映画「シンデレラ(日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし

映画「シンデレラ(日本語字幕版)」
映画 『シンデレラ(日本語字幕版)』 公式)を本日、劇場鑑賞。採点は何とか ★★★★ (5点満点で4点)。100点満点なら78点にします。


ざっくりストーリー

幼い頃に母を亡くしたエラ(リリー・ジェームズ)は、貿易商を営む父の再婚で、継母トレメイン夫人とその連れ子である姉妹ドリゼラとアナスタシアと暮らすことになった。だが、父親が不慮の事故で急死し、それを機に継母たちから召使のように扱われる。

「勇気と優しさ」が魔法の力になるとの亡き母の教えを胸に、過酷な日々を送っていたエラだったが、ついに苦しさに耐えきれず家を飛び出し、森へと馬を走らせる。そこで城で修行中と言う青年キット(リチャード・マッデン)と出会い心惹かれるが、実はキットは王国の王子だった…

誰もが知る「シンデレラ」のいいとこ取りの実写化

昔からの民間伝承や原作もアニメも超有名な作品の実写化だから、原作に寄り添えば不満も出るのは当然。また、最近のディズニーの名作アニメの実写化は、今まで知られている物語を改変するのが得意技だった。その意味では、本作は意外な程にみんなが知ってる「シンデレラ」に忠実だった。

それも、みんなが「あの名シーンは実写化したらどうなるんだろう?」と言うシーンの寄せ集め的作品に仕上がってる。悪く言えば、あらすじの箇条書きの実写化となるが、私は敢えて「観たいところのいいとこ取り」と言いたい。だって、細かなところは省略し、辻褄も何のそので、次々を名シーンが登場するのだから。

いいとこ取りだけに終わらないのが、最近のディズニー映画。ディズニー・クラシック版とも言うべき王道「シンデレラ」の煌めく世界観を裏切らず、能動的に幸せを勝ち取ろうとするヒロインと、家臣任せにせず主体的に王妃を捜す王子も実に現代的だ。

とにかく、王子に出会わなくても平気な位に強いヒロインと、そのヒロインをグイッと引き寄せる男らしい王子が不思議と新鮮だった。

見た目は新鮮、話は王道。今風ディズニーの実写映画

“観たかったシーンの実写化”に大きく貢献したのが、当然ながらケネス・ブラナー監督のキッチリ&ガッツリした格調高き演出だ。カボチャの馬車が出来上がって言う様は正に「こう来たか!」って感じ。

しかし、映像的な見所は他にもある。豪華絢爛で奥行きと広さを無限に感じさせた舞踏会や、12時の時計の鐘の音と共に美しい馬車がカボチャへ戻るくだりのハラハラするスピード感はお見事。

もちろん演者も負けてない。特に、継母役のケイト・ブランシェットの巧さが光っていた。ドレスを始め衣装、アクセサリー、ヘアメイクも現代風にアレンジされ見た目は新鮮、物語は王道と言う、新たなディズニーのアニメ実写映画に仕上がっていると思う。

あとがき

最近のディズニー映画に共通する、自分の幸せは自分でつかむもの、そのためには “ありのまま” でいることが大切ってお話。辻褄合わせや過去の作品と比較するより、素直に「今どきのディズニー解釈で実写化した映画」として観た方が作品の世界を楽しめると思います。

また、女子憧れのシンデレラ・ストーリーですが、子供や女性だけでなく、オジサン世代でも十分楽しめるエンターテインメントに仕上がっていますので、ご安心を。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
シンデレラ オリジナル・サウンドトラック (2CD)
SCREEN2015年6月号
シンデレラ (竹書房文庫) シャルル・ペロー (著), グリム (著), 和佐田 道子 (翻訳)
アナと雪の女王 / エルサのサプライズ:パーフェクト・デイ ~特別な一日~


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6962/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/417983152.html でも、TB受付けております。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

シンデレラ/同時上映 : アナと雪の女/エルサのサプライズ

いまさらシンデレラを観て何が面白いんだろ?と思いつつ同時上映の短編『アナと雪の女/エルサのサプライズ』観たさに行ってきました。 では、ポチっと。

劇場鑑賞「シンデレラ」

本当の愛を見つける… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201504260000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】シンデレラ オリジナル・サウンドトラック [ パトリック...価格:3,240円(税込、送料込) 【楽天ブックスならいつでも送料無料】spoon. (スプーン)...

シンデレラ

評価:★★★☆【3,5点】(11) シャルル・ペロー版を基にしているのでお子様でも楽しめる。

シンデレラ

英題 CINDERELLA 製作年 2015年 上映時間 1時間45分 脚本 クリス・ワイツ 監督 ケネス・ブラナー 音楽 パトリック・ドイル 出演 リリー・ジェームズ/ケイト・ブランシェット/リチャード・マッデン/デレク・ジャコビ/ベン・チャップリン/ヘイリー・アトウェル/ステラン・...

女子にとっては永遠の憧れ。『シンデレラ』

世界的に古くから親しまれている童話「シンデレラ」を実写化した作品です。

シンデレラ 〜 見習い王子さま

シンデレラ 観てきました。 公式HP 継母と意地悪な姉たちにいじめられていたエラ(シンデレラ) 亡くなった母がエラに託した言葉 ”Have Courage Be Kind ” を胸に意地悪な継母たちと暮らしていますが、辛くなって馬で森を駆けていた時に出...

シンデレラ

誰でも知っている物語なのに、この感動はなんだんだろう。エラ(シンデレラ)の子供の頃から父が再婚するまでを丁寧に描いているのが、説得力をもたせているのだと思う。舞踏会からガラスの靴の持ち主探しが始まるまでにも一波乱あるので、物語としてもすばらしい。優しさと

シンデレラ 字幕

これぞ!!シンデレラ もう大満足です 娘と二人もう〜〜大満足で劇場を出てきました もう〜〜〜〜王道(笑)のシンデレラ シンデレラのテーマは勇気と優しさ ありのままの自分〜 出てました〜 魔法使いのゴッドマザーのヘレナ・ボナム=カーターも 可愛かった カボ...

シンデレラ ★★★★

古くから人々に親しまれている「シンデレラ」の物語を実写化したラブストーリー。継母と義姉妹から冷遇される日々を送っていた女性が、未来を切り開く姿を追い掛ける。メガホンを取るのは、演技派俳優で『ヘンリー五世』などで監督としても高い評価を得ているケネス・ブラ...

シンデレラ(日本語吹替版)  監督/ケネス・ブラナー

【出演】  リリー・ジェームズ   (声:高畑 充希)  ケイト・ブランシェット (声:塩田 朋子)  リチャード・マッデン  (声:城田 優)  ヘレナ・ボナム=カーター(声:朴 璐美) 【ストーリー】 貿易商を営む父親が再婚し、継母とその連れ子で...

映画『シンデレラ』観た(*бωб*)♪

いやぁ〜ほんとに映画館で映画観るの久しぶり。 半年も観てなかった・・・ 『美女と野獣』以来です。 最近になってようやくあれもこれも観たいって気分になってきました。 映画館で観るための時間が前ほどあるわけじゃないなってこともわかっていて、 今後はさらにホントに観たい作品をしぼって出かけたいって思ってます。 なので久々の鑑賞作品はやっぱりはずれの少ないディズニーがいい...

シンデレラ

【CINDERELLA】 2015/04/25公開 アメリカ 105分監督:ケネス・ブラナー出演:ケイト・ブランシェット、リリー・ジェームズ、リチャード・マッデン、ステラン・スカルスガルド、ソフィー・マクシェラ、ホリデイ・グレインジャー、デレク・ジャコビ、ノンソー・アノジー、ベ...

『シンデレラ』 2015年3月28日 ディズニー試写室

『シンデレラ』 を試写会で鑑賞しました。 今日の試写は男性限定での試写であった。 結構人は少なめだった。。。 【ストーリー】  貿易商を営む父親が再婚し、継母とその連れ子である姉妹ドリゼラとアナスタシアと暮らすことになったエラ(リリー・ジェームズ)。だが、父親が不慮の事故で命を落とし、それを機に継母と義理の姉妹からつらく当たられ、召使いのように扱われる毎日を送る。勇気と優しさが魔法の力に...

「シンデレラ」:上質な実写版だけど、主演女優が・・・

映画『シンデレラ』は、公開近くになってからケネス・ブラナーが監督だと知ってびっく

『シンデレラ』(2015)

画面の美しさと音楽の流麗さにうっとり…。おとぎ話の映画化はこうじゃなければ。主役二人にあまり華が感じられませんが、ケイト・ブランシェット扮する継母の憎々しさ、出番僅かながらフェアリ-・ゴッドマザーをチャーミングに演じたヘレナ・ボナム=カーター(実はナレーション兼務だったんですね)の安定感。ディズニーが自社製作のアニメーション映画を実写でリメイクした作品ですが、ディズニーらしいといえばディズニ...

『シンデレラ』('15初鑑賞37・劇場)

☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 4月25日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:40の回を鑑賞。

『シンデレラ』

【CINDERELLA】 2015年/ディズニー/105分 【オフィシャルサイト】 監督:ケネス・ブラナー 出演:イト・ブランシェット:まま母(トレメイン夫人)、リリー・ジェームズ:エラ/シンデレラ、リチャード・マッデン:王子/キット、ステラン・スカルスガルド:大公、ソフィー・マクシェラ:ドリゼラ、ホリデイ・グレインジャー:アナスタシア、デレク・ジャコビ:王、ノンソー・アノジー:キャ...

映画「シンデレラ」

GW中に映画「シンデレラ」を鑑賞しました。

「シンデレラ」

主演のリリー・ジェームズさん、見ているうちに、グレース・ケリーさんのように思えてきた。

[映画][☆☆☆★★]「シンデレラ(2015年)」感想

 世界でもっとも有名な童話の一つ「シンデレラ」を、「マイティ・ソー」のケネス・ブラナー監督、「ダウントン・アビー 〜貴族とメイドと相続人〜」のリリー・ジェームス主演で実写映画化。 グリム兄弟やジャンバッティスタ・バジーレが執筆したものの他に、紀元前1世紀

「シンデレラ」感想♪

童話そのままの「シンデレラ」 うっとりしました〜♡

キラ☆キラの魔法~『シンデレラ』 【字幕版】

 CINDERELLA  両親を亡くしたエラ(リリー・ジェームズ)は、継母(ケイト・ブランシェット)と義 理の姉妹に 「シンデレラ」=灰かぶり姫と呼ばれ、召使同然の扱いを受ける。 辛い日々を送っていたある日のこと、彼女は森で王子(リチャード・マッデン)と 出逢うのだが・・・。  誰もが知っている名作童話 『シンデレラ』 の実写映画化。いや~、素晴らし...

シンデレラ

 だれもが知るディズニーのおとぎ話を忠実に映画化。連休中とあり、小さな子供をつれた親の姿も目立ちました。ディズニー映画にありがちですが、併映の短編アニメ、「アナと雪の女王/エルサのサプライズ」のほうが面白かった。  作品情報 2015年アメリカ映画 監督:…

『シンデレラ』

□作品オフィシャルサイト 「シンデレラ」□監督 ケネス・ブラナー□脚本 クリス・ワイツ□キャスト リリー・ジェームズ、ケイト・ブランシェット、ヘレナ・ボナム・カーター、       リチャード・マッデン、ソフィー・マクシェラ■鑑賞日 5月9日(土)■劇場...

『シンデレラ』

子どものころから好きなディズニーのお話シンデレラ。 アニメではないのでショックは大きいかと思ったのですが、 テレビ版の物を数年前に見ていたので大丈夫でした。 ストーリーはそのままに。衣装が素晴らしかったわ。 エラが舞踏会に着ていったブルーのドレスは、本当...

映画「シンデレラ」感想

ディズニーはアニメや漫画をリアルに落とし込むのが実に上手い。 監督のケネス・ブラナー自身がその事を心得ているのでしょう。ティム・バートンの「アリス・イン・ワンダーランド」のように自分の色を全面に押し出した演出はしていません。 継母が扉を開けるシルエットもアニメのイメージそのまま 窓からのぞく鵞鳥やバルコニーのネズミなど、普通に考えたら明らかにおかしいのに、上手に嘘を...

シンデレラ

シンデレラ '15:米 ◆原題:CINDERELLA ◆監督:ケネス・ブラナー「エージェント:ライアン」「マイティ・ソー」 ◆出演:リリー・ジェームズ、ケイト・ブランシェット、ヘレナ・ボナム=カーター、リチャード・マッデン、ソフィー・マクシェラ、ホリデイ・グレインジ...

シンデレラ

【概略】 過酷な状況の中でも勇気と優しさを忘れないヒロイン・シンデレラが生み出す“奇跡の愛"を圧倒的な映像美で描き出す。 ラブストーリー 誰もが知っているおとぎ話「シンデレラ」をロマンティックにゴージャスに実写化、監督はケネス・ブラナー。ディズニー印だしケネスなら変なの撮らないだろという妙な安心感(誰もが知っている…からこそ、手を抜けないというのもあるけどね)。 ...

シンデレラ

頼れる王子様登場 公式サイト http://www.disney.co.jp/movie/cinderella 監督: ケネス・ブラナー 幼くして母(ヘイリー・アトウェル)を亡くし、彼女の“どんな時で

忘れないうちに姫DVDの感想を。(;´∀`)〜「シンデレラ」&「美女と野獣」〜

えっと実際に見たのは10日以上前です。(おい) とにかく!このドレスが半端なく綺麗で現実離れしてて それが見たかったんですよね〜。(え) だもんだからそこんとこは大大大満足でございました。 いかにも魔法のドレスでございますってな質感がサイコーでございまし...

シンデレラ

ディズニー映画で今、あの不朽の名作・童話。シンデレラを実写版を… という興味から見てみました。 たしかに、目の保養なる、ヒロイン。エラ(リリー・ジェームズ)の美しさと、舞踏会での映え方は圧倒的!で、美男侍女カップルが心楽しく、愛の物語も心楽しく、エンタメ的に満足でした。 個人的には、意地悪な継母を演じてた、オスカー俳優でもあるケイト・ブランシェットが、のびのびと演じてて、興味深か...

シンデレラ(2015)

監督:ケネス・ブラナー 出演:ケイト・ブランシェット、リリー・ジェームズ、リチャード・マッデン、ステラン・スカルスガルド、ソフィー・マクシェラ、ホリデイ・グレインジャー、デレク・ジャコビ、ノンソー・アノジー、ベン・チャップリン、ヘイリー・アトウェル、ヘ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR