●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

まれ (第65回・6/12) 感想

朝ドラ まれ

NHK総合・連続テレビ小説『まれ』公式
第11週『泥沼恋愛チョコレート』『第65回』の感想。


図らずも美南(中村ゆりか)を傷つけてしまった希(土屋太鳳)。翌日「マ・シェリ・シュ・シュ」で顔を合わせるが、以前のように打ち解けられない。バレンタインを直前に控え店では、チョコレート菓子作りが佳境に入るが、希のテンパリングにはつやがないと大悟(小日向文世)に駄目出しされてしまう。そんななか能登では、大阪から帰ってくる一子(清水富美加)のために、圭太(山崎賢人)たちがパーティーを企画するのだが…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

「もう、いい」って言いたいのは、こっちだよ

美南「もう、いい」

冒頭の相変わらずのくだらない恋バナの終わり頃、美南(中村ゆりか)が言う台詞だが、「もう、いい」と言いたいのは視聴者だ。こんなことに15分の内の3分も消費して何を書きたいと言うのだ。その後も希(土屋太鳳)と美南のくだらないプチ泥沼は続く。ホント、今日は(も)冒頭から期待薄が全開だ。

もう、能登もいいよ

そして、折角フランス菓子店を舞台に物語に動き出すかと思ったら、徹(大泉洋)で恋バナを膨らませるって、何考えてるんだか。その上、また能登。くだらない能登。つまらないエピソードと無意味な演出の能登編。「もう、能登もいい」よ。

職場で化粧し、その手で売り物の菓子を触る不潔感

でもって、折角の厨房のシーンもがっかりとイラッとの連続だ。開店前にわざわざ陶子(柊子)がファンデーション?を塗ってるカットを見せておいて、その後の「潤いを出せ」の大悟(小日向文世)の言葉に反応して陶子が頬を触る。そしてその手で売り物のチョコを触る。

いくらバックスペースとは言え、食べ物を素手で取り扱うパティシェが職場で化粧をし、その手で食べ物に触れると言う何とも不潔で不愉快な演出。これでは、大悟のフランス菓子への拘りも、パティシェとしての腕も根本から疑いたくなる。もちろん大悟の言葉に説得力も無くなる。辻口博啓氏の店ではこれが普通なのか?

恋バナを描くなら、まずは希を魅力的に描け

そして、終わってみれば、希の修行は大悟に一度怒られただけ。あとの14分は能登と恋バナだけ。それもちっとも魅力的でないし興味も持てない登場人物たちの恋バナを描いてどうしたいと言うのだ。本来なら、せめて希はこの仲間に入ってはいけない人。ヒロインだから。でも、残念ながら希も魅力無し興味無しの一員になってる。

恋バナを描くなとは言わない。夢多きヒロインが、仕事や友だちや恋に悩み奮闘するのは当然だし、こちらだって観てみたい。ただ、観てみたいのは魅力的で興味関心のあるヒロインの場合だ。今の希で恋バナを描くなら、まずは希を魅力的で興味関心のある登場人物に描くべき。ヒロインかどうかはそれからだ。

あとがき

少しでも良いところを探すように観てはいるんですよ。でも、無いのですから、どうしようもない。相変わらず意味の無い恋バナとくだらない演出、そして食べ物をテーマにしたドラマなのに不潔、能登の自然を全く活かさないセット撮影などなど。良いところが全然無いです。

どうせ、明日は何の練習や努力も描かずに希がテンパリングが上手く出来て、週明けにはパティシェとして大悟に認められるんでしょうね。で、希は大輔(柳楽優弥)によって変わっていくのでしょうが、変わる前がきちんと描かれていないですから、来週もサプライズ演出のように希の評価が上がるだけだと予想します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 まれ Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 まれ 上 [Kindle版]
NHK連続テレビ小説 まれ 上
NHK連続テレビ小説「まれ」オリジナルサウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7147/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/420549740.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1週『魔女姫バースデーケーキ』
1 2 3 4 5 6
第2週『告白シュークリーム』
7 8 9 10 11 12
第3週『卒業ロールケーキ』
13 14 15 16 17 18
第4週『さよなら桜もち』
19 20 21 22 23 24
第5週『情熱ミルフィーユ』
25 26 27 28 29 30
第6週『母娘キャロットケーキ』
31 32 33 34 35 36
第7週『横浜激辛プチガトー』
37 38 39 40 41 42
第8週『危機的クリスマスケーキ』
43 44 45 46 47 48
第9週『再出発エンゲージケーキ』
49 50 51 52 53 54
第10週『「逆転一発パンケーキ」』
55 56 57 58 59 60
第11週『泥沼恋愛チョコレート』
61 62 63 64

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NHK朝ドラ【まれ】 第65回 感想

図らずも美南(中村ゆりか)を傷つけてしまった希(土屋太鳳)。 翌日「マ・シェリ・シュ・シュ」で顔を合わせるが、以前のように打ち解けられない。 バレンタインを直前に控え店では、チョコレート菓子作りが佳境に入るが、希の テンパリングにはつやがないと大悟(小日向文世)に駄目出しされてしまう。 そんななか能登では、大阪から帰ってくる一子(清水富美加)のために、圭太 (山崎賢人)たちがパ...

まれ 第65回

内容 突然、美南(中村ゆりか)が、希(土屋太鳳)に大激怒。 大輔(柳楽優弥)とキスしたことを知ったという。。。 敬称略 行だね。。。苦行だね。 内容が、恋バナだけで、それ以外、何も無いことが苦痛だけど。 くだらない演出。。。。ホントにどうでもいい能登...

連続テレビ小説「まれ」第65回★修羅場

連続テレビ小説「まれ」 第65回(6月12日) 図らずも美南(中村ゆりか)を傷つけてしまった希(土屋太鳳)。翌日「マ・シェリ・シュ・シュ」で顔を合わせるが、以前のように打ち解けられない。バレンタインを直前に控え店では、チョコレート菓子作りが佳境に入るが、希のテンパリングにはつやがないと大悟(小日向文世)に駄目出しされてしまう。そんななか能登では、大阪から帰ってくる一子(清水富美加)の...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR