、 ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR