●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

まれ (第78回・6/27) 感想

朝ドラ まれ

NHK総合・連続テレビ小説『まれ』公式
第13週『運命カカオ64%』『第78回』の感想。

なお、当記事は、受信料を支払ってるだけでモノ言わぬのもしゃくなので、本作への僅かな期待と愚痴と重箱の隅突きなっております。楽しくご覧になっている方や愚痴や重隅突きはウザいと思う方は、読まない方が良いです。


輪島塗とケーキのコラボレーションイベント当日。直前になって希(土屋太鳳)の作ったケーキが、浅井(鈴木拓)の不注意で壊れてしまう。作り直そうにも材料のカカオは使いきっていた。別のカカオを組み合わせて同じ味を見つけようとする希と陶子(柊子)たち。圭太(山崎賢人)も駆けつけ、皆で必死になって作る。ついにケーキは完成。漆塗りとケーキのコラボレーションイベントは成功し、笑顔の圭太だが、希の心は晴れず…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

朝から、後輩を「バカ」呼ばわりする陶子にげんなり

朝から後輩を「バカ」呼ばわりした陶子(柊子)を見て、早速げんなりして始まった土曜日。厨房は罵倒し合う割に、例の希(土屋太鳳)の「神の味覚」頼みの展開であっと言う間に代用ケーキ完成。地道にコツコツは全く無しで、「才能」だけで完成しちゃうなら、オープニング映像の前に完成品をだえば良いのに。

結局、騒動があったことしか記憶に残らない

そもそもおかしいのは、この展示会。別に他の業者と合同開催でもないのだから、開場時間にそこまで拘る必要もないし、むしろ開場してから「今出来上がったばかりです」と現場に持ち込んで、カリスマの大悟(小日向文世)に仕上げをさせた方がドラマチックなのに。

なんか、この脚本家、本当に思い付きでしか書いてないと思う。筆の勢いだけ。だから、騒動があったことしか記憶に残らない。

高校卒業の時と同じパターンか

今週、散々引っ張って来た展示会と「カカオ64%」も登場人物たちが騒いでいるだけで「神の味覚」をチラ見させて終わったと思ったら、またあの高校卒業の時のパターン。良く知らない登場人物の歌を聞かせ、強引にクライマックスだと押し付けるってやつ。10分過ぎの映像については触れる気にもならないからスルーしておく。

いつのまにか「神の味覚」と「才能」が開花して…

それにしても、今更だが解せないのは、どうして希がケーキ作りの一切を任され取り仕切っているのかってこと。確か、「覚悟」をして「修行」に入り「努力」と「練習」で腱鞘炎にまでなった設定があったように記憶している。

しかし、いつのまにか「神の味覚」と「才能」が開花して、先輩たちを越して “ほぼ一人前” 状態。出しゃばりっぷりを見れば、あと二、三日で店の看板新人パティシェでデビューしそうな不自然な勢いさえ感じる。

このままでは、どんどん希の魅力が無くなるのは間違いない。そうなれば、希の存在自体の説得力も無くなるから、結果的に物語全体が成立しなくなることを意味する。

脚本のダメな部分を、演出が更に足を引っ張る

その上、最大の問題は今週ずっと書いていることだが、脚本のダメな部分を演出が更に足を引っ張ってることだ。正直、土屋さんの演技は至って平凡。なのに希に魅力や共感を覚えないのか。それは脚本が書く様々な精神状態の希、例えば簡単に言えば「喜怒哀楽」の演技を、逆に感じさせるような雑な演出をする場面が多いこと。

今日で言うなら、厨房で陶子が計算をする時の希の驚き表情。驚く表情を映すから嫌味になる。「才能」があるんだから、希自身が計算して同僚を圧倒させちゃえばすんなりいく。「カカオ64%」を売り込む希のアップも突然手持ちで映すからうるさく感じる。

キスシーンも同じ。土曜日なんだから歌に涙する希で終われば良いものを、わざわざ見たくもないキスシーンを、背後のエキストラと歌が全く手拍子が合っていない状態で映すから嘘くさく見える。

とにかく、脚本の雑さと演出の雑さが上手く?噛み合ってしまってより雑さが映えると言うどうしようもない状況。せめて、ヒロインだけでも集中して、好感度がアップするように描けないものだろうか。

あとがき

横浜編の撮影は終わったようですので、今後の横浜編への期待は無意味になりました。そうなると残るは能登編。しかし、今週の能登の描き方を見る限り、希と圭太を中心に過疎の町が大賑わいになるだけのような気がしてなりません。

もう、物語が面白くなる期待が無いなら、せめてヒロインに共感できるような魅力をつけて欲しいです。それが無くては重隅突きや粗探しよりも、いいとこ探しが一番難しい朝ドラになっちゃいますから。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 まれ Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 まれ 上 [Kindle版]
NHK連続テレビ小説 まれ 上
NHK連続テレビ小説「まれ」オリジナルサウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7199/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/421374534.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1週『魔女姫バースデーケーキ』
1 2 3 4 5 6
第2週『告白シュークリーム』
7 8 9 10 11 12
第3週『卒業ロールケーキ』
13 14 15 16 17 18
第4週『さよなら桜もち』
19 20 21 22 23 24
第5週『情熱ミルフィーユ』
25 26 27 28 29 30
第6週『母娘キャロットケーキ』
31 32 33 34 35 36
第7週『横浜激辛プチガトー』
37 38 39 40 41 42
第8週『危機的クリスマスケーキ』
43 44 45 46 47 48
第9週『再出発エンゲージケーキ』
49 50 51 52 53 54
第10週『「逆転一発パンケーキ」』
55 56 57 58 59 60
第11週『泥沼恋愛チョコレート』
61 62 63 64 65 66
第12週『官能カスタードクリーム』
67 68 69 70 71> 72
第13週『運命カカオ64%』
73 74 75 76 77

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

連続テレビ小説「まれ」第78回★高志の唄でキス

連続テレビ小説「まれ」 第78回(6月27日) 輪島塗とケーキのコラボレーションイベント当日。直前になって希(土屋太鳳)の作ったケーキが、浅井(鈴木拓)の不注意で壊れてしまう。作り直そうにも材料のカカオは使いきっていた。別のカカオを組み合わせて同じ味を見つけようとする希と陶子(柊子)たち。圭太(山崎賢人)も駆けつけ、皆で必死になって作る。ついにケーキは完成。漆塗りとケーキのコラボレー...

顛末>『まれ』第78話

げげ~ ライブ会場でキス!? そりゃあリアルにそういう人もいるだろうけど ドラマでまで見せられてもなあ… 完全に2人の世界に入っちゃってるし BGMはドラマのテーマ曲に変わっちゃってるし 公務員から始まって 漆職人も肝心のパティシエも 昨日は60歳以上の人達をもバカにして つつつついに音楽まで貶める気ね 恐るべし『まれ』! …ひじゅにですが何か? ...

顛末>『まれ』第78話

げげ~ライブ会場でキス!?そりゃあリアルにそういう人もいるだろうけどドラマでまで見せられてもなあ…完全に2人の世界に入っちゃってるしBGMはドラマのテーマ曲に変わっちゃっ...

NHK朝ドラ【まれ】 第77回・78回 感想

一子(清水富美加)との会話を聞かれ、大輔(柳楽優弥)となぜ付き合ったのか美南(中村ゆりか)に問い詰められた希(土屋太鳳)。希自身も、大輔がいるにも関わらず圭太(山崎賢人)が心の中にいる自分を許せずに落ち込む。その夜アパートに帰った希は、誰にでも心には隠したい気持ちがあるが、自分に隠しては駄目だと文(田中裕子)に諭される。希は自分の気持ちに正直になろうと、ある行動に出る。(77話) ...

まれ 第78回

内容 浅井(鈴木拓)のミスで希(土屋太鳳)のケーキが、台無しに。 希は、陶子(柊子)に協力してもらい、もう一度ケーキを作ろうとするが、 材料がなく。。。。。 敬称略 すでに、普通にケーキを作らせてもらっている主人公。 それも。。。“全て”を。。。。 で、...

【まれ】第13週(6/22~6/27)感想と視聴率推移&前半総評

希と圭太がキスして、ほっとするところだったかな?(^^;) でも、私はもう何週も

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR