恋仲 (第2話・7/27) 感想

恋仲

フジテレビ系『恋仲』公式
第2話『戻れない距離』の感想。


あかり(本田翼)や翔太(野村周平)と思わぬ形で再会し動揺する葵(福士蒼汰)の部屋に、上京した公平(太賀)が転がり込む。そんな中、保育園のウサギ小屋の設計を万里子(吉田羊)から任された葵は、初仕事に力を入れ、その夜の同窓会の参加を断る。ところが、公平は参加者があかりと翔太だけだったため、2人を葵の部屋に招く。帰宅した葵は、将来有望な医師だという翔太に対抗し、自分も大きな仕事を任されているとうそをつく。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

登場人物たちの喋る言葉がぜ~んぶ状況説明台詞ばかり

10分観ただけで、絶望感が漂い始めた第2話。その理由は、登場人物たちの喋る言葉がぜ~んぶ状況説明台詞ばかりなこと。冒頭の第1話の「あらすじ」だけでもお腹一杯なのに、その後も予告編直前までほぼ説明台詞の連発。

確かに内容はあるのだが、物語はほぼ停滞状態。この程度の状況説明の補足なら、前回に葵(福士蒼汰)のモノローグをちょっと増やせば十分に足りただろうに。第2話だよ、第2話。少しは実のある話を進めて欲しい。

設定など以上に、第1話の既視感が漂う第2話

前回、15分も延長して、葵とあかり(本田翼)の滑舌の良くない台詞で散々本作の初期設定の説明をしたのに、第2話で “もう一度説明し直し” みたいな構成って如何なものだろうか。前回の低視聴率を受けて新規視聴者のための “もう一度説明し直し” が間に合うはずは無いから、当初からの計画通りだろう。

だとしたら、困ったぞ。第2話なのに第1話の既視感があるってことだから。ストーリー、台詞、俳優、演出、映像、青春・夏・恋を表現するアイテムなどが、過去の『月9』の寄せ集め、既視感のだらけなのに、本作の既視感まで第2話で漂うとは。

違うドラマを観ているような錯覚

ただ、この今回に漂う第1話の既視感はちょっと不思議だ。出演者が同じだし、葵の会社のシーンなんて使い回しか?と思う位に、良い方に捉えれば連ドラに必要な連続性や一貫性は保たれている。しかし、例の “もう一度説明し直し” をやってるから、違うドラマを観ているような錯覚をしてしまう。

しかし今回も、葵とあかりの2人を中心に描き、群像劇に陥っていないのは評価したいし、少女漫画チックな物語から、少しだけだが “熱くて切ない恋バナ” にシフトしているように感じるのも悪くない。だからこそ、これ以上、台詞や映像表現で失敗して欲しくないのだ。

第1話のチェペルでひかりが新郎を待つシーンで…

でも本作は、既視感や7年間を遡ると言うトンデモない構成から打破する最良の視聴率回復策を出来なくしてしまったのだ。それは、第1話の冒頭のチャペルで新郎を待つひかりのシーンに、走る葵と翔太(野村周平)のカットをインサートしてしまったことだ。更に葵のナレーションで「これは、ボク葵ともう1人の蒼井、どちらかが彼女と結婚するまでの物語」とまで言ってしまった。

これによって、最終回までの構成を大胆に変更することが不可能になった。新郎を待つひかりだけにしておけば、何でも出来る。例えば、第4話で葵か翔太と結婚させて、3人のその後の三角関係だってアリ。番狂わせで公平(太賀)が結婚して全く違う展開にするのもアリ。そう、何でもアリだったのだ。

なぜ、こんな「今さら」なことを書くのかと言うと、本作全体に漂う「既視感」を打破するには、もっと大胆なオリジナルラブストーリーに再構築しないと厳しいと思うからだ。結婚やチャペルをエンディングにしない恋バナ。それこそ、これまでの恋バナドラマの歴史を創って来た『月9』がやることだと思う。

あとがき

全体に既視感が漂っていて、物語の先が読めちゃうのは、『月9』の恋バナとしてはかなり物足りません。「旬の俳優でオリジナル脚本で恋バナ」で視聴率が取れる時代で無いと思います。少なくとも全盛期の『月9』は、『月9』から旬の俳優を生み出し、新たな脚本家に斬新な脚本を許可し、そう言う時代の牽引者的役割さえありましたから…

「旬」とは、少なくとも期間が限定されています。企画立ち上げ時は「旬」でも放送開始時は「旬」が過ぎていることもあるはず。脚本も演出も「旬」があります。そして視聴者にとっては放送時間そのものが「旬」なんです。だから、出来る限りしなやかに補足や修正が出来るようにしておくこと。これが今の連ドラの現場に必要なことだと、今日の第2話を観て痛感しました。
がんばれ『月9』、がんばれ『恋仲」。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
君がくれた夏 (完全生産限定盤)/ 家入レオ
君がくれた夏 (初回限定盤)/ 家入レオ
君がくれた夏 (通常盤)/ 家入レオ


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7331/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/423133910.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

恋仲〜第2話★ワンピース51巻とメモ

恋仲〜第2話 あかり(本田翼)や翔太(野村周平)と思わぬ形で再会し動揺する葵(福士蒼汰)の部屋に、上京した公平(太賀)が転がり込む。そんな中、保育園のウサギ小屋の設計を万里子(吉田羊)から任された葵は、初仕事に力を入れ、その夜の同窓会の参加を断る。ところが、公平は参加者があかりと翔太だけだったため、2人を葵の部屋に招く。帰宅した葵は、将来有望な医師だという翔太に対抗し、自分も大きな仕事を任...

恋仲 #02

『戻れない距離』

ずっと好きでした(本田翼)僕は聞いてない(福士蒼汰)運命なんて信じない(野村周平)

十代の恋を二十代まで引きずる。 七年もあればいろいろあるからねえ・・・。 失われた時が哀しいよねえ。 いや・・・ない人には何もないこともあるぞ。 それはそれで・・・哀しいよねえ。 夏のレビュー・ラインナップ決定である。 (月)「恋仲」 (火)「デスノート」 (水)「リスクの神様」 (木)「探偵の探偵

恋仲 第2話

親友・将太(野村周平)の恋人として初恋の相手・あかり(本田翼)と再会した葵(福士蒼汰)は、その事実を受け止められずに、レストランから逃げ出してしまいます。 電話をかけて来た公平(太賀)に想いをぶつける葵ですが・・・ しかし、公平は葵の自宅前に座り込んで話していました。 彼は富山の実家の豆腐屋から夏休みをもらって、東京に遊びに来たと言いますが、葵の家に居候する気満々ですよね。...

恋仲 第2話

「戻れない距離」 内容 あかり(本田翼)が姿を消した。 そして7年後、葵(福士蒼汰)の前に現れた翔太(野村周平) その直後、待ち合わせの場所に、あかりが現れる。2人はつき合っていると。 サッパリ意味が分からない葵だったが、公平(太賀)に連絡を入れる。 突...

「恋仲」第2話 感想

 久しぶりに再会したあかりと葵。  あかりが翔太と交際している事に愕然とする葵でした。  公平が同窓会をしようと誘いますが、葵は行かないと断ります。  帰宅するとあかりと翔太が部屋にいました。  公平が誘って同窓会が始まっていました。

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR