ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

まれ (第106回・7/30) 感想

朝ドラ まれ

NHK総合・連続テレビ小説『まれ』公式
第18週『親心ロールケーキ』『第106回』の感想。

なお、当記事は、受信料を支払ってるだけでモノ言わぬのもしゃくなので、本作への僅かな期待と愚痴と重箱の隅突きなっております。楽しくご覧になっている方や愚痴や重隅突きはウザいと思う方は、読まない方が良いです。また、ネタバレサイトで先のあらすじを読んだ方、こちらに書き込むのは止めて下さい。


弥太郎(中村敦夫)の引退宣言と直美(藤吉久美子)の登場により、いつの間にか希(土屋太鳳)が塗師屋の女将になることで話が進んでしまっている。そんな希に圭太(山崎賢人)は、周囲の意見は気にせずに、落ち着いたらパティシエに戻ればいいと声をかける。一方、弥太郎の引退宣言により塗師屋を背負っていくことになる圭太について、漆器組合のメンバーから弥太郎のもとに、ある意見が持ち込まれる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

ダメだこりゃ。希も脚本家も中途半端が好きだから…

あれっ?昨日までの話だと、希(土屋太鳳)は限定期間は設けずに塗師屋と圭太(山崎賢人)を手伝い、いつかはパティシェの修行を再開したいと思ってるって感じに描かれたように思う。

しかし、今朝の冒頭のナレーションでは、「パティシェを一旦休み」と、まるで今は緊急事態故の可及的速やかな一時的対応、まあ要は臨時の妻役をやってますってことで、間違いなく近い内にパティシェの修行が再開するような印象だ。

どうせ何をやっても長続きしない主人公を3か月間も描いて来たのだから、いっその事、一度キッパリとパティシェを辞めて能登に移り住み、「夢を諦めきれない」と上手いこと言って再開した方が、連ドラとしての一貫性を感じられる。希も脚本家も中途半端が好きだからしょうがないか。

ついに、パティシェとは無関係の話になった

昨日、唐突に登場した直美(藤吉久美子)の存在だが、今日の15分間を観て益々なぜ描いたのか意味不明過ぎる。ちょこっと朝ドラのお約束の嫁イビリを入れただけ。その上、予想通りに博之(板尾創路)が「後を継ぐ」とか言い出した。これで『第2期・能登編』は、完全にパティシェとは無関係の話になった。

その上、ヒロインが世界一のパティシェを目指す朝ドラを期待して観ている私には、完全に興味の無い話にもなってしまった。山崎賢人さんのアップの連続でファンは大喜びかもしれないが、ヒロインの存在感を無視してまで描くべき話だろうか。本当のネタ不足なのか、能登への恩返しなのか知らないが、支離滅裂にも程がある。

アップの切り返しでドラマが面白くなるはずがない

支離滅裂な脚本だから、演出家もやる気が起こらないのも解からなくはないが、もう少し映像的な工夫で作品を盛り上げようと言う気にはならないのか。何も大袈裟なことを望んでる訳では無い。希が人並みに客人に茶を出せるようになったからだか知らないが、客に茶を出すカットばかり。希と圭太のシーンはコント仕立て。

せめて、希と圭太の2人っきりのシーンは、妻が夫を支えているようなカットを創れないものか。そんなのが15分間に数カットあるだけで、希が能登に戻って来た意味が見えるのに。最後に登場したキミ子(根岸季衣)もアップばかり。アップの切り返しでドラマが面白くなるはずがないのに、まだやるか。ホント、視聴者を何だと思ってるんだ。

あとがき

日に日に登場人物が増えているのもあって、カット割りがどんどん雑になってますね。驚いた顔のアップばかりで、面白くなるはずないんです。でも、本作はずっとこのやり方。アップの連続で登場人物の内面まで描いたつもりになってる。2/3を過ぎた今さら言っても、時既に遅しですけど。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
NHK連続テレビ小説「まれ」オリジナルサウンドトラック
連続テレビ小説「まれ」オリジナルサウンドトラック2 音楽/澤野弘之
連続テレビ小説読本 Vol.1 (洋泉社MOOK)
連続テレビ小説読本 Vol.2 (洋泉社MOOK)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7341/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/423258471.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1週『魔女姫バースデーケーキ』
1 2 3 4 5 6
第2週『告白シュークリーム』
7 8 9 10 11 12
第3週『卒業ロールケーキ』
13 14 15 16 17 18
第4週『さよなら桜もち』
19 20 21 22 23 24
第5週『情熱ミルフィーユ』
25 26 27 28 29 30
第6週『母娘キャロットケーキ』
31 32 33 34 35 36
第7週『横浜激辛プチガトー』
37 38 39 40 41 42
第8週『危機的クリスマスケーキ』
43 44 45 46 47 48
第9週『再出発エンゲージケーキ』
49 50 51 52 53 54
第10週『「逆転一発パンケーキ」』
55 56 57 58 59 60
第11週『泥沼恋愛チョコレート』
61 62 63 64 65 66
第12週『官能カスタードクリーム』
67 68 69 70 71> 72
第13週『運命カカオ64%』
73 74 75 76 77 78
第14週『絶体絶命メッセージプレート』
79 80 81 8283 84
第15週『下克上駄菓子ケーキ』
85 86 87 88 89 90
第16週『絶縁コンビニスイーツ』
91 92 93 94 95 96
第17週『究極選択パリブレスト』
97 98 99 100 101 102
第18週『親心ロールケーキ』
103 104 105

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

五代目>『まれ』第107話

アバンで 直美さんが 「私もお手伝いさせてもらいます」 と言い出した時 希が 「ん!?」 と反応したのが物凄く感じ悪かった …ひじゅにですが何か? 「こう見えても私は元々塗師屋の娘やさけ」by直美 突然出現した圭太母@博之妻@希姑@直美さん― 自分は女将でもないくせに …という視聴者の疑問に早速答えてくれる。 希との面識も ...

五代目>『まれ』第107話

アバンで直美さんが「私もお手伝いさせてもらいます」と言い出した時希が「ん!?」と反応したのが物凄く感じ悪かった…ひじゅにですが何か?「こう見えても私は元々塗師屋の娘...

連続テレビ小説「まれ」第106回★漆アレルギーが治った!?

連続テレビ小説「まれ」 第106回(7月30日) 弥太郎(中村敦夫)の引退宣言と直美(藤吉久美子)の登場により、いつの間にか希(土屋太鳳)が塗師屋の女将になることで話が進んでしまっている。そんな希に圭太(山崎賢人)は、周囲の意見は気にせずに、落ち着いたらパティシエに戻ればいいと声をかける。一方、弥太郎の引退宣言により塗師屋を背負っていくことになる圭太について、漆器組合のメンバーから弥...

【まれ】第106回(7/30木)感想「五代目紺谷弥太郎」

博之(板尾創路)さんが自分が「五代目 紺谷弥太郎」を継ぐと宣言しました♪ 「紺谷

まれ 第106回

内容 弥太郎(中村敦夫)の引退宣言。 圭太(山崎賢人)の母・直美(藤吉久美子)の登場で、 希(土屋太鳳)は。。。。。。 敬称略 それにしても、ここまで、支離滅裂なことをして。。。。。 アイデア不足にも程があるぞ。

NHK朝ドラ【まれ】 第105回・106回 感想

横浜から能登に戻った希(土屋太鳳)は、塗師屋での食事の支度や雑用などの手伝いに追われ、さっそく大忙し。同時に、遠距離結婚を続けてきた圭太(山崎賢人)との生活がスタートするが、初めての夫婦そろっての生活はどことなくぎこちない。翌日、修理の器を届けに桶作家を訪れた希は、2度目の自己破産で落ち込む徹(大泉洋)を目にする。心配をしながらも塗師屋に戻った希を、圭太の母・直美(藤吉久美子)が待っていて…...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: