天皇の料理番 (第7話・6/7) 感想

天皇の料理番

TBS系『天皇の料理番』公式
第7話『パリと差別と結婚』の感想。
なお、原作小説:杉森久英『天皇の料理番』は未読。過去のドラマ作品も未見。


1909(明治42)年、憧れのパリにたどり着いた篤蔵(佐藤健)は、大使の粟野(郷ひろみ)に頼み込み、一流レストラン「オテルマジェスティック」の調理場に小僧として潜り込む。篤蔵はやる気満々で調理場に乗り込むが、日本人を蔑視する料理人たちの反応は冷たい。言葉もよく分からず、差別に屈辱を味わう篤蔵だが、得意のジャガイモむきで腕前を認められ、1日で野菜係に昇進。数日後、篤蔵は街中である人と再会する。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

連ドラとしての完成度が高い

トントン拍子に進んでいるが、そんなことはちっとも気にならない程に、すべての描写や表現やエピソードが丁寧で、しっかりしていて、笑いあり涙ありの緩急もある。

なかでも、パリに辿り着いたことをキッチリ魅せるために、当時の日本との文化の違いや、篤蔵(佐藤健)の才能や成長と人格性については、かなりじっくりと描かれたのは良かった。連ドラの面白さもあって、。

少ない登場人物で濃厚な描写も素晴らしい

そんな中で注目したのは、あれこれ登場人物を増やして話を膨らませるのでなく、新太郎(桐谷健太)を中心に、ピンポイントに栗野慎一郎(郷ひろみ)とフランソワーズ(サフィラ・ヴァン・ドーン)を登場させ、シンプル且つ濃厚に魅せた。特に郷さん演じた栗野がはまり役が、見事に面白さを増強させた。

あとがき

人種・文化差別を篤蔵の短気をつかって、上手く面白い1時間に仕上げたと思います。台詞や手技も上手に魅せながら、ドラマを創り上げていく過程はお見事の一言。次回にも大きく期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
TBSテレビ60周年特別企画 日曜劇場「天皇の料理番」オリジナル・サウンドトラック
天皇の料理番 (上) (集英社文庫 す 1-7)
天皇の料理番 (下) (集英社文庫 す 1-8)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7129/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/420316758.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

天皇の料理番 第7話

フランス・パリへ飛び立った篤蔵(佐藤健)は、桐塚(武田鉄矢)の紹介状を手に日本大使の粟野(郷ひろみ)の元を訪ねます。 篤蔵は粟野に、一流ホテルの厨房の働き口を世話してくれるように頼みますが、あったのは小僧としての働き口だけでした。 何も知らない篤蔵は、後は自分で何とかするからと言って、そのまま小僧として働き始めます。 しかし、そこで待っていたのは、「人種」の壁でした。 ...

【天皇の料理番】第7話 感想

幸せやったり運のいい人間は… その分よけいに励まんといかんって、母が言ってました。 おいら画家になるぜ! いっぱしの画家になって、あいつの家に一枚300円の絵、 壁いっぱいに飾ってやるからな! 天皇の料理番 第7話      簡単感想中心で。 「時は1909年。明治42年。 日露戦争に勝利し、日本はその名を一躍西洋に知らしめま...

天皇の料理番「パリと差別と結婚」

ついに、憧れの花のパリ。でも、現実は厳しく、言葉の壁と人種差別と… でも、どこまでも、人に恵まれてる篤蔵 (佐藤健)は、桐塚 (武田鉄矢) の紹介状を手に、大使館の 粟野 (郷ひろみ)を訪れ、オテル・マジェスティックという一流ホテルの厨房を紹介してもらいます。運良く、修行仲間で、画家志望の新太郎(桐谷健太)と再会。偶然、歌手志望という、フランソワーズ(サフィラ・ヴァン・ドーン)との友情も芽生...

天皇の料理番 #07

『パリと差別と結婚』

「天皇の料理番」 第7話 パリと差別と結婚

「パトロンは日本人ではあかんですか? ・・・あの・・・あかんですか?」篤蔵 「はい〜〜!」フランソワーズ  ええぇ〜〜?!サブタイトルも「パリと差別と結婚」だし・・・ ...

天皇の料理番 episode7

「パリと差別と結婚」 内容 明治42年、 兄・周太郎(鈴木亮平)の支援で、ついにパリへやってきた篤蔵(佐藤健)は、 桐塚(武田鉄矢)の紹介で、日本大使の粟野慎一郎(郷ひろみ)を訪ねる。 そしてホテルマジェスティックを紹介してもらうのだった。 小僧として仕...

「天皇の料理番」真っ直ぐな料理人7篤蔵はパリで日本で磨いた実力を認められ人種差別を超えてコックへの道を切り開いた

「天皇の料理番」第7話はパリに渡った篤蔵だったが、当時の時代背景は東洋の人たちは欧州で認められていなかった時代でもあった。そんな中でパリに渡った篤蔵は見習いで最初は入 ...

【天皇の料理番】第7話感想と視聴率「パリと差別と結婚」

「パリと差別と結婚」 いよいよ始まったフランス編♪ 第7話の視聴率は、前回の14

天皇の料理番七話&ワイルド・ヒーローズ八話&ようこそ、わが家へ十話感想

■天皇の料理番七話 フランソワーズ!(笑)まさかのヒロイン登場でした。。 篤蔵 (佐藤健)がパリへ行くシーン、背中に包丁背負ってRPGのキャラみたいになっていましたが、その愛用包丁は、潜り込んだ一流ホテル厨房のフランス人シェフの嫉妬で見事に折られた!(笑)包丁にパリの景色を見せてあげたのもつかの間、先端がなくなってしまった・・。

天皇の料理番 第7話

公式サイト パリの地に立った 篤蔵 (佐藤健) は 桐塚 (武田鉄矢) の紹介状

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR