●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

まれ (第30回・5/2) 感想

朝ドラ まれ

NHK総合・連続テレビ小説『まれ』公式
第5週『情熱ミルフィーユ』『第30回』の感想。


文(田中裕子)を連れ弥太郎(中村敦夫)のもとを訪ねる希(土屋太鳳)。修業時代の素行を文から指摘された弥太郎は、希の説得もあって破門を再考することになる。さらに能登体験ツアーの参加者の一人・亜美(梶原ひかり)がやってきて、輪島塗の職人になりたいと申し出る。一方、希にしったされて、もう一度職人を目指す決意を固めた圭太(山崎賢人)は、一子(清水富美加)との東京行きを取りやめ、再び弟子入りをする。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

今一つピンと来なかった希の説得話

その昔にあった自分の夢の温かさを思い出させてくれた圭太(山崎賢人)の夢を応援したいと言った希(土屋太鳳)が今一つピンと来なかった。普通なら、「私も夢を諦めないことにしました」じゃないの?まあ、それでは弥太郎(中村敦夫)の説得にならないから、ああ言う解釈になったのだろうが。

希に説得力を持たせるように描いて来れば…

その前に5分近くも、文(田中裕子)らが弥太郎を説得していたが、あれこれ昔話を持ち出して芋づる式に語られても、そもそもこちらにはそれ程の思いも無い昔話。その上に、あんな小娘(失敬…)に説得され納得するのかと思わせてしまう本作の問題点。

若かろうがヒロインの言葉に説得力を持たせるように描いてこなかったのがいけないのだ。

残念だし納得し難いのは…

全26週だから、今日で約1/5が終わったことになる。起承転結なら “起” が終わった頃か。で、本作が「ヒロインがパティシエールを目指す物語」である(あった?)ことを脳内で白紙にすれば、輪島の住民たちの悲喜交々を描いたことは間違いないし、それはそれで悪いとは思わない。

ただ、残念だし納得し難いのは、ヒロイン自身のことが殆ど描かれた印象が無いこと。多分、多くの視聴者が希のことより、圭太や一子や徹のことを知っているはず。そんな中で、今日の終盤のように取って付けたように「ヒロインがパティシエールを目指す物語」を提示されても困るのだが…

あとがき

ラストの1,2分と予告編を観て、呆れちゃいました。一気にそっちの方向へ持って行くんだなあって。今までのことは忘れて、新たな「ヒロインがパティシエールを目指す物語」が始まると思って、来週から気持ちを切り替えましょうかね。でも、この5週間は何だったんでしょう???

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 まれ Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 まれ 上 [Kindle版]
NHK連続テレビ小説 まれ 上
NHK連続テレビ小説「まれ」オリジナルサウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6987/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/418282320.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1週『魔女姫バースデーケーキ』
1 2 3 4 5 6
第2週『告白シュークリーム』
7 8 9 10 11 12
第3週『卒業ロールケーキ』
13 14 15 16 17 18
第4週『さよなら桜もち』
19 20 21 22 23 24
第5週『情熱ミルフィーユ』
25 26 27 28 29

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まれ 第30回

内容 キミ子(根岸季衣)に文(田中裕子)のことを教えてもらった希(土屋太鳳)は、 文、元治(田中泯)とともに弥太郎(中村敦夫)のもとを説得に訪れた。 昔は、弥太郎も同じだったと、圭太(山崎賢人)を許してやれという文。 そこに、亜美(梶原ひかり)が輪島塗を...

まれ第5週(4.27-5.2)

2002年秋、輪島市への移住希望者の窓口となる津村希@土屋太鳳 だが移住希望者と思われた安西@六角精児の正体は経営コンサルタント、 そうと知らずに紺谷圭太@山崎賢人が内情を教えてしまったところ、 輪島塗の職人たちが引き抜かれてしまい、 責任を問われ、圭太は祖父弥太郎@中村敦夫から破門されてしまう。 一時は蔵本一子@清水富美加と共に東京へ行こうとした圭太だったが、 希の必死の嘆願もあり、再び弥...

【まれ】第5週感想と第4週視聴率&パティシエ編第7週より

最後に登場した草笛光子さんは、藍子のお母さん、つまり希の祖母で、フランスでケーキ

NHK朝ドラ【まれ】 第30回 感想

文(田中裕子)を連れ弥太郎(中村敦夫)のもとを訪ねる希(土屋太鳳)。 修業時代の素行を文から指摘された弥太郎は、希の説得もあって破門を再考する ことになる。 さらに能登体験ツアーの参加者の一人・亜美(梶原ひかり)がやってきて、輪島塗の 職人になりたいと申し出る。 一方、希にしったされて、もう一度職人を目指す決意を固めた圭太(山崎賢人)は、 一子(清水富美加)との東京行きを取り...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR