●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

京都人情捜査ファイル (第1話・4/30) 感想

京都人情捜査ファイル

テレ朝系『京都人情捜査ファイル』公式
第1話『被害者の一番近くにいる警察官たちを、知っていますか?』の感想。


京都府警犯罪被害者支援室の室長・仁美(松下由樹)らは、アパレルメーカーの社員食堂で発生した食中毒事件の被害者らに対応する。何者かが、食堂のしょうゆ差しに毒キノコの成分を混入し、社員の藤川が亡くなっていた。しかし、他の被害者はなぜか支援の申し出を拒否する。不審を抱いた室員の戸隠(高橋克典)は、藤川の息子・駿(濱田龍臣)の無念を晴らすために、支援室の裏の顔‘特捜班’として事件を調べ始める。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

先日放送されたSP版とだいぶ印象が変わった

先日(4/25)放送されたスペシャル版『実在する犯罪被害者支援室の活躍を初ドラマ化!通り魔&身代金誘拐~悲劇の家族を救うため結成された特捜チーム~壊された心、必ず取り返します!』の連ドラ版の第1話が始まった。

SP版は、初期説明が必要だったために、若干間延びした感じはあったものの、物語はそもそも捜査権を持たない “犯罪被害者支援室” に新規配属された主人公・戸隠(高橋克典)が特命で捜査権を発動し、それに疑問を抱きつつも被害者支援をする室長・仁美(松下由樹)との複雑な関係を丁寧に描いた作品だった。

「大江戸捜査網」の現代版

そして今回。SP版を未見だと、どんな印象になったんだろうか。SP版は、ちょっと変わった刑事ドラマとしての面白味があったが、今作は『大江戸捜査網』の現代版って感じで、メインの数名の登場人物たちが均等に前に出てきて、各自で潜入捜査して最後はめでたしめでたし。

戸隠のキャラは若干濃くなったものの、その分だけ犯罪被害者支援の要素が薄まってしまった。まあ、全体的な仕上がりは、カット割りも意外に凝ってるし、音楽の付け方もキメ所でちゃんと鳴るし、物語よりもキャラ重視な点も、正に勧善懲悪の時代劇風。これはこれでアリだと思う。

あとがき

ここまで “秘密捜査員・隠密同心たち” が活躍するドラマになるとは思いませんでした。個人的には、SP版のノリの方が好みですが、平日の20時スタートの連ドラと考えると、勧善懲悪の時代劇風な仕上がりが合っていると思います。
ただ、出来ればもう少しストーリーで魅せて欲しかったです。次回に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6980/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/418223103.html でも、TB受付けております。

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

京都人情捜査ファイル File.1

「被害者の一番近くにいる警察官たちを、知っていますか?」 内容 アパレルメーカー“グローバルシーン”の社員食堂で 毒キノコを利用した集団食中毒事件が発生した。そのうちの一人が死亡。 犯罪被害者支援室室長の仁美(松下由樹)は、戸隠(高橋克典)らに、死 亡した...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR