アルジャーノンに花束を (第9話・6/5) 感想

アルジャーノンに花束を2015

TBS系『アルジャーノンに花束を』公式
第9話『終幕…対等のトモダチとの永遠の別れ』の感想。
なお、原作小説:ダニエル キイス『アルジャーノンに花束を』は確か読んだはず。過去の映画やテレビドラマも数本鑑賞済み。


服用した薬「ALG」の副作用の恐れを知った咲人(山下智久)は、効力の退行を防ぐために、蜂須賀(石丸幹二)と共にその改良に取り掛かる。2人が出した結論に遥香(栗山千明)ら研究員たちは驚きを隠せない。一方、檜山(工藤阿須加)と鹿内(勝矢)が、ドリームフラワーサービス内でけんかをしている姿を目撃した竹部(萩原聖人)は激怒。その夜、竹部はなぜこの会社を始めることにしたのかを柳川(窪田正孝)らに明かし…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

“俳優・山下智久” の成長や存在感に驚きと称賛

ここ数話で “俳優・山下智久” の成長や存在感に驚きと称賛がしたくなるシーンが増えている。その中の1つが、例えば花屋での喧嘩のシーン直後、咲人(山下智久)が咲ちゃん時代の自分の映像を見るシーンだ。

これまでは、咲ちゃんを見る目は蔑んだ冷たい目線だったのだが、咲人の進化と退行のバランスの変化で、冷静の中に優しさや温かさや問いかけのようなものを感じるようになった。大きく開いた眼だけで魅せる咲人の変化。実に良い。こちらの心にしっかりとそれが届くのが。

そして、亡き父の久人(いしだ壱成)の「お前には愛嬌があるじゃないか。あいきょでしょ」の回想を挟んでのシーンもそう。。さて、咲人はあの親しみ感溢れる愛嬌を取り戻せるのか、友だちとの関係は?喧嘩のシーンと合わせて、何かが始まる予感を上手く漂わせたプロローグだった。

竹部の優しさと厳しさの原点が見えた素敵なシーン

竹部「本当にくだらねえ。そうやって人生を、
       そう言うつまんねえことで人生を棒に振る、
       つまんねえ人生、ちっぽけな命だな。
       いいよ、やれよ、ここで殺し合え」

今回はとにかくツカミが良い。まだメインタイトル前なのに竹部社長(萩原聖人)のこの喧嘩する2人に向かた怒りと教えの言葉も素晴らしい。このあとの「君の勝ちだ」と自信ありげに語る笑顔の咲ちゃんを評価する咲人が、これから自分の小さな命をつまらない人生で終わらせない決意をしたように魅せる流れ。

そして、あの竹部が疼く古傷の話は衝撃的だった。先の怒りの言葉の意味はもちろん、これまでの竹部の咲人への優しさや咲人の家族への思いが繋がった。「(人は)同情するふりはする」と思っていた竹部に “優しさの種” が蒔かれた人生の分岐点。正に最終章の第9話に相応し、物語のキーマンらしい素敵なシーンだった。

柳川のやるせない気持ちが悲し過ぎる…

遥香(栗山千明)が柳川(窪田正孝)に咲人の退行の可能性を初めて打ち明けるシーンの緊張感も半端無かった。「本当に時間との戦いなの」と告げる遥香の後ろ姿に、何もできない自分に怒りにも似た絶望感の柳川。前回での軽トラでの咲人と柳川の友情を確認するシーンを重ねると、柳川のやるせない気持ちが悲し過ぎる…

複雑な咲人の心情が痛い程伝わった

そして、自分の運命を「タイミングが悪過ぎる」と捉える咲人。愛する遥香への分析も実に冷静沈着に見えて、優しさに溢れていた。もうロボ咲人ではない。遥香の愛を受け入れ受け止めた上で、友だちや遥香を同時に大切に愛したい、しかし自分にはやることが多く時間は無い。そんな複雑な咲人の心情が痛い程伝わった。

小久保とアルジャーノンの関係に泣いた

本作で、竹部社長に次いで、影のキーマンだと思っていた小久保(菊池風磨)がアルジャーノンへの気持ちを吐露した森でのシーンも印象的だった。小久保が唯一の友だちとしてアルジャーノンを可愛がる繊細さの秘密が解かったような。墓に土をかけ手を合わせる咲人たちにジーンときた。そして、すべては繋がっている…

このような遥香の咲人への愛を魅せるシーンが良い

遥香「それが、私が咲人さんに惹かれた
       本質的な部分でもあるんですから」

遥香が咲人の母・窓花(草刈民代)に思いを打ち明けるシーンも素敵だった。「彼と私を助けて下さい」と自分のプライドなどすべてを捨てて懇願する本気モードの遥香。このような咲人への愛の気持ちを映像で魅せるシーンがもっとあったら、本作の完成度ももっともっと高まったと思う。もちろん、今でも十分名作であるのは間違いないが。

あとがき

ラストの咲人が檜山(工藤阿須加)と抱き合い、柳川が小さく頷くシーンがとても素敵でした。男3人、いや3人の人間たちの厚い信頼と友情を確認し合ったのに心が揺さぶられました。そして、窓花が遥香の肩にそっと触れるインサートカットも印象的。

そして、最後の最後に見せてくれた、咲人の「あいきょでしょ」のシーンは、何とも言えない悲しさの中に溢れる明るい未来を感じさせた名シーンと言って良いのではないでしょうか。

もう、最終回の予告編は恐ろしくて目を覆いたくなりました。どんなラストが待っているのか。楽しみと言うより、ただ咲人たちを最後まで見守りたい、そんな気持ちでいっぱいになりました。
今回も、長い駄文を最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
TBS系 金曜ドラマ「アルジャーノンに花束を」オリジナル・サウンドトラック
アルジャーノンに花束を〔新版〕(ハヤカワ文庫NV)
アルジャーノンに花束を リバースエディション [DVD]


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7122/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/420209611.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アルジャーノンに花束を 第9話

咲人(山下智久)は蜂須賀(石丸幹二)から、アルジャーノンの容体が悪化したことを聞いて、研究所を訪れます。 アルジャーノンの脳に薬の副作用が表れ始めたことを知った咲人は、効力の退行を防ぐため、蜂須賀と共に薬の改良に取りかかります。 やがて2人が出した答えは、遥香(栗山千明)たちが驚く内容でした。 薬を強化して、脳の領域を広げて、退行がこれ以上進まないように食い止める?? ...

アルジャーノンに花束を #09

『終幕…対等のトモダチとの永遠の別れ』

アルジャーノンに花束を「終幕…対等のトモダチとの永遠の別れ」

ずっと心の友だちだった、ネズミのアルジャーノンが死んでしまいました。咲人(山下智久)は、内緒で友人、小久保(菊池風磨)と富士の裾野に手厚く埋葬します。また、咲人は、アルジャーノンにALGの副作用が認められたことを蜂須賀(石丸幹二)から聞かされ、自らの未来と、使命を知ります。それは、梨央(谷村美月)の病気を治すことでした。結果、同じく彼女を愛する檜山(工藤阿須加)とも仲直り出来てヨカッタ。原作...

「アルジャーノンに花束を」 第9話 終幕・・・対等のトモダチとの永遠の別れ

 さて、「ドリームフラワーサービス」では朝っぱらから派手なケンカがおっぱじまっております。 失恋しちゃったのかしら〜?鹿内(勝矢)と、梨央のことでヤケになっている康介 ...

アルジャーノンに花束を 第9話

「終幕…対等のトモダチとの永遠の別れ」 内容 副作用の幻覚が見え始めた咲人(山下智久) 残された少ない時間のなかで、 蜂須賀(石丸幹二)とともに、ALGの改良に取り組み、議論をはじめる。 そして1つの結論に達する。 一方、梨央(谷村美月)のことで、咲人の協...

アルジャーノンに花束を 第9話

「咲ちゃん」と小久保が呼んでたわね。そういう仲よしだったなんて今回初めて知った気がする(^^;

私は人生を手に入れた・・・そして人は皆それを失う運命なのだ(山下智久)

はるかマクロの世界では銀河は回転し、膨張し、時には衝突して想像を越えた火花を散らす。 そしてはるかミクロの世界では素粒子は回転し、反転し、時には高速でどこかへ消失する。 その中間で・・・幸せの青いを惑星に生まれた人類はつかのまの人生を瞬くように感じる。 体内では分子が結合し、分解し、生産され、消費さ

『アルジャーノンに花束を』 第9話

描き方、見せ方が本当に上手いですね~(・・、)檜山と班長の殴り合いを見せ、知性を持った人間とは何かを考えさせられる。人間らしいって何なんですかね。。。前科者が善人でも世間は認めてくれないし。そもそも「善人」ってどんな人なんだか…檜山の人情まで警察には見えないし

「アルジャーノンに花束を」第9話 感想

 咲人が梨央を救うために自分を犠牲にする。  だいたい予想はついていた流れです。  誰かのために生きる事を決意した咲人。  遥香は咲人に自分の事を優先して欲しい考えでした。  そのため檜山や柳川をシャットアウトしたのですが…。  自己矛盾が生じていると、咲人に指摘されてしまいます。  

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR