ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

ドS刑事 (第1話・4/11) 感想

ドS刑事

日テレ系『ドS刑事』公式
第1話『攻撃系女子とピュア巡査バディの痛快ポリス・コメディー!潜入捜査で女装しなさい』の感想。
なお、原作漫画:七尾与史『ドS刑事』は未読。


川崎青空警察署刑事一課強行犯捜査係にやって来たマヤ(多部未華子)は、悪人をいたぶるのが大好き。着任早々、オタクの立てこもり犯・田中(波岡一喜)を精神的に追い込んで逮捕させたマヤに、課長の不二子(吉田羊)は渋い顔だ。そんな折、廃工場で殺人事件が発生。第一発見者で交番勤務の代官山(大倉忠義)を強引な手段で自らのバディとしたマヤは、組織の慣例を無視して捜査を始め、素直な代官山は彼女に振り回されてしまう。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

「デカワンコ」みたいなのを期待したのがバカだった

『土曜ドラマ』枠だし、演出も中島悟氏だし、何より主演が多部未華子さんで異色のキャラの刑事ドラマと言うから、あの名作ドラマ『デカワンコ』並の仕上がりを期待した。『2015年4月期 / 春ドラマの期待度』でも、星5つ★★★★★の満点の大本命作品だ。

しかし、第1話を観る限りでは、残念ながら本作に対しても「柳の下の二匹目のドジョウはいなかった」と言わざるを得なかった。

なぜ期待ハズレだったのか、その3つの理由

そう感じた理由は3つ。1つは多部さんを始めとした俳優陣が劇画チックなキャラを演じ過ぎて、全体のトーンがオジサンの私にはお子様向け過ぎて、ノリに乗り難かったこと。

2つ目は、タイトルにもある『ドS』の部分が素直に笑えなかったこと。作り手からの笑い所のプッシュはあるのに、あればあるほどスッキリしないと言うか、いやな気持になると言うか。そう、嫌がらせやいじめの類を連想してしまうのだ。これについては、私の最大の懸念材料であった脚本家・川崎いづみ氏との相性の悪さが原因だと思う。

そして3つ目。これも脚本だが、第1話の割に初期設定の説明がチグハグに思えたこと。詳しく言えば。本作は絶対にあり得ないフィクションの世界のちょっとブラック色のコメディ刑事ドラマのはず。警察組織や捜査の真実味なんて大して重要でないのにそこは妙にリアルに描き込んで、肝心のナンセンスで笑える部分が手抜き状態では困るのだ。

普通「ドS刑事」の題名と配役なら、こう考えるのでは?

普通、『ドS刑事』のタイトルと、多部さんが主演で主人公のドSな刑事で、上司にキャリア刑事で吉田羊さんがいて、バディが大倉忠義さんの配役から想像すれば、主人公はドSで型破りだけどキュートな黒井マヤ、大倉さんはじめ男たちがマヤに翻弄されて、お局様かお嬢様キャラの吉田さんと対決ってのが定番だと思う。

もちろん、すべて私の勝手な推測だし、原作があるのだからしょうがないが、間違いないのは本作が悉くこれと違うこと。普通につくれば楽しいドラマになったのでは?

あとがき

期待度が高かっただけに、すごーく残念な第1話でした。ギャグも空回り気味で多部さんや大倉さんが痛々しく見えちゃいました。
犯人を追い詰めて行くくだりは、なかなか個性的だと思いますが、もっとテンポを良くして、言葉や態度以外でもっと「ドS」を前面に押し出さないと、ただの「生意気」にしか見えません。次回に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
ドS刑事 シリーズ3冊セット【電子版限定】
ドS刑事 風が吹けば桶屋が儲かる殺人事件
ドS刑事 朱に交われば赤くなる殺人事件 (幻冬舎文庫)
ドS刑事 三つ子の魂百まで殺人事件


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6908/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/417220803.html でも、TB受付けております。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

ドS刑事「攻撃系女子とピュア巡査バディの痛快ポリス・コメディー!潜入捜査で女装しなさい」

原作は、七尾与史の同名小説を基にした、ポリスコメディーデカワンコでゴスロリを着こなして、超人的・嗅覚を活かした、荒唐無稽な多部ちゃんも楽しかったけれど、人の困った顔を見るのが大好きという“ドS刑事”黒井マヤ役で新境地。相棒で振り回される、交番勤務の巡査・代官山脩介(大倉忠義)も、よく合ってた気がしました。でも、初回から女装させられてしまうとは! (^^;)コメディのお約束感がたっぷりで、個人...

ドS刑事 #01

『攻撃系女子とピュア巡査バディの痛快ポリス・コメディー!潜入捜査で女装しなさい』

ドS刑事 第1話

川崎青空警察署刑事一課強行犯捜査係に着任した巡査部長・黒井マヤ(多部未華子)は早速、人質立てこもり事件の現場に出向き、犯人の深い過去を暴き立て、あっと言う間に事件を解決しました。 マヤの得意技は、相手の情報を調べ尽くし、それを武器に犯人を追い詰めるというドS技ですねw ある夜、交番の巡査・代官山脩介(大倉忠義)の元に、廃工場で不良たちが暴れていると通報が入ります。 そこは色...

ドS刑事どえ~す(多部未華子)私は貴女の玩具でございます(大倉忠義)

さて・・・春ドラマの幕開けである。 (月)未定 (火)未定 (水)未定 (木)未定 (金)「アルジャーノンに花束を」 (土)未定 (日)「花燃ゆ」 ・・・だけどな。 「花」がかぶってるな。 春だからな。 コレは・・・確定じゃないのか。 (水)(木)の裏表と・・・(土)の裏がな・・・。 しかし・・・(

ドS刑事 第1話

「攻撃系女子とピュア巡査バディの痛快ポリス・コメディー!潜入捜査で女装しなさい」 内容 田中(波岡一喜)という男が、人質を取って、ビルに立てこもっていた。 フィギュアが欲しいらしいのだが、 川崎青空警察署刑事一課強行犯捜査係の白金不二子(吉田羊)らの説...

「ドS刑事」女王様の悪人退治1マヤは代官山を自らの部下とし最初の事件で犯人の男たちを巧みな言葉でアッサリ撃沈して見せた

「ドS刑事」は七尾与史原作のドS刑事をドラマ化した作品で、切れ者女刑事が事件の捜査で悪い犯罪者を徹底的に叩きのめすドSぶりを発揮して事件解決して行くストーリーである。精神 ...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: