リスクの神様 (第1話 初回15分拡大・7/8) 感想

リスクの神様

フジテレビ系『リスクの神様』公式
第1話・初回15分拡大『危機こそチャンス…現れた謎の救世主!』の感想。


米国の大企業や政府関連の危機管理に携わって数々のトラブルを解決し、業界内で‘the God of risk(リスクの神様)’と呼ばれる危機管理専門家・西行寺(堤真一)が、日本最大商社「サンライズ物産」の危機対策室長に就任する。一方、同社電機部門担当のかおり(戸田恵梨香)は、次世代型バッテリーを電機メーカーと共同開発し、立ち上げた新会社では若くして商品開発担当役員に抜てきされた。ところが、そのバッテリーを搭載した家電製品に欠陥が見つかり、リコール問題に巻き込まれたかおりは…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

初回だから説明や台詞が多いのと、演出が少し古臭い

“the God of risk”(リスクの神様)と噂された伝説の危機管理専門家・西行寺(堤真一)と、役員から危機管理部門に煮え湯を飲まされ配属されたかおり(戸田恵梨香)の活躍を描くようだ。

初回と言うことで初期設定の説明が多かったのと、これは内容が内容だけに止むを得ない部分だが説明的な台詞が多いのが少々難ありって感じだ。それに、所々の演出上の表現が古臭いのもちょっと気になった。

テーマの新鮮さ、個性的なキャラ、論理的な構成がいい

しかし、その他はなかなか良かった。まず、危機管理と言うテーマの新鮮さ。そして、各登場人物たちの設定も自然だし、全体の構成もかなり理論的に作られていて、1話で扱う事件を1つに絞り込んだり、メインで動くキャラを西行寺とかおる、それに生島社長(風間トオル)に集中させたのも悪くなかった。

説明が終わった第2話に期待したい

脚本は、『死神くん』を手掛けた橋本裕志氏。きっと今後はもう少し登場人物たちの心情を深く掘り下げて書いてくれることを期待したい。そして、堤真一さんの存在感が半端ない。正義の味方も悪役もコメディも難なく熟す堤さんのこれからの活躍も見逃せない。説明の終わった第2話に期待したい。

あとがき

全体のトーンはちょっと古臭い感じもしないではありませんが、危機管理と言うテーマの新鮮さとベタな企業ドラマが上手く融合したら、かなり面白くなる可能性はあると思います。原作が無いのですから、思い切り連ドラの楽しさを魅せて欲しいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
リスクの神様 上 (小学館文庫 も 3-18)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7245/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/422041570.html でも、TB受付けております。

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リスクの神様「危機こそチャンス…現れた謎の救世主!」

目の付け所もヨイですね。思えば、昨今、炎上と謝罪は、日夜茶飯事なので…それに、キャスティングが、思いっきりの御馳走感。俳優さん達を眺めてるだけでも、嬉しくなる揃いっぷりです。いっとき土下座モノが続いたけれど、今回は、ガツガツと頑張ってきたプライド高き、開発責任者の、東大卒・帰国子女で電機部主任の神狩かおり(戸田恵梨香)が、アメリカの企業や政府関連の危機管理に携わり、数々のトラブルを解決してき...

「リスクの神様」1 ☆☆☆

「スタップ細胞は、ありまぁす!」の小保方記者会見をもっと研究するべきじゃなかったのかな。今回妙に大人の女で押してきた戸田恵梨香が、ひっつめ髪のすっぴんで涙する姿はかな ...

リスクの神様 第1話★堤真一、吉田鋼太郎、古田新太、田中泯、戸田恵梨香

リスクの神様 第1話 米国の大企業や政府関連の危機管理に携わって数々のトラブルを解決し、業界内で‘the God of risk(リスクの神様)’と呼ばれる危機管理専門家・西行寺(堤真一)が、日本最大商社「サンライズ物産」の危機対策室長に就任する。一方、同社電機部門担当のかおり(戸田恵梨香)は、次世代型バッテリーを電機メーカーと共同開発し、立ち上げた新会社では若くして商品開発担当役員に抜て...

【リスクの神様】第1話 感想

おそらく 降格人事は免れない。 プライドの高い君としてはしばらくつらい時間が続くだろう。 けど、どうしようもないんだよ。 危機に直面した以上、無傷ではいられない。 地位、仕事、家族、恋人、名誉、プライド…。全てを守ろうとしたら何も守れない。 君が絶対に守りたいものは何なのか。 今こそ考えるべきだ。 そうすれば 本当の自分と向き合うことができる。 それを乗り越えたら新し...

リスクの神様 #01

『危機こそチャンス…現れた謎の救世主!』

リスクの神様 第1話

西行寺智(堤真一)は、アメリカの企業や政府関連などの危機管理に携わり、数々のトラブルを解決して来た伝説的な危機管理専門家です。 日本最大の商社・サンライズ物産社長・坂手光輝(吉田鋼太郎)にその手腕を見込まれて、同社の危機対策室長に迎えられて帰国したようです。 その頃、サンライズ物産では、電機メーカー・生島電機と共に、新素材を使った次世代型バッテリー「LIFE」を共同開発して世界中...

リスクの神様 第1話

「危機こそチャンス…現れた謎の救世主!」 内容 次世代バッテリー“LIFE”を共同開発したサンライズ物産と生島電機。 両者は、共同でライフパワー社を設立し、 生島電機専務の生島徹(風間トオル)が社長に就任。 サンライズ物産電機部主任の神狩かおり(戸田恵梨香...

リスクの神様

リスクの神様 水曜 22:00 フジテレビ 2015年7月8日~ [キャスト] 堤真一 戸田恵梨香 森田剛 古田新太 志賀廣太郎 山口紗弥加 満島真之介 平幹二朗 田中泯 吉田鋼太郎 小日向文世 ほか [スタッフ] 脚本:橋本裕志 演出:石川淳一、城宝秀則 制作:フジテレビ、共同テレビ 制作著作:共...

リスクの神様第1話(7.8)

大手物産会社を舞台に危機管理の専門家の活躍を描く話 『華麗なる一族』や『官僚たちの夏』の橋本裕志脚本 商社が舞台ということで、いろいろな業界の話が作れそうですな。 初回は、サンライズ物産が提携している電機会社で 新商品の掃除機に発火する欠陥があることが発覚、 危機対策室長となった西行寺智@堤真一の暗躍により、 合弁会社の役員でもある神狩かおり@戸田恵梨香が全責任を取り 謝罪会見することで、損...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR