●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

戦う!書店ガール (第1話・4/14) 感想

戦う!書店ガール

フジテレビ系『戦う!書店ガール』公式
第1話(初回15分拡大)『本を愛するふたりが激突!仕事も恋も絶対譲れない!』の感想。
なお、原作小説:碧野圭『書店ガール』シリーズは未読。


老舗書店「ペガサス書房」吉祥寺店の副店長・理子(稲森いずみ)は、仕事にプライドを持って働いてきた40歳の独身女性。ある日、文具会社社長の孫だというお嬢さま・亜紀(渡辺麻友)と、以前同店にいた三田(千葉雄大)が吉祥寺店で働くことに。本を愛する亜紀は初日から店舗の改革を理子に提案し、その遠慮のなさに一同はあぜんとする。そんな中、理子は出版社勤務の恋人・柴田(長谷川朝晴)から久々に食事に誘われる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

書店員さんに対しても…

私は本が好きでリアル書店で買うのも好きだ。書店員の知り合いもいる。そんな目線で見てみると、ちょっと首を傾げたくなることの連続だった。書店の朝があんなのんびり会議が出来る程に暇とは思えないし、レジ打ちも接客もほぼしてい書店員が、本だ、お客さまだと騒ぐのにちょっとイラッと。

社会人としても…

異動したばかりの職場で、自分の好みとやり方をゴリ押しして、コネを使って企画を立ち上げても、処々の準備はぜーんぶ他人任せで、自分の好き勝手やり放題で散らかしっ放し。まあ、そう言う奇抜なキャラ設定なのは解かるが、ここまで見ていて不愉快の連続だとちょっと辛い。

書店閉店の危機感と、亜紀が敏腕書店員なら…

もっと設定に配慮できなかったのだろうか。ペガサス書房吉祥寺店が閉店の危機なのは最後の最後に語られた(冒頭で描けば良いのに)が、最後のテコ入れとして本社の命令ではねっかえりの部下が来て、どうしようもなくベテラン副店長が翻弄されながら、店を再建していくみたいな。

そんなベースに危機感や、亜紀が敏腕店員って設定でもでもあれば、元気が湧いてくるお仕事ドラマになりそうだが、正直元気が出る以前に、ゲンナリしただけだった。

あとがき

主人公・亜紀に共感出来ませんねえ。本への情熱は伝わりますが、「三代目」的言動がどうも鼻について。エピソードも飛び飛びで話の支離滅裂って感じ。あれこれ期待せずに、渡辺麻友さんのファンが楽しむドラマと考えた方が良いのかな。

裏番組次第ですが、第2話で秘かにフェードアウトしそうです。前作『銭の戦争』のハラハラドキドキが懐かしい…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
書店ガール (PHP文芸文庫)
書店ガール 2 最強のふたり (PHP文芸文庫)
書店ガール 3 (PHP文芸文庫)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6915/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/417325902.html でも、TB受付けております。

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

戦う!書店ガール(渡辺麻友)あなた本だけが友達だったのね(稲森いずみ)

「本は親友です」 このこだわりは素晴らしいな。 「ボールはともだち」と同じ領域だからな。 あくまで「本」が友達なのであって・・・作者への敬意はあまりないところが「こだわり」なんだよな。 だからこそ・・・作者が本にひれふすクライマックスは涙が止まらなかったよ。 さて・・・「絶対泣かないと決めた日」シリ

戦う!書店ガール 第1話

西岡理子(稲森いずみ)が副店長を務める老舗のペガサス書店・吉祥寺店に、コネ入社のお嬢様・北村亜紀(渡辺麻友)と三田(千葉雄大)が異動して来ます。 本を愛し、物おじしない性格の亜紀は、希望していた児童書担当に配属されなかったことで、理子に猛抗議します。 理子は、元部下だった三田が戻って来たことを歓迎する一方で、書店の取引先の文具メーカーの会長の孫だという亜紀の態度に面食らいます。 ...

戦う!書店ガール「本を愛するふたりが激突!仕事も恋も絶対譲れない!」

原作は、碧野圭による同名小説。祝・渡辺麻友、ゴールデン・プライム帯の連続ドラマ初主演♪ただ、原作では、新婚さんだったそうで… 「…なるほどね」お互い、純粋に本を愛すれど、北村亜紀(渡辺麻友)と副店長・西岡理子(稲森いずみ)では、23歳と40歳という世代間ギャップや、「コネ入社のお嬢様」と「たたき上げの苦労人」というお互いの境遇の違いから、水と油の関係に。でも、今回は、北村亜紀(渡辺麻友)の若...

「戦う!書店ガール」1 ☆☆

書店あるあるや、メイン2人の対決:副店長(稲森いずみ)vs新任お嬢様(まゆゆ)は楽しく見ていたのですが、ラストの妊娠/略奪愛騒ぎは要らないなー だって絶対違うじゃんw そんな ...

ようこそ、わが家へ&マザーゲーム&戦う!書店ガール一話感想

■ようこそ、わが家へ一話 ホームドラマにストーカー恐怖要素が加わった新しいタイプのドラマ。怖いのか、家族ものなのか、やっぱり怖いんだ?という感じでした。唐突に沢尻エリカが登場していたが、どうやら敵ではないようです。感じのよい雰囲気を出していますが、今後どうなっていくのか? サスペンスなのかホームドラマなのか、どっちになっていくのかも気になります。

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR