天皇の料理番 (第6話・5/31) 感想

天皇の料理番

TBS系『天皇の料理番』公式
第6話『愛と命の果てパリ』の感想。
なお、原作小説:杉森久英『天皇の料理番』は未読。過去のドラマ作品も未見。


俊子(黒木華)にまで見放された篤蔵(佐藤健)は、目標を失い自堕落な日々を送る。この状況から抜け出すにはパリに行くしかないと思い詰める篤蔵だが、女郎の茅野(芦名星)の一言で目が覚める。心機一転、華族会館での経験を生かし作り上げた「フランスカレェ」を店で出すと評判になり、行列ができる。しかし、すぐに人気は下火になり、篤蔵は再びやる気を失ってしまう。そんな中、宇佐美(小林薫)が突然、店に現れる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

一皿のカレーライスで3年間を見事に描いた

第4話までは、このテンポで着地点まで描けるのか心配で、第5話は詰め込み過ぎで心配で、そして迎えた第6話は、一皿のカレーライスで3年間の修行の成果とパリ行きまでと一気に描いた。

素晴らしかったのは、3年間のエピソードをあれこれ詰め込み過ぎず、仙之介(佐藤蛾次郎)との日頃のやり取りと、宇佐美(小林薫)のピンポイントの出番だけで、しっかりドラマを作り上げたこと。夫婦、親子、兄弟、師匠、ライバルなどの関係性も全部盛り込んでるのに、詰め込み感がなく、充実感だけがある。

キャッチーな台詞や奇を衒った演技も抑えて、人間たちが絡み合って生まれるドラマだけに集中して映像化しているのも好感が持てる。好き嫌いがある作風ではあるが、人間を丁寧にしっかりと描いている点は見応えも十分。この調子で進めば名作ドラマになるかもしれない。

あとがき

きちんと料理で人間ドラマを魅せる工夫が素晴らしいです。実は、当然のことなのですが、それが出来ないドラマが世に溢れているのが現状。こう言う地味ですが上質なドラマが今期あって良かったです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
TBSテレビ60周年特別企画 日曜劇場「天皇の料理番」オリジナル・サウンドトラック
天皇の料理番 (上) (集英社文庫 す 1-7)
天皇の料理番 (下) (集英社文庫 す 1-8)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7104/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/419926614.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

天皇の料理番「愛と命の果てパリ」

なんだか、とても人に恵まれながら、たしかに才能と集中力はあるけれど、どこか、うんと、人間臭い篤蔵 (佐藤健) 賛否両論あるかもしれないけれど、主人公が破天荒なのが興味深いなぁ、と感じます。色っぽいお梅 (高岡早紀) に誘われれば、ふらふら~~っとなるし、華族会館の経験を活かし、バンザイ軒で、本格・カレーを作ってみたら、最初は、その味と珍しさに繁盛すれど、すぐに飽きられて、というより、お客の要...

天皇の料理番 第6話

篤蔵(佐藤健)は、俊子(黒木華)に離縁されて、実家からも絶縁されて、東京に戻って来たと思ったら、お世話になっているお店の女将さん・梅(高岡早紀)と良い関係になっていました。 さすがの篤蔵も、これではいかんと思ったようです。 吉原で、茅野(芦名星)や新太郎(桐谷健太)に、「パリにでもいかんと格好がつかない」と言い出す篤蔵は、今いる場所で地道に頑張ることを勧められて、新メニューを考案...

天皇の料理番 #06

『愛と命の果てパリ』

「天皇の料理番」 第6話 愛と命の果てパリ

 『わしは帝国一のシェフになる』  篤蔵から周太郎への手紙にはフランス語でそう書かれていた。 かつて勢いで東京に出てきた時に周太郎に宣言した言葉が 今、感謝を込めて強 ...

天皇の料理番 episode6

「愛と命の果てパリ」 内容 故郷で俊子(黒木華)から離縁を告げられた篤蔵(佐藤健)は、 わだかまりを抱えたまま、バンザイ軒へ帰ってきた。 そして、つい。。。梅(高岡早紀)と。。。。。。 年が明け、明治38年。 全てが上手くいかない中、篤蔵は、漠然とパリへ...

「天皇の料理番」真っ直ぐな料理人6篤蔵は周太郎の託した未来に心を入れ替え宇佐美に認められてパリへと旅立った

31日ドラマ「天皇の料理番」第6話はバンザイ軒での仕事が軌道に乗り始めた篤蔵はそこで新たなるメニューを作ろうと努力すると、カレーの味で味は好評だったものの、大衆食堂で ...

「天皇の料理番」第6話 感想

 地道にやる事に決めた篤蔵(佐藤健)。  倉庫の掃除をする代わりに肉を無料で仕入れ、カレエを作ります。  行列ができるようになりました。  でもすぐにお客は来なくなります。{%下降webry%}  客の話によると野菜がゴロゴロ入った普通のカレーの方がいい。  バンザイ軒を訪れる客は華族会館の人たちとは違ったのです。

天皇の料理番 第6話〜あんたは幸せな子やねぇ。幸せな分だけ余計励まんといかんね

 兄・周太郎(鈴木亮平)からパリ行きのお金・参百圓をもらう篤蔵(佐藤健)。  そんな篤蔵に母・ふき(美保純)は言う。 「周太郎だけやないよ。蔵三郎だって 周太郎と一緒にお父さんに頭下げたんよ。お父さんだって顔に泥を塗りつけることしかしてこなかったあんたを...

天皇の料理番 第6話

公式サイト 篤蔵 (佐藤健) は お梅 (高岡早紀) と大変な事になりながら、パ

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR