ようこそ、わが家へ (第1話・4/13) 感想

ようこそ、わが家へ

フジテレビ系『ようこそ、わが家へ』公式
第1話(初回15分拡大)『恐怖のゲームが今夜始まる』の感想。
なお、原作小説:池井戸潤『ようこそ、わが家へ 』は未読。


売れない商業デザイナーの健太(相葉雅紀)は、父・太一(寺尾聰)、母・珪子(南果歩)、妹・七菜(有村架純)の4人家族。気弱で争い事が苦手な性格は、父親譲りだ。そんな健太が仕事帰りの駅のホームで、割り込み乗車をした男を柄にもなく注意した。その場に居合わせた明日香(沢尻エリカ)も「立派な行為だ」と言うが、その後、健太はその男に尾行されていることに気付く。自宅近くで何とかまいたものの、翌朝、花壇が荒らされていて…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

少々長めだが、15分間の “ツカミ” は見事に成功

冒頭の倉田健太(相葉雅紀)が高栄館の編集長?に叱られオドオドするのが、妙に何かが始まる予感をさせた滑り出し。そして、メインタイトルまでの15分間を健太の語りで自己、家族紹介を経由して、事件の発端からストーキング開始まで、スムーズに流れた。少々長めの “ツカミ” であるはあるが、見事に成功したと思う。

特に、私が気に入った2つのシーンがこちら。1つ目は、健太の少年期に父・太一(寺尾聰)と釣りに行った回想シーン。所々を写真で構成して、2人の緊張した心理状態を “瞬間” を切り取るように魅せたこと。

2つ目は事故の翌朝の荒らされた花壇。花のアップから玄関先の俯瞰カットまで急がず間を持たせ、恐怖感をじっくり醸し出したこと。池井戸潤作品らしい、ありふれた日常の中に突如出現した非日常を巧みに魅せたと思う。うーん、なかなかサスペンス調の演出がいい感じだ。

アバンタイトル後、若干トーンダウンしたのが残念

ただ、アバンタイトル後は若干トーンダウンしたのが残念。正確に言うと、フラグの立て過ぎ、ミスリードの多過ぎが、折角の被害者家族と言う1つの塊を個々に描くことに繋がり、結果として物語全体が散漫な印象になったのが惜しかった。

なぜなら、原作は未読だが、物語の帰着地点は1か所、ストーカーが誰か?しかないのだから、ここまで家族4人それぞれを煽ると、実は『ようこそ、わが家へ』とは全く違った結末になりそうな「そうきたか!?」的なオチなのかとさえ、つまらない疑いさえ思ってしまうから。

想像の域だが、本当の主人公は父親でないのか?

第1話を観る限りでは、主役は健太を演じる相葉さんだが、物語の主人公は寺尾さん演じる太一っぽい。だって、健太は途中から事件を解決する側、探偵風に動き出しちゃってるから。その分、父親のくだりが異常なほど多い。

だとすれば、父親が務めるナカノ電子部品がガッツリと物語の主軸に見せつつ、最後は健太の仕事関係者が逆恨みで真犯人登場して終わる感じだろうか。あくまで想像の域だが。

主人公が健太であることを、もっと魅せて欲しい

だとしたら、いや、そうでなくても、もう少し健太の魅せ方に一工夫欲しいところ。このままだと健太の存在意義がどんどん薄くなりそうだから。そして、珪子(南果歩)と七菜(有村架純)の人物設定が年齢が違うってだけで、ほぼ同じなのも気になる。

全体のサスペンス仕立ては良く出来てるだけに、登場人物の描き方、特に主人公が健太なら、その魅せ方に期待したい。

あとがき

15分間の延長もさほど気にならないほどに面白かったです。私は、ドラマ『バーテンダー』の佐々倉溜を演じた “俳優・相葉雅紀” が好きなんですが、本作はそれを超えそうな予感がしました。特に、時々入る相葉さんの「語り」がとてもドラマの雰囲気を盛り上げていたと思います。

全体の仕上がりも、予想以上の面白さでした。上に書いたように、池井戸潤作品らしい、ありふれた日常の中に突如出現した非日常を巧みに魅せてきたと思います。あとは、W主人公でないなら、きっちり倉田健太の存在感を描いて欲しいと思います。次回に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
ようこそ、わが家へ (小学館文庫) 池井戸 潤 (著)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6912/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/417268984.html でも、TB受付けております。

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ようこそ、わが家へ〜第1話★怖っ!

ようこそ、わが家へ〜第1話 ある日のこと、健太(相葉雅紀)は駅のホームで割り込み乗車をしようとした男を注意する。たまたま居合わせた神取明日香(沢尻エリカ)は「とても立派だったと思います」と声を掛けた。誇らしさが込み上げる健太だが、注意された男は、なんと健太を尾行してくる。自宅付近でまくことができたが翌朝、家の花壇の花が無残にもすべて引き抜かれていた。  あの男がやったのだろうかー?疑惑...

ようこそ、わが家へ〜花壇の花、自転車のサドル、仕事の妨害、猫の死骸、そして「楽しそうな家族ですね」

 営業部長・真瀬博樹(竹中直人)の交通費二重受け取り。  太一(寺尾聰)はこれを告発するが、逆に先方との口裏合わせと社内の力関係で、逆に悪者に。土下座を強いられる。  一方、倉田健太(相葉雅紀)は駅のホームで割り込みしようとしていた男を注意したら逆恨み...

「ようこそ、わが家へ」1 ☆☆

ほんとにあの男なのかなあ……? 呑気なタイトルと裏腹に、見えない相手にじわじわと追い詰められていくサスペンスというか。原因の理不尽さがもうホラーの域というか。 事なかれ ...

ようこそ、わが家へ 「恐怖のゲームが今夜始まる」

今回は、時代劇、ならぬ、月9史上初となるサスペンスタッチのホームドラマだそう(原作の主人公は、お父さんの倉田太一@寺尾聡、なんですってね)ただ、惜しむらくは、個人的に、タイミングがビミョー。非常に現代的な、不安や薄気味悪さをサスペンスタッチで描いてるだけに、気持ちが弱ってる分、その刺激に、やや引き気味な私…理不尽の嵐なれど、最後には、爽快をお約束の池井戸潤だし、キャスティングも魅力的、たぶん...

「ようこそ、わが家へ」第1話 感想

 演出のせいか「世にも奇妙な物語」っぽい感じがすると思いました。  あんな風に電車のホームで注意した事で、家まで追いかけられるって怖い。  でもありそうな気もする。  嫌がらせがどんどんエスカレートしていきそう。

ようこそ、わが家へ 第1話

倉田健太(相葉雅紀)は、父・太一(寺尾聰)、妹・七菜(有村架純)、母・珪子(南果歩)と郊外の一軒家で暮らしています。 健太は人と争うのが苦手で、つい相手に合わせてしまう気弱な青年です。 職業はデザイナーですが、自己主張のない作品ばかりで売れていないです。 健太のこの性格は父・太一譲りのようです。 太一の方も勤めている大手都市銀行の出世レースから脱落して、今は取引先の中...

ようこそ、わが家へ 第1話

「恐怖のゲームが今夜始まる」 内容 デザイナーの倉田健太(相葉雅紀)は、自己主張出来ず、 仕事だけで無く、全てのことで上手くいっていなかった。 その日も、いつものような状態だったのだが、つい勇気を出してしまった。 駅のホームで割り込みしようとしていた男を...

ようこそ、わが家へ #01

『恐怖のゲームが今夜始まる』

ようこそ、わが家へ(相葉雅紀)パンツは見せない(有村架純)そこかしこにある危機(沢尻エリカ)

都会ではホームレスは珍しくない。 下町の商店街によく見かけるホームレスがいたりする。 ある種の病気で顔面が崩れているホームレスと毎日のようにすれちがったりもする。 そういう存在は不気味で恐ろしい。 この世界にはおぞましい現実が確かに存在するのである。 冬の季節に雑居ビルのエレベーター・ホールに蹲るホ

【ようこそ、わが家へ】初回(第1話)感想と視聴率

「恐怖のゲームが今夜始まる」 第1話の視聴率は、13.0%(関東)。 嵐の相葉雅

「ようこそ、わが家へ」ストーカーの恐怖1些細な善意が異常なストーカーの餌食に!遊ぶ相手が見つかったストーカーの恐怖の遊びタイムが開始された

「ようこそ、わが家へ」は池井戸潤原作の「ようこそ、わが家へ」をドラマ化した作品で、ごく平凡な家族がある日ストーカーに狙われる事になり恐怖の毎日と戦う事になったストーリ ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR