花咲舞が黙ってない [第2シリーズ] (第2話・7/15) 感想

花咲舞が黙ってない [第2シリーズ]

日テレ系『花咲舞が黙ってない [第2シリーズ]』公式
第2話『恋の予感!!融資回収の裏に隠された支店長の悪事』の感想。


舞(杏)と相馬(上川隆也)は五反田支店で、かつて相馬の部下だった融資課の松木(成宮寛貴)に遭遇。松木は地元スーパーから1億円を回収するよう、支店長の中北(金田明夫)に命じられたが、納得できないと相馬に相談する。資料を見た相馬も、近くに大型チェーンが出店した半年前に、売り上げが一時期落ちてはいるものの、融資を引き上げる対象ではないと分析する。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

時代劇風の役者は揃ったのに…

今回のテーマは「貸しはがし」。本作らしい臨店が大活躍できそうなテーマだ。冒頭から悪代官役の支店長の中北(金田明夫)、いじめられ役の平民役にあづみ屋ストア社長の安積尚人(おかやまはじめ)、真面目な青年剣士役に相馬の部下だった融資課の松木(成宮寛貴)と時代劇王道のラインナップ。解かり易くて悪くない。

松木のお陰で、舞と相馬の関係性が明確になった

話自体はじわじわのろのろと引っ張り気味に進んで行くが、上記の3人の役割がとても明瞭に描かれているから、それほど間延びしている印象は無い。

更に、舞(杏)と相馬(上川隆也)まで部下と上司の関係性が明確になった。第1シリーズでは相馬の上司っぷりが中途半端だったから、その点がやっと第2シリーズの第2話で是正されたのは良かった。意外と松木の存在が面白味を生み出したかも…

行き過ぎた正義。盗人猛々しいとはこのことだ

中盤までは何とかいい感じで進んでいたが、肝心の舞と相馬の活躍のくだりでボロが出た。相馬は後出しの台詞で「上の許可はとってあります」と視聴者を説得させたつもりだろうが、勧善懲悪のストーリーが見所なのに、不正行為で不正を暴くとは本末転倒。

時代劇なら仲間の忍びの者が侵入して証拠を奪うのはお約束だが、本作の主人公が自ら盗人まがいなことをやって悪を退治するのは、完全にやり過ぎ。支店長を正義感で追い詰めるのも少々パターン気味。正義が行き過ぎた勧善懲悪モノに魅力は薄いと思うが…

あとがき

舞の啖呵を切るシーンを創出するがために、ついに臨店が犯罪まがいなことまでやったらダメでしょ。本作が勧善懲悪で楽しませたいなら、行き過ぎた正義を描いても、視聴者はちっともスッキリしない。次回で見極めかな?

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
花咲舞が黙ってない (上): KISS (講談社コミックスキス)
花咲舞が黙ってない オリジナル・サウンドトラック
花咲舞が黙ってない Blu-ray BOX
花咲舞が黙ってない DVD-BOX


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7275/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/422446084.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

花咲舞が黙ってない 第2シリーズ「恋の予感!!融資回収の裏に隠された支店長の悪事」

なんて、分かりやすい!今回は、真藤(生瀬勝久)派閥の中北(金田明夫)支店長が悪代官で、架空口座作って、賄賂してました。それで、小さいながら、良心的に頑張ってるスーパーを、大手チェーン展開する大スーパーの「汚い手を使ってでも」攻撃から守ったオハナシ… 完全に、勧善懲悪ですね。松木(成宮寛貴)が、元・相馬(上川隆也)の部下で、「けしからん!」と舞(杏)が燃えて、調べた結果。事情が判明。架空口座と...

花咲舞が黙ってない2 第2話

舞(杏)と相馬(上川隆也)は、真藤(生瀬勝久)派閥の中北支店長(金田明夫)の店舗を臨店します。 指導を終えて、支店を後にしようとした2人は、かつて相馬の部下だった融資課の松木(成宮寛貴)と出会います。 松木は、担当しているスーパーへの融資1億円を急に回収しろと中北から指示されて、悩んでいました。 松木が担当しているスーパーの業績は黒字で返済も遅延がなく、融資を撤回する理由が...

花咲舞が黙ってない #02

『恋の予感!!融資回収の裏に隠された支店長の悪事』

花咲舞が黙ってない(2) 第2話

「恋の予感!!融資回収の裏に隠された支店長の悪事」 内容 芝崎次長(塚地武雅)から、 五反田支店への臨店を命じられた舞(杏)相馬(上川隆也) 支店長は、真藤(生瀬勝久)の派閥の中北(金田明夫)だった。 とりあえず、何事も無く、臨店は終了。支店をあとにしよ...

「花咲舞が黙ってない」またまた黙っている訳に行きません2人と向き合う事が銀行マンの姿です!花咲舞は金に着服した支店長に融資回収撤回をさせ支店長は懲戒解雇となった

「花咲舞が黙ってない」Season2第2話は花咲舞と相馬は五反田支店に事務処理ミスを始動していたところにかつて相馬の部下だった融資課の松木に出会う。松木はある悩みを抱えており、 ...

花咲舞が黙ってない (2)

花咲舞が黙ってない 第2シリーズ 水曜 22:00 日本テレビ 2015年7月8日~ [キャスト] 杏 上川隆也 塚地武雅 成宮寛貴 榎木孝明 石橋凌 甲本雅裕 大杉漣 生瀬勝久 ほか [スタッフ] 原作:池井戸 潤「不祥事」(実業之日本社・講談社文庫) 脚本:松田裕子、梅田みか、横田理恵 演出:南雲聖一、佐久...

刑事7人第1話 & 花咲舞が黙ってない2期第2話 & リスクの神様第2話(7.15)

・刑事7人第1話 刑事の墓場の異名を持つ警視庁捜査一課12係に集まった 7人の刑事が難事件を解決していく刑事ドラマ 初回は、元政治家の息子が殺害される事件が発生したのと 時を同じくして放火事件と失踪事件が発生、 三つの事件の繋がりと共に、被害者の旧悪も明らかになったと。 窓際部署の活躍を描く『相棒』、チームの活躍を描く『警視庁捜査一課9係』、 お涙頂戴の『遺留捜査』、それらを混ぜた感じの作風...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR