●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

アルジャーノンに花束を (第8話・5/29) 感想

アルジャーノンに花束を2015

TBS系『アルジャーノンに花束を』公式
第8話『最終章!儚い夢の終焉と最後の希望!』の感想。
なお、原作小説:ダニエル キイス『アルジャーノンに花束を』は確か読んだはず。過去の映画やテレビドラマも数本鑑賞済み。


咲人(山下智久)は、遥香(栗山千明)と一緒に暮らし始める。一方、梨央(谷村美月)は病の進行により、1日の内で数時間しか起きていられない状態に陥っていた。遥香は、母親に愛されたいという咲人の願いを果たそうと、再び窓花(草刈民代)の家を訪ねる。そんな中、アルジャーノンに異変が。全ての数値が低下し、脳細胞が著しく減少し始めたのだ。研究所に戻った咲人は、蜂須賀(石丸幹二)らと薬の改良に取り掛かる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

まえがき

今回は、最終章突入編だからこそ、いつものベタ誉めの前に少し厳しいことを書こうと思います。そして、今回も記事は長文です。

咲人の変化の描き方に、丁寧さが足りない

実は前々から気になることが2つある。1つは、咲人(山下智久)の変化が急過ぎること。別の言い方をすれば、 咲人の変化の描き方に丁寧さが足りない。そのために、視聴者に脳内補完と前向き解釈で、「きっと咲人の場合のALGの急速な効果が描きにくいんだ。だからしょうがない」と思わせてしまう。

しかし、ここは本来は「咲ちゃん」から「ロボ咲人」への変化と同じように、「新生天才咲人」への変化ももっと丁寧に描くべきだと思う。原因が脚本か全体のシリーズ構成の企画か解らないが、ここまで良かっただけに実に勿体なかった。

咲人と遥香の関係の変化を省略し過ぎ、関係性も稚拙

もう1つは、咲人と遥香(栗山千明)の関係性の流れが省略過ぎで、且つ表現が稚拙なこと。本来なら、現状の相思相愛になることが、もっと自然に見えるように、シリーズ序盤から2人の出会いから匂わせるべきだった。それをせずに一気に「僕たちラブラブ。同棲サイコー!」みたいになったり、遥香が「咲人」と呼び捨てになるには違和感がある。

なぜなら、咲人は頭脳明晰で冷静沈着な男になったのに、恋愛要素だけ辻褄が合わなくなってしまったから。もう少し脚本も演出も、無邪気な男女の恋から大人の男女の愛への変化として丁寧に描いたら、もっと咲人を喜べたし、遥香にもエールを送れたのに、こちらも実に勿体なかった。

咲人と母の関係に、遥香が介入し過ぎるのもちょっとと思うが、それはここまでにしておく。

咲人と母の再々会のシーンも、とても印象的

さて、ここからはいつものベタ褒めコーナー。まず、番組中盤で、咲人が母親の窓花(草刈民代)に会いに行くシーン。息子と母の緊張感漂うやり取りが素晴らしかった。

私としては遥香に連れられてでなく、咲人自身が自発的に訪問した方が、咲人の中の葛藤に自身で決着を着けたいと言う強い意志が表現できただろうし、「僕には家族がいない」と言う悲しみもより強く描けたと思うが。

とは言え、「お利口になったんですってね」と大きく手を広げて抱擁しようとする窓花の胸に飛び込むことが出来ず、「そう言うところはまだ子どもなのね」と追い打ちをかけられ、母の手を跳ね除けて去る時の咲人の何とも言えぬ複雑な表情はとても印象的。そして今週は “俳優・山下智久” の表情に身を詰まらせることになる…

軽トラでの、柳川と咲人の男の友情にグッときた

咲人「柳川君、顔が見れて嬉しかった」
柳川「俺の?」
咲人「うん。僕のこと、まだ友だちだと思ってくれてる?」
柳川「親友じゃん、対等の」
咲人「ありがとう」

社長の伝書鳩を頼まれた柳川(窪田正孝)が咲人に会いに来、軽トラ車中で話すシーンも素敵だった。あの狭い空間の中で、柳川の優しくてストレートな性格と、大混乱真っ只中の咲人の2人の距離感の変化が、窪田さんと山下さんの胸から上だけの演技だけで見事に描かれた。

そしてシーンの最後、この密接な距離感を意図的に離すために、咲人を車外に出しドア1枚を隔ててのからの上に紹介した会話にグッときた。特に、柳川との会話で大混乱から少し平穏を取り戻したかのように、瞳を少し滲ませた咲人の後ろ姿を見送る柳川の複雑な気持ち。男同士の友情にこれほどピュアなものを感じたのは久し振りだ。

竹部社長は、緊迫感ある物語に人の温もりを添えた

竹部「母親の資格が無いって言いましたけど、
        それを決めるのは、子どもの方じゃないんですか」」

既出の咲人と母の再々会を受けての、竹部社長(萩原聖人)の窓花への台詞。咲人と窓花の仲に入り上手く仲立ちをしようと懸命の竹部の立場がよく解かる。今回の竹部社長は、序盤の花屋での花を愛する人柄を始め、彼の優しさと面倒見の良さを全編に散りばめ、緊迫感あるストーリーに人の温もりを添えた。

咲人の友だちを追い返した遥香の気持ち

遥香「友だちなどいなかったって、1人も」

咲人を心配して駆け付けた咲人の友だちを「友だちはいない」と追い返した遥香。友だちに要らね心配をかけたくないからのか? 自分が咲人を助けると言うねじれた意思表示なのか? そして、咲人を研究へ集中させたいからなのか?

私が、「ここから時間との戦いである」と言う最後の咲人のナレーションを聞く限りでは、残り少ないであろう「新生天才咲人」に悔いの無い研究をさせてあげたい「恋人」、いや今や「家族」に最も近い立場としての切望からの言葉だと想像したい。

遥香を描くなら、きちんと描いて欲しい

遥香は、咲人が「私」と言うべき時に「僕」とつい言ってしまう退行(咲ちゃんに戻りつつあること)し始めていることを、最も客観的に感じている人間だ。そして、退行は最初に出会った咲ちゃんに戻る地点で停止するのか? 更に進んで自分の存在すら忘れてしまわないか? そんな底知れぬ恐怖と闘っている女性でもある。

だから、遥香をきちんと描いて欲しい。遥香は咲人を大切な存在と思って毎週観ている視聴者の代表者でもあるのだから。遥香をおざなりに描くことは、視聴者無視と似たようなこと。だから最後にもう一度、ここまで来て遥香を中途半端に咲人の恋バナの相手みたいに描くのはだけは止めて欲しい。

あとがき

やっと感想の記事を掲載することが出来ました。朝4時過ぎです。昨夜遅く帰宅して泥のように眠ったのですが、この記事が気になって目が覚めてしまい、今書き終えたところです。

第6話、第7話の記事に読者の皆さまからたくさんのWeb拍手やコメントを頂戴しました。この場を借りてお礼を申し上げます。しかし、今回は絶賛の嵐だけの記事になりませんでした。やはり、言うべきは言わずに褒めるだけでは、当blogの存在意義が無いと考えたからです。少し期待を裏切ってごめんなさい。

さて、予告編を観ると、残酷な時間の流れは止まるのでしょうか。予告編のラストカットで、檜山(工藤阿須加)と抱き合う咲人の小さく微笑む表情とその眼差しに、少しだけ咲ちゃんの温もりを感じました(山下さんの演技力に感服です)。次回、「天才咲人」はどんな道を選択するのか気になります。
最後まで長い駄文を読んで下さり、ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
TBS系 金曜ドラマ「アルジャーノンに花束を」オリジナル・サウンドトラック
アルジャーノンに花束を〔新版〕(ハヤカワ文庫NV)
アルジャーノンに花束を リバースエディション [DVD]


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7102/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/419924209.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アルジャーノンに花束を「最終章!儚い夢の終焉と最後の希望!」

蜂須賀(石丸幹二)の元から出て行った咲人(山下智久)は、研究センターを解雇された遥香(栗山千明)を追っていき、愛の日々がそして先週とはうらはら。人間らしくなってきた気がしたのは私だけ?だけど、研究センターでネズミのアルジャーノンに異常。咲人も、亡き父、幻影を見るようになります。ネズミのアルジャーノンは、幻影に怯え、衝突して弱ってたけれど、むしろ咲人は、悲しくもイイ方向性に感じました。柳川(窪...

心がポキッとね八話&アルジャーノンに花束を八話&ちゃんぽん食べたか一話感想

■心がポキッとね八話 小島春太(阿部サダヲ)と大竹心(藤木直人)の母親が出てきた事によって、第三者の目が入った台詞があり、物語のスジ説明が入って今回は本当に良かった。 このドラマ、ほとんどのパートが必要以上にテンション高くて騒いでるから、わけわからん内にドラマが終わってる感じがしてならないんですよ(苦笑) 今回の話がひとつの節目になって、来週からまた見やすくなりそう。

アルジャーノンに花束を 第8話

今週は後光が射した咲人@山下に圧倒されました。アタシの脳内が美で満たされたあのシーン。

「アルジャーノンに花束を」第8話 感想

 遥香は咲人を伴って母、窓花の元を訪れますが、事務的な対応をするだけでした。  帰り道、「仕方ない。」と咲人。  これを乗り越えなければ、自分は正常な大人になれないと。  形だけの「抱きしめて欲しいんでしょう?」と両手を広げる窓花の冷たさ。意思疎通を図ろうとはしません。  会いに行かなければよかった。{%涙docomo%}

アルジャーノンに花束を #08

『最終章!儚い夢の終焉と最後の希望!』

君と僕が愛し合うこと・・・それが僕の夢でした(山下智久)

つきつめて言えば・・・愛とは相手に「オンリー・ユー」と伝え、相手から「オンリー・ユー」と伝えられることである。 二人のために世界があり・・・世界にできるのは二人を祝福するだけなのである。 ある意味・・・バカヤローなことである。 しかし・・・そういう二人はものすごく・・・幸せなんだなあ。 知性とは・・

アルジャーノンに花束を 第8話

「最終章!儚い夢の終焉と最後の希望!」 内容 蜂須賀(石丸幹二)の開発したALGが、 娘・梨央(谷村美月)に効果がないと知った河口(中原丈雄)は、 支援の中止を告げるが。。。。蜂須賀は。。。。 そんななか、 河口のもとを杉野(河相我聞)が現れ、精製法を書...

『アルジャーノンに花束を』 第8話

ここで杉野(河相我聞)が動いてくれるとは。彼もいい人で良かった。研究所の人たちに悪意を感じさせないのも、見てて苦痛じゃないのがよろし…舞のキーキー声ぐらい(笑)蜂須賀をそれほど憎めなかったのも、天才ゆえに…心理的な病気を描くドラマが多い中で、人間の良し悪しを

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR