●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

Dr.倫太郎 (第6話・5/20) 感想

Dr.倫太郎

日テレ系『Dr.倫太郎』公式
第6話『愛と憎しみの境界線とは?精神科医を襲うストーカー事件!』の感想。


倫太郎(堺雅人)の元に、ストーカー被害で精神的に不安定な好美(山田真歩)が相談に訪れる。後日、好美からの電話を受けた葉子(高梨臨)は、倫太郎に応対のまずさを注意され意気消沈する。一方、明良(蒼井優)は倫太郎に少しずつ心を開き始めるが、明良の別人格である夢乃は倫太郎に敵意を向ける。そんな中、倫太郎に愛犬の弥助がいなくなったとの連絡が。自宅も荒らされた模様だ。倫太郎は百合子(吉瀬美智子)らと、弥助を捜す。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

今回も代わり映えしないなぁ

12分くらい観て感じたのは、うーん、今回も代わり映えしないなぁってこと。ほぼ全編が倫太郎(堺雅人)と明良(蒼井優)のことなのに、毎回登場するおまけ程度のゲスト患者のくだり、騒ぎまくるだけのるり子(高畑淳子)、明良と夢乃のギャップと。1カット見ただけでは、何話か解からない…

本作に登場する精神科医への違和感

それと、本作に登場する精神科医への違和感も第1話から払拭出来ないままなのも、代わり映えしない大きな原因の1つ。私は精神科のことは詳しくないが、私と同じくらい、この脚本家は精神科のことを知らずに書いていやしないだろうかってこと。

中でも1番気になるのは倫太郎が明良を治療するくだり。倫太郎がカウンセラーで、解離性人格障害を確定診断にせず “疑いがある” くらいにすれば、倫太郎と明良の恋バナにも違和感は少なくなるのだが、あれが精神科医の治療ってことになってるから違和感が半端ない。

ついでに言えば、今回の葉子(高梨臨)の言動も精神科の研修医としてどうかと思う。自分の感情を患者にぶつけるみたいな。まあ、精神科医以前に、普通の社会人としてもダメなんだが。

やはり、本作は、精神科治療や精神科医をきちんと表現していないと思う。ドラマなりの脚色は良しとしても、きちんと描くべきは描いて欲しい。

本作には物語と言う物語が感じ取れない

結局、本作には物語と言う物語が感じ取れない。毎回同じような映像とエピソードの繰り返し。確かに精神科の治療は一進一退でそう簡単に進むものではない。しかし、本作はテレビドラマだし、現状では精神科医と患者のちょっと風変わりな恋バナでしかない。これでは、面白味を感じないのも無理はない。

あとがき

もう、盛り返すことは無さそうですね。このパターンの繰り返しと、履き違えた精神科の解釈が修正されない限り、このまま妙な恋バナを見るのでしょうね。まだ終わってませんが期待したのに残念です。次回で離脱するかも…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
ドラマ『Dr.倫太郎』原案小説 「セラピューティック・ラブ」 清心海 (著)
日本テレビ系 水曜ドラマ Dr.倫太郎 オリジナル・サウンドトラック
「Dr.倫太郎」日本テレビ: Amazonインスタント・ビデオ:


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7061/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/419323626.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Dr.倫太郎「愛と憎しみの境界線とは?精神科医を襲うストーカー事件!」

今回のゲスト患者は、ストーカー被害で精神的に不安定になっているという患者・好美(山田真歩)。「警察はあてにならない」といい、倫太郎(堺雅人)のもとにやってきますが、どうも、倫太郎の著書、等の熱烈ファンの様子。診察の時は、神妙でしたが「困った時は、連絡を」の言葉にすがるあまり、ストーカーの不安感。電話連絡に葉子(高梨臨)が倫太郎の不在を伝えると逆上してしまいます。「患者を突き放すような対応はす...

「Dr.倫太郎」第6話★先生、ギュッとしてくれませんか?

「Dr.倫太郎」第6話 8年前の出来事について語る明良(蒼井優) 「(母が)その時初めて言ってくれたんです。まとまったお金が出来たらまた一緒に暮らそうって。今度は必ず明良ちゃんを幸せにするからって。 なのに、私全然稼げなくって、お母さんの借金がどんどん膨らんで、もうお母さん頑張ってるのに、わたし迷惑ばっかりかけて。」 あんな母親なのに、なんて健気なことを考えているんでしょう・・・...

Dr.倫太郎 #06

『愛と憎しみの境界線とは?精神科医を襲うストーカー事件!』

Dr.倫太郎 第6話

倫太郎(堺雅人)は、テレビ出演して出待ちのファンもいて大人気ですね。 ファンレターも山のようにもらっていました。 一方、明良(蒼井優)は、倫太郎との交流に安らぎを感じ始めていました。 しかし、明良のもう一人の人格である夢乃は倫太郎に激しい敵意向けて、明良を救おうとする倫太郎に「ヒノリンの人生、狂わせてあげる」と言い放つのでした。 そして、倫太郎の診察室に特上寿司30人...

ずっとあなたと一緒にいます(堺雅人)ぎゅっとしてく~ださい(蒼井優)

ずっと昔に愛し合った人と早朝に寿司屋を捜している夢を見る。 寿司屋横町のような寿司屋の並んだ路地はどの店もシャッターが下りている。 しかし、彼女が地下に続く階段を見つけ、そこに営業中の寿司屋があった。 「ねぎとろ巻をください」 そう言いながら彼女への愛おしさがこみ上げてくるのだった。 食欲と性欲が一

Dr.倫太郎 第6話

「愛と憎しみの境界線とは?精神科医を襲うストーカー事件!」 内容 倫太郎(堺雅人)と明良(蒼井優)との関係が親しくなるなか、 明良の中の夢乃は、倫太郎への敵意を強くしていた。 一方、テレビ出演により、倫太郎の人気は高まっていた。 そんななか、事件が起こ...

「Dr.倫太郎」心の病と向き合う5,6倫太郎は明良が夢乃の人格に浸食され始めている事に察し本格的な治療を開始する事を明良は決意した

「Dr.倫太郎」第6話は精神的に不安定な患者が相談に来る。その患者はストーカーに狙われているという妄想意識になっており、縋る思いで倫太郎に相談しにきたが、倫太郎はすぐには ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR