ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

37.5℃の涙 (第3話・7/23) 感想

37.5℃の涙

TBS系木曜ドラマ劇場『37.5℃の涙』公式
第3話『叱れないクレーム母謝れない子供』の感想。
なお、原作漫画:椎名チカ氏の『37.5℃の涙』は未読。


桃子(蓮佛美沙子)に初の指名が入った。先日、偶然レストランで会った篠原(速水もこみち)からで、息子の健太(横山歩)に気に入られたのだ。すると、そこに別居中の妻・久美子(滝沢沙織)が現れ、桃子は篠原との仲を疑われてしまう。一方、柳(藤木直人)が先日トークショーで共演したママタレント・華絵(矢田亜希子)の娘・姫華(小菅汐梨)が熱を出す。桃子は柳から担当を命じられ、「問題を起こしたら後がない」と告げられる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

本筋以外の話が多過ぎて、面白い本筋が隠れてる

確かに「病児保育士」は描かれている。でも、本筋の桃子(蓮佛美沙子)が、訪問型病児保育「リトルスノー」で働きながら、様々な家族と出会い、仲間に支えられながら成長していくストーリー以外の登場人物たちの話が多過ぎる。だから、結果的に折角良い感じの本筋が浮き出てこない。

もっと本筋だけに絞り込んで、ブツ切れ感を無くせ

「様々な家族と出会い」を描くのは良いが、もっと桃子と柳(藤木直人)の関係に絞り込むべき。桃子の過去の話も篠原(速水もこみち)の家のことも挿入したいのはわかるが、完全に物語をブツ切れにしているだけ。今回だって、中盤の華絵(矢田亜希子)の娘・姫華(小菅汐梨)だけで十分なのに。

あとがき

脚本がもっと全体の構成に目を向けるべきです。描きたいことを適当に挿入しているようにしか思えません。演出(編集)も協力すべきです。編集でも出来ることはあるはず。とにかく、これでは本編以外は自分で編集して観ないようにするしかありません。次回で改善されていなければ離脱します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
37.5℃の涙(1) (フラワーコミックス)
37.5℃の涙(2) (フラワーコミックス)
37.5℃の涙(3) (フラワーコミックス)
37.5℃の涙 4 (フラワーコミックス)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7313/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/422903358.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

「37.5℃の涙」3 ☆☆☆

「勘違いするな」 が口癖の柳さん。生前の小雪さんにちなんで「リトルスノー」と社名をつけたときも、クレマーの桃ちゃんクビ要請を毅然と断ったときも、どっちもこの「勘違いする ...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR