Dr.倫太郎 (第10話 最終回・6/17) 感想

Dr.倫太郎

日テレ系『Dr.倫太郎』公式
第10話/最終回『一番大切なものとは?人生をかけた最後の選択』の感想。


倫太郎(堺雅人)は、治療者としてではなく、一人の男として明良(蒼井優)のことを愛していると思うようになる。そんな中、るり子(高畑淳子)が無銭飲食で捕まった。すると、身元引受人になった明良が、夢乃ではなく明良の人格のまま怒りの感情を表し、同席した倫太郎は病状が改善されたことに衝撃を受ける。さらに、精神的に不安定な円能寺(小日向文世)に診断を下し、池(石橋蓮司)にある助言をした倫太郎は、一大決心をする。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

結局、迷える視聴者も救えなかった倫太郎

語り(倫太郎)「これは、現代の迷える子羊たちを救う
                        ある医師の話である」

これは、今まで10回もメインタイトルで聞かされてきた倫太郎(堺雅人)の語りである。さて、本作は本当にこのような話に仕上がっていただろうか。本作らしさや、本作が描こうとした倫太郎の物語になっていただろうか。最終回を観終えた今、甚だ疑問しか浮かんでこない。

その理由は、この1時間が9話分に何とか理由をつけて終わらせるためのエピローグであり、強引な辻褄合わせによる終わり良ければ総て良しを狙った雑な最終章にしか思えなかった。霧が晴れては又かかるの連続で、何ともスッキリとしない余韻しか残らない作品。うーん、迷える視聴者である私は最後まで救われなかった。

倫太郎は何者なのか?
そこがブレた脚本では話にならない

総括的に考えてみると、次の3つが敗因になったと思う。
  [1] 全10話の構成の失敗
  [2] 脚本家の精神科医への勉強不足
  [3] 個性的な俳優の名演技への極度な依存

[1] は、毎回のゲスト患者の治療を適当に描いたことで倫太郎がカウンセリングにしか見えなかったことと、明良(蒼井優)の登場のさせ方が滅茶苦茶のために連ドラの流れがブツ切れになったこと。
[2] については、もはや語る必要はないだろう。
[3] は、結局はいくら名演技があっても優れた脚本が無ければ宝の持ち腐れになることが証明されたってだけ。倫太郎は何者なのか?そこがブレた脚本では話にならない。

あとがき

『花子とアン』『ドクターX~外科医・大門未知子~』『Dr.倫太郎』と、これだけ仕上がりに不安定で、気に入った登場人物には入れ込んで、何でもやらせちゃう中園ミホ先生に頭が下がります。本作のテーマ性のブレ方は半端無かった。そんな印象だけです…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
ドラマ『Dr.倫太郎』原案小説 「セラピューティック・ラブ」 清心海 (著)
日本テレビ系 水曜ドラマ Dr.倫太郎 オリジナル・サウンドトラック
「Dr.倫太郎」日本テレビ: Amazonインスタント・ビデオ:


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7164/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/420873195.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Dr.倫太郎 最終回「一番大切なものとは?人生をかけた最後の選択」

それなりに最終回で、フィニッシュしたけれど、主演の、今が旬な堺雅人を筆頭に、豪華な名脇役達が、ちょっともったいなかった感ですよね。軸をなしていた、夢乃問題… 夢乃と明良の人格が1つになり始めて、治癒されつつある傾向が救いだったかな? 求愛は玉砕こそしたけれど、倫太郎(堺雅人)、やっと母の墓の前に立てたしね。強いていえば、今回の患者さん。新病院開業が取りやめになってしまったことで、顔の痙攣が始...

「Dr.倫太郎」第10話(終)★最終的には愛しかない

「Dr.倫太郎」第10話(終) 倫太郎(堺雅人)は、治療者としてではなく、一人の男として明良(蒼井優)のことを愛していると思うようになる。そんな中、るり子(高畑淳子)が無銭飲食で捕まった。すると、身元引受人になった明良が、夢乃ではなく明良の人格のまま怒りの感情を表し、同席した倫太郎は病状が改善されたことに衝撃を受ける。さらに、精神的に不安定な円能寺(小日向文世)に診断を下し、池(石橋蓮...

Dr.倫太郎 最終回

倫太郎(堺雅人)は医師としての一線を越えて、夢乃という別人格を持つ明良(蒼井優)を抱き締めます。 倫太郎はスキャンダルの一件で自宅謹慎を命じられて、明良と一緒に穏やかな時間を過ごします。 モフモフくんと一緒に走る、走る♪ その内、明良の解離していた別人格が統合されて来たのではないかと感じて、治療の効果も感じ始めます。 そんな時、明良の母・るり子(高畑淳子)が無...

Dr.倫太郎 #10 最終回

『一番大切なものとは?人生をかけた最後の選択』

Dr.倫太郎 第10話(最終回)

「一番大切なものとは?人生をかけた最後の選択」 内容 倫太郎(堺雅人)は、診察に訪れた夢乃(蒼井優)の話で、 夢乃と明良の人格が1つになり始めていることに気付きはじめる。 そんななか、ついに。。。倫太郎は、一線を越え、夢乃を抱きしめてしまう。 その姿を目...

『Dr.倫太郎』 最終回

んなバカな…と思ってはいけません。「世の中には はっきりさせない方がいいこともあるってこと」 by池患者だけじゃない、みんな病んでるんです。。。「笑ってるのか? 俺のこと。そうだろ?日野」 円能寺「笑っていません」 倫太郎「笑ってるじゃないか!」「こういう顔

こころに抱えたもの・・・

ドラマ「Dr.倫太郎」を見ました。 日テレにて 水曜10時からやってました 精神科医を主人公にした物語で、1話完結型で患者の話が軸となりつつ 後半は倫太郎 自身のストーリー、夢乃との関係が大きくなり見せていく この精神病というテーマがなかなか難しいとは思うけ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR