●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

刑事7人 (第1話 30分拡大版・7/15) 感想

刑事7人

テレ朝系『刑事7人』公式
第1話・30分拡大版『最後の時効…刑事ドラマの新しい挑戦が今始まる!!』の感想。


警視庁遺失物センターに勤務する天樹(東山紀之)は、‘刑事の墓場’と呼ばれる捜査一課12係に異動することに。着任早々、天樹は係長の片桐(吉田鋼太郎)らとクルーザー爆破事件の捜査に乗り出す。だが、刑事部長の横やりが入り、12係は捜査から外されてしまう。代わりに押し付けられた連続放火事件と事務員失踪事件を捜査中、現役大臣の孫の誘拐事件が発生する。程なく、天樹は全ての事件がつながっていると気付く。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

良かったのは、ツカミだけ?

脚本は、第1話は『遺留捜査』の大石哲也氏。正直、初回拡大でそれも30分もってことでその時点でだいぶこちらのテンションは下がった状態で視聴開始。冒頭の中嶋彩香の転落死事件の入り方はなかなかスリリング。

で、警察官姿の東山紀之さんが登場したらなんと『○○妻』のニュースキャスター・久保田正純のままの語り口。あーあ、結局こんな感じになっちゃうんだと思ったが、サクサクと謎解きする様と彩香の夫・健介(木下隆行)の名演技で、何とか溜飲は下がったが…

初期設定の説明が無さ過ぎだし、キャラも中途半端

第1話で初期設定の説明ばかりなのもうんざりするが、本作は逆に情報提供が殆ど無いまま進んじゃう。どうやら『相棒』の「特命係」風な “刑事の墓場” らしい。それにどうやら時間に拘った表現(台詞やカット)が多いが、こちらには全然緊張感は伝わらない。

また、登場人物たちも良く解からない。特徴があるようで天樹(東山紀之)含めて全員が中途半端。個々の設定説明も無いからこちらは探り探り観ているから、ちっとも話に入り込めない。更に、話に入り込もうとすると連続事件が次々と発生する割りに対して興味を惹かない中途半端な事件ばかりで、話を負うのが面倒になる。

「刑事の墓場」の割にみんな真面目な刑事ってだけ

そして詳細は省略するが、犯人夫婦の言動にも納得できないし…って事件はどうでも良いレベル(では困るのだが)。最後の最後に「刑事の墓場」と台詞で言うが、単独行動で突っ走る刑事もいないし、上司に歯向かう刑事もいないし、過剰暴力の刑事もいない。みんなルールを守って自分の仕事をきっちりしつつチームで事件を解決してるから全然「刑事の墓場」に見えない。

視聴者への秘密事項が多過ぎて、興味が湧かない

そして何より視聴者への秘密が多過ぎる。後出しするのか知らないが、ここまで表面的に全員普通の刑事が集まっても何の魅力も無い。特に主人公の天樹が全然輝いていなかった。せめて、決め台詞でも与えて存在感を魅せれば良かったと思う。こんな個性埋没のキャラばかりでリレー脚本はイケるのだろうか、本当に心配だ。

あとがき

30分延長して大失敗した典型例じゃないですか。10時から2つのドラマが第2話で始まるところへ、9時から90分枠で割り込んでくるってことは、ドラマ好きにとってはいろいろ面倒なわけですよ。だからこそ、1時間枠でスッキリ魅せたら好印象だったのに、自ら手に堕ちたって感じ。
脇役の俳優さんたちは良い感じなので、そこにすべての可能性を賭けて、次回で離脱するかどうか決めます。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7274/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/422443172.html でも、TB受付けております。

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

刑事7人「最後の時効…刑事ドラマの新しい挑戦が今始まる!!」

ただでさえ、伝統のテレ朝“水9枠”、それに別名「刑事の墓場」だなんて… それだけで、相棒みたいな人気番組を育てたいなぁ…の意欲が伝わってくる、そんな派手な爆破シーンの多い初回でした (^^;)キャスティングも、東山紀之を中心に、片岡愛之助、吉田鋼太郎、北大路欣也等、個性的で渋いところが配され、倉科カナが華を添えてました。みんな特技というか、得意分野がありそうですね。主人公、天樹悠(東山紀之)...

刑事7人 CASE1

「最後の時効…刑事ドラマの新しい挑戦が今始まる!!」 内容 警視庁遺失物センターの天樹悠(東山紀之)のもとに 世田谷東署の橋本らがやってくる。 先週、中嶋彩香がATMに忘れたハンドバッグの連絡を天樹が入れたからだった。 が。。。その彩香がマンション屋上から...

刑事7人

刑事7人 水曜 21:00 テレビ朝日 2015年7月15日~ [キャスト] 東山紀之 髙嶋政宏 片岡愛之助 鈴木浩介 倉科カナ 吉田鋼太郎 北大路欣也 ほか [スタッフ] 脚本:大石哲也 ほか 監督:猪崎宣昭、新村良二、長谷川康 主題歌: 制作:テレビ朝日 東映 [概要] 風変...

刑事7人第1話 & 花咲舞が黙ってない2期第2話 & リスクの神様第2話(7.15)

・刑事7人第1話 刑事の墓場の異名を持つ警視庁捜査一課12係に集まった 7人の刑事が難事件を解決していく刑事ドラマ 初回は、元政治家の息子が殺害される事件が発生したのと 時を同じくして放火事件と失踪事件が発生、 三つの事件の繋がりと共に、被害者の旧悪も明らかになったと。 窓際部署の活躍を描く『相棒』、チームの活躍を描く『警視庁捜査一課9係』、 お涙頂戴の『遺留捜査』、それらを混ぜた感じの作風...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR