●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

まれ (第63回・6/10) 感想

朝ドラ まれ

NHK総合・連続テレビ小説『まれ』公式
第11週『泥沼恋愛チョコレート』『第63回』の感想。


バレンタインチョコの相談を美南(中村ゆりか)から受けた希(土屋太鳳)。希は美南の相手は高志(渡辺大知)に違いないと思いこみ、二人のためにとテンパリングの練習に励む。その姿に、美南は本当のことを言い出すことができない。ある日、美南がひとり公園でたたずんでいると、そこに高志が現れる。美南は慌てて目をそらすが、高志はそのまま美南のほうに向かってきて…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

あさイチの柳澤解説委員が…

放送直後の『あさイチ』の冒頭で、柳澤解説委員のつぶやき「(もうどうでも)良いけどね」で始まったほど、今日もどうでも良い15分間だった。それも当然、だって大輔(柳楽優弥)と美南(中村ゆりか)の腹違いの兄妹の恋バナがどうなるかなんて、殆どの視聴者の興味の無い話だから。この脚本家、何をやりたいんだ?

お約束の展開バレバレのヒロインの空転劇も笑えない

この15分を要約すれば、希(土屋太鳳)の展開バレバレの空転劇だ。お節介で気立ての良いヒロインをコミカルに魅せる常套句的なエピソードであり演出でもある。だから、普通は素直に笑えるのだが、本作はそうはならない。

そう感じる理由は簡単。いつも同じようなエピソードと演出だからだ。あれこれ口や手を出し首を突っ込むけど結果が伴わない。いや、結果が描かれない。希の頑張りや奮闘は描かれる。能登編での友だちや両親のこと、公務員時代のことも奮闘は描かれるが結果が無い。結果が無いからやったことにならない。

本作のヒロインは、ほぼすべてこのパターン。だから、実質的にヒロインは何もしていないのと同じこと。それは「地道にコツコツ」もそう。口でも言うし文字でも書くが、結果が無い。そんなヒロインに共感し応援できるはずはないのだ。

いっそ希は髪をバッサリ切ってイメチェンするべき

それにしても、希は働かない。晴れて弟子入りが認められたはずなのに、修行のシーンはほんの数秒だけ。その上、その厨房でのチョコを扱う希が不潔極まりない。演出家の好みだか知らないが、希のあの髪型だけは何とかならないものか。きっと髪をバッサリ切っただけで、希のやる気や意気込みを簡単に表現できるのに。

脚本家も演出家も、もっと創意工夫すべき

そして、今日も全く必要のない「能登編」のインサート。時間繋ぎなのか大人の事情なのか知らないが、確かにほんの少しだけは「横浜編」と関連付いている部分はあるが、基本的には違う話として流れてる。こうして、幾つものエピソードが同時進行し並行に描かれるから、余計に希の存在感が薄くなる。

とにかく、希が猪突猛進キャラで空回りするのなら、もう少しエピソードや演出を工夫すべき。いつも同じでは、面白くないし飽きてくる。それは「能登編」も同じこと。内輪ウケみたいな小ネタばかりでなく、インサートするならそれなりのエピソードで見せて欲しい。今の状態なら無い方がマシだ。

あとがき

ついに、『2015年4月期スタートの 春の新ドラマ情報カレンダー | - Yahoo!テレビ.Gガイド [テレビ番組表]』のTOPページから『まれ』のリンクが無くなりましたね。「みんなの感想」がほぼ批判ばかりですから、大人の判断が作用したんでしょうか。

さて、確かに義理の兄妹は結婚できますけど、本作にそう言うの要りますか。大悟の店の背景を創り出すための大悟の再婚って設定は理解できますけど。そして、今日も食べ物を扱うドラマなのにヒロインが不潔なのも気になります。また、今日の登場人物で仕事をしていたのはマキ(中川翔子)くらいなのも気になります。

ああ、気になることばかりなのに、物語の先は全く気になりません。これって私が空回りしているのか、脚本家や演出家が空回りしているのか、どちらなんでしょう???

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 まれ Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 まれ 上 [Kindle版]
NHK連続テレビ小説 まれ 上
NHK連続テレビ小説「まれ」オリジナルサウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7138/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/420430409.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1週『魔女姫バースデーケーキ』
1 2 3 4 5 6
第2週『告白シュークリーム』
7 8 9 10 11 12
第3週『卒業ロールケーキ』
13 14 15 16 17 18
第4週『さよなら桜もち』
19 20 21 22 23 24
第5週『情熱ミルフィーユ』
25 26 27 28 29 30
第6週『母娘キャロットケーキ』
31 32 33 34 35 36
第7週『横浜激辛プチガトー』
37 38 39 40 41 42
第8週『危機的クリスマスケーキ』
43 44 45 46 47 48
第9週『再出発エンゲージケーキ』
49 50 51 52 53 54
第10週『「逆転一発パンケーキ」』
55 56 57 58 59 60
第11週『泥沼恋愛チョコレート』
61 62

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

連続テレビ小説「まれ」第63回★美南(中村ゆりか)が思いを寄せるのは…

連続テレビ小説「まれ」 第63回(6月10日) バレンタインチョコの相談を美南(中村ゆりか)から受けた希(土屋太鳳)。希は美南の相手は高志(渡辺大知)に違いないと思いこみ、二人のためにとテンパリングの練習に励む。その姿に、美南は本当のことを言い出すことができない。ある日、美南がひとり公園でたたずんでいると、そこに高志が現れる。美南は慌てて目をそらすが、高志はそのまま美南のほうに向かっ...

まれ 第63回

内容 課題の恋愛が、どうも上手くいかない希(土屋太鳳) そんななか、美南(中村ゆりか)からバレンタインチョコの相談を受ける。 相手が高志(渡辺大知)だと考えた希は。。。。 敬称略 頭が痛いのは、そんな展開や演出に、 何1つの興味を感じないと言うこと、オ...

NHK朝ドラ【まれ】 第62・63回 感想

テンパリングと恋愛、その両方をバレンタインまでにマスターしろという難題を大悟 (小日向文世)から押し付けられた希(土屋太鳳)。 連日のケーキ修業で出会いの機会が少ない希は、天中殺の料理人・珍(孫成順)に 相談し、合コンをすることになった。 日が替わり、「マ・シェリ・シュ・シュ」の先輩パティシエ・陶子(柊子)、大悟と輪子(りょう)の 娘・美南(中村ゆりか)とともに、初めての合コン...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR