●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

まれ (第48回・5/23) 感想

朝ドラ まれ

NHK総合・連続テレビ小説『まれ』公式
第8週『危機的クリスマスケーキ』『第48回』の感想。


クリスマスが終わった夜、クリスマスケーキのルセット(作り方)を考えたのは希(土屋太鳳)だと告白した浅井(鈴木拓)。大悟(小日向文世)は、簡単にルセットを手放したと試用期間の希に不合格を言い渡す。一方、能登では年忘れパーティーが行われるが、希との関係を疑った洋一郎(高畑裕太)が圭太(山崎賢人)に襲いかかり、能登に骨をうずめると宣言した徹(大泉洋)に藍子(常盤貴子)があることを突きつける。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

大悟、何言ってんの?

大悟(小日向文世)は “希” に見る巨匠なのだ。ルセットを盗まれた弟子より、自分のルセットをライバルに渡した方が罪が重いとは、解かるようで解からぬ論理。その上、自分が美味しいと認めたルセットを作った人間を破門扱いにするって、大悟は味とオリジナリティを第1にするパティシェでなかったのか???

早く「能登編」を忘れさせてほしいのに…

そして、また能登。確かに、クリスマスを過ごすそれぞれの人生の悲喜交々。相変わらずの子どもたちのちまちました恋バナ。今更の徹(大泉洋)の能登弁の披露大会に、いつもの怒りんぼうの藍子(常盤貴子)。「夢」の連呼と大騒ぎはお約束とは言え、ここまで来ると不快の一言。

決して「横浜編」は褒められるような流れではないが、それでも、無理矢理としか思えないこの「能登編」の挿入は放送事故レベルのやってはいけないこと。登場人物たちが愚か者にしか見えないではないか。なぜ、こんな描き方をするのか。早く「能登編」を忘れさせてほしいのに…

汚い言葉、滅茶苦茶な理論の連続

そして、また横浜。そして、汚い言葉、滅茶苦茶な理論の連続。もうこれはどうしようもない。脚本家のセンスだから。そして、希(土屋太鳳)の夢の話もそこそこにまた「能登」。その上、今度は「両親の離婚」って?これ、本当に希がパティシェになる夢を追いかける物語なのか、今更疑問になる。

希が夢から逃げているよういしか見えない

予告編を観れば、破門をいいことに、希は能登に戻ってまた「能登編」が再開するようだ。これ、好意的に捉えようとしても、希が夢から逃げていると捉えた方が無難な流れ。なら、破門のくだりはカットして、両親を救うために突然店を飛び出したら…。そっか、それではケーキ屋の面接を自ら断るあのパターンと同じか。

あとがき

今日の15分間と予告編を観て改めて感じたのは、本作が連続ドラマとして実に雑に作られていることです。
主人公の人格設定も一定でないし、エピソードも連続性に乏しく、思いつたようにあっちに行ったりこっちに行ったり。行ったら行ったで行きっ放しで、また別の話。今週と来週なんて正にこのパターン
もしかして、全26話のオムニバスドラマとして見ろってこと???

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 まれ Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 まれ 上 [Kindle版]
NHK連続テレビ小説 まれ 上
NHK連続テレビ小説「まれ」オリジナルサウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7072/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/419437854.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1週『魔女姫バースデーケーキ』
1 2 3 4 5 6
第2週『告白シュークリーム』
7 8 9 10 11 12
第3週『卒業ロールケーキ』
13 14 15 16 17 18
第4週『さよなら桜もち』
19 20 21 22 23 24
第5週『情熱ミルフィーユ』
25 26 27 28 29 30
第6週『母娘キャロットケーキ』
31 32 33 34 35 36
第7週『横浜激辛プチガトー』
37 38 39 40 41 42
第8週『危機的クリスマスケーキ』
43 44 45 46 47

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

連続テレビ小説「まれ」第48回★暗澹たる気分・・・。

連続テレビ小説「まれ」 第48回(5月23日) クリスマスが終わった夜、クリスマスケーキのルセット(作り方)を考えたのは希(土屋太鳳)だと告白した浅井(鈴木拓)。大悟(小日向文世)は、簡単にルセットを手放したと試用期間の希に不合格を言い渡す。一方、能登では年忘れパーティーが行われるが、希との関係を疑った洋一郎(高畑裕太)が圭太(山崎賢人)に襲いかかり、能登に骨をうずめると宣言した徹(...

連続テレビ小説「まれ」第47回★能登大納言と元治さんの塩

連続テレビ小説「まれ」 第47回(5月22日) 陶子(柊子)と浅井(鈴木拓)が大悟(小日向文世)にクリスマスケーキの試作を見せることになった。浅井のケーキは希(土屋太鳳)が考えたものだったが、陶子に禁じられ、浅井の作にしたのだ。マジパンの家族がデコレーションされた浅井のケーキを「子供だまし」と相手にしない大悟だが、希はとっさに大悟の口元に差し出し、食べさせることに成功する。だが次の瞬...

まれ 第48回

内容 クリスマスケーキ事件を乗り越えた希(土屋太鳳)たち。 だが、直後、浅井(鈴木拓)が、 ルセットを考えたのは希である事を大悟(小日向文世)だと告白する。 すると大悟は。。。。 敬称略 いろいろな意味で、ワンパターンなので、 。。。。まあ、そういう展開...

NHK朝ドラ【まれ】 第48回 感想

クリスマスが終わった夜、クリスマスケーキのルセット(作り方)を考えたのは 希(土屋太鳳)だと告白した浅井(鈴木拓)。 大悟(小日向文世)は、簡単にルセットを手放したと試用期間の希に不合格を 言い渡す。 一方、能登では年忘れパーティーが行われるが、希との関係を疑った洋一郎 (高畑裕太)が圭太(山崎賢人)に襲いかかり、能登に骨をうずめると宣言した 徹(大泉洋)に藍子(常盤貴子)が...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR