●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

まれ (第98回・7/21) 感想

朝ドラ まれ

NHK総合・連続テレビ小説『まれ』公式
第17週『究極選択パリブレスト』『第98回』の感想。

なお、当記事は、受信料を支払ってるだけでモノ言わぬのもしゃくなので、本作への僅かな期待と愚痴と重箱の隅突きなっております。楽しくご覧になっている方や愚痴や重隅突きはウザいと思う方は、読まない方が良いです。


かつて、希(土屋太鳳)の企画する能登移住ツアーに参加し、圭太(山崎賢人)たちをだました安西(六角精児)が粉飾決算で逮捕された。ニュースを見た希と藍子(常盤貴子)は、ひどい男だったと言い合う一方、徹(大泉洋)の顔は青ざめ、携帯電話が鳴りやまなくなる。希たちに事情を問い詰められた徹は、実は徹の会社は安西の会社が保証人になっているのだ、と思わぬ告白をする。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

ここまでヒロインを描かない朝ドラは、放送事故と同じ

今日は、「ヒロインが世界一のパティシェになる物語」はお休みかと思ったら、8分30秒も過ぎてやっと放送開始。これ、放送事故のレベルではないだろうか。で、始まったら始まったで、フランスに行くの行かないのをまだやってる。行くなら行く、止めるなら止めるで良いではないか。

希(土屋太鳳)が迷うのも、悟(小日向文世)が急かすのも、世界一のパティシェになる物語のヒロインを描いていることにはならなことくらい、脚本家は理解できないのか。とにかく、希の物語を描け。脚本家の仕事は、それしかないのに…

内容が無いから、今日気になったこと2つ

今日から、「ヒロインが世界一のパティシェになる物語」から、「師匠が弟子の影響でより一流のシェフに変わる物語」と「父の借金物語」になりつつある本作に、もう書くことは無い。だから、今日気になったこと2つを書いてみる。

なぜ、本作には「命を大切に思う描写」が無いのか?

1つは、なぜこの脚本家は、体調の悪い人を大切にする場面を創らないのかってこと。今日、わざわざ藍子(常盤貴子)が倒れるシーンが挿入されていた。しかし、その後の藍子は何も無かったように振る舞っていた。これもおかしなことだが、ここで寝込んだ藍子を看病する希を描いたら、どれだけ希の株が上がったろうか。

以前に大悟が倒れた時も、希だけでなく家族も従業員も、大悟を大切にする描写は無かった。あったのは、ケーキ対決しようと皆で楽しそうに盛り上がっただけ。「人のために」とか「家族の問題」とか「精神的な支え」とか口では格好良いことを言っても、希の本音は「フランスに行きたいだけ」に見えちゃうのだ。

いつもは強がっていても、家族や知り合い、ましては社長であり師匠の身体、いや命と言って良い。命を大切に思う描写が本作には殆ど無い。洋一郎と一子も同じ。命を大切に思う描写が無いから、本作の登場人物に人間味が無いのだ。だから当然共感できない。好きにもなれない。だって命をどう思ってるか解からないのだから。

本作は、「3.11」を描くのか?いや、描けるのか?

2つ目は、その命を大切に思う描写繋がりの話だ。劇中の時間はコンビニスィーツ対決の2007年5月から半年後だから、2007年11月頃と推定できる。だとすると、東日本大震災まであと僅か3年4か月だ。脚本家お得意の “スーパー時間経過” を使えば、明日にでも3.11が襲ってきてもおかしくない状況なのはご承知の通り。

で、気になるのは、これまで命を大切に思う描写が無い本作が、東日本大震災を描くのかってこと。いや、正確に言えば東日本大震災を描けるのか、説得力ある描写が出来るのかってこと。

『あまちゃん』は見事に物語に取り込んで描いた。でもあれは、母子三代の絆やご近所の助け合いのドラマだったから成立した。もしかしたら本作では震災をスルーしてしまう可能性もあるし、私はその方が得策だと思うが、こちらの思いは弾き飛ばされるのが今作だから、取って付けたような「助け合い」を押し付けられるかもしれない。

あとがき

相談に乗ってくれた大輔への希の態度も不愉快だし、父親を3年も放っておいた寄生家族の津村家の父への態度もイラつくし、チラッと希の「神の味覚」を見せるのもあざとい。もう今朝の不快指数は最高レベルの85以上。

今日のラストで、圭太が倒れたとの一報が入った。恐らく、病気の弥太郎の分まで頑張って倒れたと言う流れだろう。だとすると、ほら、明日は「命を大切に思う描写が無い」本作にまた試練が押し寄せるってことです。書けないなら書かなきゃ良いのに…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
NHK連続テレビ小説「まれ」オリジナルサウンドトラック
連続テレビ小説「まれ」オリジナルサウンドトラック2 音楽/澤野弘之
連続テレビ小説読本 Vol.1 (洋泉社MOOK)
連続テレビ小説読本 Vol.2 (洋泉社MOOK)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7300/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/422729545.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1週『魔女姫バースデーケーキ』
1 2 3 4 5 6
第2週『告白シュークリーム』
7 8 9 10 11 12
第3週『卒業ロールケーキ』
13 14 15 16 17 18
第4週『さよなら桜もち』
19 20 21 22 23 24
第5週『情熱ミルフィーユ』
25 26 27 28 29 30
第6週『母娘キャロットケーキ』
31 32 33 34 35 36
第7週『横浜激辛プチガトー』
37 38 39 40 41 42
第8週『危機的クリスマスケーキ』
43 44 45 46 47 48
第9週『再出発エンゲージケーキ』
49 50 51 52 53 54
第10週『「逆転一発パンケーキ」』
55 56 57 58 59 60
第11週『泥沼恋愛チョコレート』
61 62 63 64 65 66
第12週『官能カスタードクリーム』
67 68 69 70 71> 72
第13週『運命カカオ64%』
73 74 75 76 77 78
第14週『絶体絶命メッセージプレート』
79 80 81 8283 84
第15週『下克上駄菓子ケーキ』
85 86 87 88 89 90
第16週『絶縁コンビニスイーツ』
91 92 93 94 95 96
第17週『究極選択パリブレスト』
97

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

連続テレビ小説「まれ」第98回★詐欺師とつきあっていた徹(大泉洋)

連続テレビ小説「まれ」 第98回(7月21日) かつて、希(土屋太鳳)の企画する能登移住ツアーに参加し、圭太(山崎賢人)たちをだました安西(六角精児)が粉飾決算で逮捕された。ニュースを見た希と藍子(常盤貴子)は、ひどい男だったと言い合う一方、徹(大泉洋)の顔は青ざめ、携帯電話が鳴りやまなくなる。希たちに事情を問い詰められた徹は、実は徹の会社は安西の会社が保証人になっているのだ、と思わ...

障害>『まれ』第98話

希が大輔はんの注文に応えて ケースからケーキを取り出すシーン ビニール手袋…じゃなくて ポリグローブを嵌めてた! 希、弥生と続けて トングでケーキを落しまくるという事態が続いたから 少しは考えたってこと? でも、片手にケーキを乗せたトレイを持ちながら ポリグローブをしたままで大輔はんの身体に触る希 …やっぱり衛生観念は変わってない? 細かいところが気に...

障害>『まれ』第98話

希が大輔はんの注文に応えてケースからケーキを取り出すシーンビニール手袋…じゃなくてポリグローブを嵌めてた!希、弥生と続けてトングでケーキを落しまくるという事態が続い...

まれ 第98回

内容 希(土屋太鳳)にパリ修行の話が出る中、 ニュースを見ていた徹(大泉洋)が顔色を変える。 敬称略 ↑一応書いていますが、これ前回の話ですから! っていうか、 パリへ行くなら行く。行かないなら行かない。 ほんと、なぜメイン部分を描こうとしないかなぁ...

NHK朝ドラ【まれ】 第97回・98回 感想

希(土屋太鳳)と徹(大泉洋)が暮らす横浜に、藍子(常盤貴子)が引っ越してくることになった。家族3人の生活に胸が高鳴り、ますます仕事に精を出す希。そんな希に大悟(小日向文世)は、フランスで修業をして美的センスを磨いてこい、と言い渡す。その夜希はフランス行きを藍子に相談するが、夫である圭太(山崎賢人)の意見はどうなのかと聞かれる。すっかり舞い上がっていた希は、能登にいる圭太に慌てて電話をするが…...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR