ようこそ、わが家へ (第6話・5/18) 感想

ようこそ、わが家へ

フジテレビ系『ようこそ、わが家へ』公式
第6話『妹は絶対に守る!卑劣なストーカーと直接対決!』の感想。
なお、原作小説:池井戸潤『ようこそ、わが家へ 』は未読。


健太(相葉雅紀)と明日香(沢尻エリカ)は、子猫がポストに放り込まれた日、辻本(藤井流星)が家の近くでタクシーを拾っていた事実を突き止める。しかし、アナウンサーの最終面接を控える七菜(有村架純)にその件は伏せておく。そして、七菜の面接当日。太一(寺尾聰)はお守りを渡し、健太はテレビ局まで送り、珪子(南果歩)は赤飯の用意をする。一方、太一と摂子(山口紗弥加)は、3千万円で購入したドリルに破損や汚れがあることに気付く。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

演出が谷村氏に戻って、笑いの部分が残念に…

序盤から、また笑いの演出のセンスがあか抜けなくなったと思ったら、やはり演出が第4話担当の谷村政樹氏だった。基本的に私が谷村氏の演出を苦手だから感じるのだが、ここまでコメディ要素を強めに押し出さない方が、全体のミステリーらしさが阻害されると思うのだが。脚本にあるかって演出で輪をかける必要はないと思う。

優しくて頼りになるお兄ちゃん大活躍の巻

さて、物語としては、優しくて頼りになるお兄ちゃん大活躍の巻って感じに仕上がって、ストーリーが主人公・健太(相葉雅紀)中心に動いていて良いと思う。また、家族が団結して事件を解決しようとしている点も、例の過剰な笑いの要素を抜きにすれば、普通の家族に突然起きた事件に翻弄されてる感じも悪くない。

「ナカノ電子部品」のくだり。描くならきちんと…

問題は、ずっと気になっている「ナカノ電子部品」のくだりの必要性と、その挿入による物語のブツ切れ感だ。「ナカノ電子部品」のパートはそこだけ見ると結構楽しいし演者の好演も手伝って見応えがある。それだけにちょこちょこと挿入されると、倉田家の話がブツ切れになっちゃう。

時間軸通りに描きたいのも解かるし、今回は犯人を騙す作戦の緊迫感を出すためなのも理解するが、太一(寺尾聰)は両方に絡んでいるから、せめて「ナカノ電子部品」の話は別の日ってことでまとめても良かったと思う。

話を引き延ばしているような印象を受けてしまう

それと、これを言ってしまうと最後のお兄ちゃんの殺傷事件から次回への流れが出来なくなるが。流石にこちらから犯人に罠を仕掛けておいて、待ち伏せ体制が単純過ぎる。本気で犯人を捕まえるなら、室内の防犯カメラで侵入者を撮影すれば警察も動くだろうし。

これは脚本家と演出家のどちらの意図かわからないが、先程の今回の待ち伏せ方法にしても、エンディングから予告編のチラ見せ映像の多さにしても、どうも話を引き延ばしにかかっているように感じてしまう傾向が強くなって来た。そんな姑息なことしなくても、十分に謎解きの面白さはあるだろうに。

あとがき

前回よりも更に主人公が前面に出て物語をけん引しているのは、とても良いと思います。それだけにあそこまで緊張感の足りない倉田家に表現したのが勿体ない。特にお母さんがはしゃげばはしゃぐ程、ミステリーらしさが削がれて中途半端なドラマに見えてしまう。

前回のように、「デザイナー倉田健太の事件簿」らしさを押し出すだけで良いのに。せめて能天気家族からほのぼの家族程度に仕上げて、「ナカノ電子部品」を描くなら描くでしっかり描けば、もっと面白くなると思います。何事も中途半端が一番よくない…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
(仮)フジテレビ系ドラマ「ようこそ、わが家へ」オリジナル・サウンドトラック
ようこそ、わが家へ (小学館文庫) 池井戸 潤 (著)
ドラマ「ようこそ、わが家へ」主題歌 「青空の下、キミのとなり」/ 嵐 【初回限定盤】(DVD付)
ドラマ「ようこそ、わが家へ」主題歌 「青空の下、キミのとなり」/ 嵐 【通常盤】


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7054/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/419207492.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ようこそ、わが家へ 「妹は絶対に守る!卑劣なストーカーと直接対決!」

倉田健太(相葉雅紀)は、神取明日香(沢尻エリカ)が怪我した事件をヒント、彼女の協力を得て、タクシー会社に問合せ、当日、倉田家付近で怪しい人物を乗せたと情報をゲットします健太たちは、その人物が降車した場所へいくと、見覚えある人物。七菜(有村架純)の元カレ、辻本正輝(藤井流星)だったのでした。その七菜のストーカーはガス(子猫)をポストに入れたことも知ってたみたいですね。ところが、肝心な七菜(有村...

【ようこそ、わが家へ】第6話 感想(ツイートまとめ)

もう決着つけよう。 これが終わらないと七菜だって先のこと考えらんないだろう? でも危ないんじゃない? 大丈夫だよ。 相手の顔を見てやるだけだから。 別に捕まえるわけじゃない。 お母さんは予定どおり旅行に 行ってくれればいいから。 七菜も自分の部屋でじっとしてればいい。 親父。 俺たちでやろう。俺たちでこの家守ろう。 ようこそ、わが家へ 第6話...

ようこそ、わが家へ #06

『妹は絶対に守る!卑劣なストーカーと直接対決!』

ようこそ、わが家へ 第6話

健太(相葉雅紀)と明日香(沢尻エリカ)はストーカーの足取りを追い、七菜(有村架純)の元カレ・辻本(藤井流星)に辿り着きます。 2人は辻本に、倉田家への嫌がらせと七菜ヘのストーカー行為を辞めるように詰め寄りますが、彼から返って来た返事は思いがけないものでした。 もしかして、辻本は七菜を守っているの? その頃、太一(寺尾聰)の勤める会社では、倉庫に在庫がなかった商品が見つかって...

ようこそ、わが家へ 第6話

「妹は絶対に守る!卑劣なストーカーと直接対決!」 内容 防犯カメラ映像をきっかけに、倉田家近くでタクシーを降りた乗客がいたと判明。 健太(相葉雅紀)と明日香(沢尻エリカ)が調べていくと、 七菜(有村架純)の元恋人・辻本(藤井流星)に辿り着く。 さまざまな...

だってボクはお兄ちゃんだから(相葉雅紀)泣き濡れてシャワー(有村架純)彼と彼の妹と私(沢尻エリカ)彼と彼の彼女と私(足立梨花)LOVE理論(清野菜名)

おいっ。 いや・・・あくまで前フリ枠内で処理しますので。 「素敵な選TAXI」のウエイトレス関カンナ役の清野菜名がキャバクラ・ピカレスクの新人キャバクラ嬢・桐谷怜子を演じる「LOVE理論」(テレビ東京)・・・。 「ようこそ、わが家へ」から「LOVE理論」というのが今季の月曜日である。家人も推している

「ようこそ、わが家へ」ストーカーの恐怖6健太は犯人をおびき寄せようとわざと偽の家族旅行の会話を聞かせて犯人をおびき寄せたが逆に犯人に刺され重症を負った

「ようこそ、わが家へ」第6話は防犯ビデオから犯人の足跡を追った健太と明日香だったがその人物は七菜の元カレだった。しかしその元カレは犯行は自分じゃないと否定する。そんな ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR