●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

まれ (第97回・7/20) 感想

朝ドラ まれ

NHK総合・連続テレビ小説『まれ』公式
第17週『究極選択パリブレスト』『第97回』の感想。

なお、当記事は、受信料を支払ってるだけでモノ言わぬのもしゃくなので、本作への僅かな期待と愚痴と重箱の隅突きなっております。楽しくご覧になっている方や愚痴や重隅突きはウザいと思う方は、読まない方が良いです。


希(土屋太鳳)と徹(大泉洋)が暮らす横浜に、藍子(常盤貴子)が引っ越してくることになった。家族3人の生活に胸が高鳴り、ますます仕事に精を出す希。そんな希に大悟(小日向文世)は、フランスで修業をして美的センスを磨いてこい、と言い渡す。その夜希はフランス行きを藍子に相談するが、夫である圭太(山崎賢人)の意見はどうなのかと聞かれる。すっかり舞い上がっていた希は、能登にいる圭太に慌てて電話をするが…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

祝日の月曜日は、大悟の衝撃の一言から始まった

大悟「お前は、“舌” は出来てる。
        味覚が確かだと言うのはパティシェには大きな強みだ。
        ただ、致命的な欠陥がある。センスが貧乏くさい」

半年前に駄菓子ケーキとカップケーキを作っただけのヒロイン・希(土屋太鳳)だが、味覚は良くてセンスが悪いってことらしい。で、大悟(小日向文世)は、「フランスで修業をして美的センスを磨いてこい」ってことらしいが…

「味覚」も「センス」も、天性の才能じゃないの?

私にはその前にどうしても解せないことがある。それは、大悟が認めた希の類い稀なる?「味覚」も「センス」も、持って生まれた才能の部分ではないのかってこと。だって、これまで希は味覚もセンスも磨くようなことをしたとは描かれていない。なのに、大悟は「センス」を修行で磨いて来いと言った。

おいおい大悟よ、修行で磨くのはパティシェとしての技能やスキルでは無いのか。それとも今の希は、既に技術的には万全で、残すはセンスを磨くことだけと言うことなのか。ここが私が考える「修行」と脚本家が考える「修行」の違いだ。

天性の才能だけで、ある程度のところまでは行ける、到達できる人もいるのは確かだ。しかし、そんな天才肌と呼ばれる人こそ、人並み以上の努力で修行を重ねトップに君臨し続けているのではないだろうか。でも、本作は才能+アルファで何とかなっちゃうって話になってる。これで篠崎先生は何を描くと言うのだ。

良い結果だけを並べ、夢への一歩一歩を描くのは止めろ

まあ、祭日の月曜日だから適当に仕上がってくるのは予想していたが、予想を超える話の矛盾と共感できない解釈に呆れてくる。基本的に、本作には努力をする登場人物が極端に少ない。努力しているとしたら一子と徹がギリギリ。あとは知り合いの個人情報で騒いでるだけ。だから、結果しか描けないのは解かる。

でも私が観たいのは、ヒロインが成功する(した)結果では無い。努力や挫折を幾度も繰り返して、たった1つで良いから成功するのを観たいだけなのだ。なのに、本作は「出来ました」「やりました」「なりました」と良い結果だけを並べてヒロインの夢への一歩一歩を描く。これで希を応援できるはずがないことも解からないのか。

あとがき

今朝は、大悟の「お前は、“舌” は出来てる」で終わりました。希は味覚なんてちっとも磨いて来たことはありません。だったら、ロールケーキ甲子園でもっと希の才能に気づいても良いはず。まあ、本作で矛盾を追求したら何もなくなっちゃいますから、今週も静観するだけです…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
NHK連続テレビ小説「まれ」オリジナルサウンドトラック
連続テレビ小説「まれ」オリジナルサウンドトラック2 音楽/澤野弘之
連続テレビ小説読本 Vol.1 (洋泉社MOOK)
連続テレビ小説読本 Vol.2 (洋泉社MOOK)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7297/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/422677237.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1週『魔女姫バースデーケーキ』
1 2 3 4 5 6
第2週『告白シュークリーム』
7 8 9 10 11 12
第3週『卒業ロールケーキ』
13 14 15 16 17 18
第4週『さよなら桜もち』
19 20 21 22 23 24
第5週『情熱ミルフィーユ』
25 26 27 28 29 30
第6週『母娘キャロットケーキ』
31 32 33 34 35 36
第7週『横浜激辛プチガトー』
37 38 39 40 41 42
第8週『危機的クリスマスケーキ』
43 44 45 46 47 48
第9週『再出発エンゲージケーキ』
49 50 51 52 53 54
第10週『「逆転一発パンケーキ」』
55 56 57 58 59 60
第11週『泥沼恋愛チョコレート』
61 62 63 64 65 66
第12週『官能カスタードクリーム』
67 68 69 70 71> 72
第13週『運命カカオ64%』
73 74 75 76 77 78
第14週『絶体絶命メッセージプレート』
79 80 81 8283 84
第15週『下克上駄菓子ケーキ』
85 86 87 88 89 90
第16週『絶縁コンビニスイーツ』
91 92 93 94 95 96
第17週『究極選択パリブレスト』

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フランス>『まれ』第97話

プロの世界ではダメダメだったかと思うと いつしか味覚が優れているということになって あっという間にスーシェフ 高級菓子としては40点と言われたかと思うと 駄菓子ケーキは絶賛 駄菓子は良くても高級菓子はやっぱダメかと思うと 「安くて簡単で美味い」一子より結果的に成功 希にだけフランス修行の話が来たのは ヒロイン特権でも祖母のコネでもなく 「センスが悪い」から ...

フランス>『まれ』第97話

プロの世界ではダメダメだったかと思うといつしか味覚が優れているということになってあっという間にスーシェフ高級菓子としては40点と言われたかと思うと駄菓子ケーキは絶賛駄菓子...

まれ 第97回

『究極選択パリブレスト』 内容 一子との対決から半年。一子が能登に戻るという話を聞き、 希(土屋太鳳)は、大喜びする。 両親との横浜暮らしの準備を進める中、突然、大悟(小日向文世)から パリへ修行に行けと命じられるのだった。 敬称略 舌はok。。。でも...

連続テレビ小説「まれ」第97回★電話に出ない夫・圭太(山崎賢人)

連続テレビ小説「まれ」 第97回(7月20日) 希(土屋太鳳)と徹(大泉洋)が暮らす横浜に、藍子(常盤貴子)が引っ越してくることになった。家族3人の生活に胸が高鳴り、ますます仕事に精を出す希。そんな希に大悟(小日向文世)は、フランスで修業をして美的センスを磨いてこい、と言い渡す。その夜希はフランス行きを藍子に相談するが、夫である圭太(山崎賢人)の意見はどうなのかと聞かれる。すっかり舞...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR