まれ (第34回・5/7) 感想

朝ドラ まれ

NHK総合・連続テレビ小説『まれ』公式
第6週『母娘キャロットケーキ』『第34回』の感想。


希(土屋太鳳)がかつてケーキコンテストに出場したことを、幸枝(草笛光子)は一徹(葉山奨之)との会話から知る。その夜、希は幸枝になぜ藍子を置いて行ったのか尋ねる。パティシエの世界で一流になるには両方を並立させることは無理だった、と答える幸枝に、希は自分は家族がいちばん大切だと言い切る。日が替わり、市役所に出勤した希は、上司の博之(板尾創路)に呼び出されるが、その手には「辞職願」が握られていて…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

希をおバカさんに見せちゃダメでしょ

デジャヴか?確か、第16回でロールケーキ甲子園の審査員・池畑(小日向文世)に言われた「家族の美味しい笑顔のためにじゃ、プロになれない」ってくだりがあった。そして、今回の希(土屋太鳳)と幸枝(草笛光子)の問答でも、また希は同じことを言って却下されるくだりが描かれた。

ネタの使い回しも如何なものかと思うが、気になるのはこの一件で希の学習能力が乏しいことが見えちゃったこと。何度言っても同じことを繰り返すおバカさんってことが見えちゃった。それも物語が本筋に入る前に。

お蔭で、この先どんどん希が進化・成長したとしてもぜーんぶ嘘っぽく見えちゃう。一番やっちゃいけないことをやっちゃった…

魔女姫人形の語りの汚名返上のチャンスだったのに

今日の徹(大泉洋)と幸枝の会話の中で登場した「魔女姫人形」だが、もっと上手く扱えば物語に深みや神秘性や面白さを添えることが出来たのに、なぜあんな含みのある幸枝の顔のアップのあとに、「辞表(退職願だと思うが)」を送り付けるシーンへ直結しちゃうのか。

今回こそ汚名返上の意味も込めて「魔女姫人形」の語り(戸田恵子)と人形を登場させて、強引に「辞表」を出したくなった心境の変化を丁寧に描いた上で役所で大騒ぎになれ良かったのに、今度も無駄に理由を明日に引っ張る作戦。どうせ、それ程期待していないのだから、時間軸通りに地道にコツコツ描くだけで良いのに…

あとがき

怒りんぼキャラの藍子(常盤貴子)の豹変ぶりにも驚いたし、相変わらず劇中のシーンは若者で溢れ人口密度が高い過疎の村にも笑うしかないです。予想通り、希は市役所を辞めて一子と上京してお菓子学校入学ですね。地道にコツコツの欠片も無かった第34回でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 まれ Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 まれ 上 [Kindle版]
NHK連続テレビ小説 まれ 上
NHK連続テレビ小説「まれ」オリジナルサウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7007/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/418550668.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1週『魔女姫バースデーケーキ』
1 2 3 4 5 6
第2週『告白シュークリーム』
7 8 9 10 11 12
第3週『卒業ロールケーキ』
13 14 15 16 17 18
第4週『さよなら桜もち』
19 20 21 22 23 24
第5週『情熱ミルフィーユ』
25 26 27 28 29 30
第6週『母娘キャロットケーキ』
31 32 33

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

連続テレビ小説「まれ」第34回★勝手に辞表を送りつけた幸枝(草笛光子)

連続テレビ小説「まれ」 第34回(5月7日) 希(土屋太鳳)がかつてケーキコンテストに出場したことを、幸枝(草笛光子)は一徹(葉山奨之)との会話から知る。その夜、希は幸枝になぜ藍子を置いて行ったのか尋ねる。パティシエの世界で一流になるには両方を並立させることは無理だった、と答える幸枝に、希は自分は家族がいちばん大切だと言い切る。日が替わり、市役所に出勤した希は、上司の博之(板尾創路)...

まれ 第34回

内容 サプライズパーティーの準備を進める希(土屋太鳳)幸枝(草笛光子)たち。 藍子(常盤貴子)に隠していたつもりだったが、 ある夜、希は藍子の気持ちを知ることに。 一方、幸枝は一徹(葉山奨之)から、希がコンテストに挑んだことなどを聞き、 希の本心を。。。...

NHK朝ドラ【まれ】 第34回 感想

希(土屋太鳳)がかつてケーキコンテストに出場したことを、幸枝(草笛光子)は 一徹(葉山奨之)との会話から知る。 その夜、希は幸枝になぜ藍子を置いて行ったのか尋ねる。 パティシエの世界で一流になるには両方を並立させることは無理だった、と答える 幸枝に、希は自分は家族がいちばん大切だと言い切る。 日が替わり、市役所に出勤した希は、上司の博之(板尾創路)に呼び出されるが、 その手に...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR