映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 感想と採点 ※ネタバレなし

映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
映画 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 公式)を本日公開初日に劇場鑑賞。採点は ★★★ ☆☆ (5点満点で3点)。100点満点なら70点にします。


ざっくりストーリー

今でも世界中で大人気のスーパーヒーロー映画『バードマン』で大スターになったが、シリーズ終了後20年、その役を演じた初老の俳優リーガンは仕事も家庭も失っていた。

そこで、彼は再起を賭け、レイモンド・カーヴァーの『愛について語るときに我々の語ること』の脚色・演出・主演でブロードウェイの舞台に立とう挑んでいた。

だが、共演者マイクの困った才能や、薬物依存で疎遠だった娘との深まる溝、評論家たちの酷評によって、どんどん精神的に追い詰められていく。更に、舞台の役柄に自身を重ねながら、自分の中の「超自我」的分身の「バードマン」に煽られ、心身ともに窮地に追い込まれていく…

大きく評価が分かれる作品かも?

本作ほど評価が難しく分かれる作品も、最近珍しいかもしれない。物語の骨格は仕事も家族も失った老いた男が、再び仕事で成功を願い、家族との絆を取り戻したいと言う、50歳過ぎの男が主人公の普遍的で古典的なものだ。

しかし、本作最大の個性的な面白さは、その初老の男の一世一代の“人生リベンジ”に、自分自身の内面にある超完璧を目指そうとする“超自我=スーパーエゴ”が「バードマン」の豪快で幻想的な姿で現れ、現実の自分にツッコミを入れることだ。

ただ、本作最大の難点は、そのツッコミが日本人が不得手なアメリカンジョークだったり、アメリカの演劇界や映画業界批判に結び付く皮肉だったりして、その分野に興味関心があったり精通してないと、本作の本質的な部分が伝わり難いこと。だから、解かる人は絶賛するし、そうでない人は騒ぐほどでないってなる…

本作の世界観を決定づける撮影と編集技法はお見事

もう1つの本作ならではの面白さに、撮影と編集技法がある。多分、物語自体は1週間程度の話なのだが、それを1カットで見(魅)せてくること。もちろん119分間の作品を1カットで撮影なんて不可能なのだが、計算し尽された撮影と編集によってそう見える。映画としてそう作り込んでるのもスゴイことなのだが…

この撮影と編集技法によって、主人公の現実と妄想の区別が無くなり、もはや2時間全体が“妄想巨編”に仕上がっちゃってること。実際には何十時間も経過し、時間(シーン)も飛んでいるのに、カットが繋がっているように見えることで生まれる錯覚が本作の奇妙さに拍車をかけてる。

撮影監督は『ゼロ・グラビティ』のエマニュエル・ルベツキ。あの作品では数か所疑わしいカットが存在したが(詳しくは感想記事で)、本作ではやり切った感じ。まあ、見事なこの技法も中盤ではすっかり見慣れるが、終盤での飛ぶシーンからオチまで、再びきっちり引き込んでくれる。

あとがき

アカデミー賞作品賞だからと騒ぐほどで無いかな、と言うのが正直なところ。確かに出ずっぱりの主演のマイケル・キートンの演技は素晴らしいし、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督らしからぬブラックドタバタコメディ?に仕上げたのも面白い。ただ、脚本の掘り下げがもっと深かったら…って感じです。

でも、いい映画です。平たい表現ですけど。若い世代から年配まで楽しめる俳優さんが揃ってますし、何より「まだ飛べるんだ」って元気を貰えます。そうそう、即興演奏のドラムサウンドはグッとくること間違いなしです。
ただ、PG12指定なので、親子で行くのは止めておいた方がいいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [Blu-ray]
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) サウンドトラック
インターステラー ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/3枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
ブラック・スワン [Blu-ray]


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6898/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/417093150.html でも、TB受付けております。

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)@TOHOシネマズ六本木ヒルズ

劇場鑑賞「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」

彼は、本物のバードマンになれたのか… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201504100001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】【輸入盤】Birdman [ バードマン あるいは(無知がもたら...価格:2,285円(税込、送料込) 【楽天ブックスならいつでも送料無料】D...

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

ハリウッドの栄光は死んだ時に決まる、あるいは・・・ 公式サイト。原題:Birdman: Or (The Unexpected Virtue of Ignorance) 。アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督。マイケル・キートン、エドワー ...

『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 2015年4月7日 TOHOシネマズ六本木ヒルズ

『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 をジャパンプレミアで鑑賞しました。 ジャパンプレミアとうことで別居問題で騒がれている、米倉涼子と小芝風花が登壇しました。 米倉涼子は好きであるが、あまり喋らない方が良いかもw 【ストーリー】  かつてヒーロー映画『バードマン』で一世を風靡(ふうび)した俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、落ちぶれた今、自分が脚色を手掛けた...

映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」@TOHOシネマズ六本木ヒルズ

 今回私は「ジャパンプレミア試写会」に招かれた。上映前にクリス・ペプラー司会、米倉涼子、小柴風花の舞台挨拶があり、本編上映前からシーンを再現した寸劇やネタバレ的な会話が多く、困ったイベントである。

『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(試写会)

'15.03.23 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(試写会)@20世紀FOX試写室 cocoで当選! いつもありがとうございます┏○ペコ スゴイ見たかったので大喜びで行ってきたー ネタバレありです! 結末にも触れています! 「かつてヒーロー映画...

『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』

映画好きにはたまらん大傑作だ! ただ映画を見るのが好きなだけの映画ファンよりも、業界裏事情まで含めた映画に纏わるもの全てを愛する映画好きにこそ、この映画の魅力は花開く ...

映画:バードマン Birdman 中年の悲哀を全面に出しつつ、噂に違わぬ 超・快?怪作!

来年のアカデミー賞レースに向け、是非に今回観ておきたかった1本。 日本公開のタイトルは「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」とな? NYに着いた翌朝ー番に早速チェック! はじまった瞬間に気付く。 「何か違うわ、これ 」 タイトルのロゴの出方と...

『バードマン あるいは (無知がもたらす予期せぬ奇跡)』Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance) アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督、マイケル・キートン、エマ・ストーン、エドワード・ノートン、ナオミ

注・内容、台詞、ラストについて触れています。『バードマン あるいは (無知がもたらす予期せぬ奇跡)』BIRDMAN OR (THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE)監督

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

評価:★★★☆【3,5点】(11) 嘗て、傑作自虐ネタ映画『その男 ヴァン・ダム』があったが

『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』

超長回し風の撮影と編集半端ない。 2時間のほぼ全てが1カット(に見える)って凄いよね。 舞台が変わろうが時間が変わろうがカメラが追い続けるのなんの。 繋いでいる素材自体が ...

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)★★★★

『バベル』などのアレハンドロ・G・イニャリトゥが監督を務め、落ち目の俳優が現実と幻想のはざまで追い込まれるさまを描いたブラックコメディー。人気の落ちた俳優が、ブロードウェイの舞台で復活しようとする中で、不運と精神的なダメージを重ねていく姿を映す。ヒーロ...

『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』ラストシーンは真実か挑戦か

監督: アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ    キャスト: マイケル・キー…

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

【BIRDMAN OR (THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE)】2015/04/10公開 アメリカ PG12 120分監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ出演:マイケル・キートン、ザック・ガリフィナーキス、エドワード・ノートン、アンドレア・ライズブロー、エイミー・ライアン、エマ・スト...

映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」

映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」を鑑賞しました。

バードマン(2014)ー現代人の病み(或は闇)をえぐり出す!高解像自意識カレイドスコープ

 うーむ…。  簡単に言えば、肥大化する現代人の自我への警鐘というか。それを最大化したようなハリウッドの元ヒーローの人生で物語を形象することで、ドラマとしても尖った面白 ...

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

舞台裏の悪戦苦闘 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/birdman 監督: アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ  「21グラム」 「バベル」 かつてスーパーヒーロ

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

ヒーロー映画「バードマン」で一世を風靡したリーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、そのイメージが払拭できず、鳴かず飛ばずの俳優人生を送っていた。 自分が脚色を手掛けた「愛について語るときに我々の語ること」で再起を懸けようと、ブロードウェイの舞台に立つが、降板した俳優の代役マイク・シャイナー(エドワード・ノートン)に振り回され、薬物リハビリ中の娘サム(エマ・ストーン)とは溝が深まるば...

翔べ! ~『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』

 BIRDMAN OR  (THE UNEXPECTED VIRTUE OF                    IGNORANCE)  かつてアメコミヒーロー映画 『バードマン』 に主演し、一世を風靡したもの の、今は落ちぶれつつある俳優のリーガン(マイケル・キートン)は、再起を かけてブロードウェイの舞台に打って出る。しかし演出・脚本・主演で臨...

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

悪夢も視点を変えればハッピー。  

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

アカデミー賞受賞してなかったら、多分観に行ってなかっただろうな。

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

幻覚らしい映像も入り込んでおり、混沌とした世界を見せられた観客は何がなんだかわからないままに終わってしまう。でも結末はちょっと楽観的だった。アカデミー賞作品賞など4部門を受賞しており、凄さを理解するのに時間がかかった。革命的な映像体験だ。

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) 監督/アレハンドロ・G・イニャリトゥ

【出演】  マイケル・キートン  エマ・ストーン  エドワード・ノートン  ナオミ・ワッツ 【ストーリー】 かつてヒーロー映画『バードマン』で一世を風靡した俳優リーガン・トムソンは、落ちぶれた今、自分が脚色を手掛けた舞台「愛について語るときに我々の語ること...

No.487 バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

第87回アカデミー賞では同年度最多タイの9部門でノミネートされ、作品賞、監督賞を含む4部門を受賞。かつてスーパーヒーロー映画「バードマン」で世界的な人気を博しながらも、現在 ...

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)/マイケル・キートン

第87回アカデミー賞では賞レースの中心的存在であったマイケル・キートン主演のブラック・コメディなダークファタジーなヒューマン・ストーリー。監督は『BIUTIFUL ビューティフル』 ...

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」

ユニークだなあ!

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) Birdman or The Unexpected Virtue of Ignorance

本年度アカデミー賞最多9部門ノミネート。 作品賞、監督賞、脚本賞、撮影賞の4部門で受賞 主演のマイケル・キートンはゴールデングローブ主演男優賞受賞です 前評判もよく、かなり期待して見てきたのですが・・・ 非常にユニークで不思議な映画でした。    ****...

バードマン あるいは(無知がもたらす予知せぬ奇跡)見に行った〜。(;´∀`)

いつもはサブタイトルを何かつけるんだけど、タイトル長すぎ〜。(^_^;)・・・ってそれはどうでもいい。 アカデミー賞の授賞式を見ていた時に妙に印象に残ってしまったのは、 司会をやってたひとがこの映画をパロって、ブリーフ一丁で舞台に出てくるのを通路から撮ってた...

『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』は二兎を追う

 グッとくる題名だ。  『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』。原題は"Birdman: Or (The Unexpected Virtue of Ignorance)"。  映画監督に限らない。創作に携わる人は誰もが「予期せぬ奇跡」を目指していよう。それをもたらすのが無知であることに気づいている人も多い。しかし、それはなかなか手に入らない。だからこそ奇跡なのだ。  そ...

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)・・・・・評価額1750円

バードマンは飛んだのか? メキシコの異才、アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督の最新作は、ブロードウェイの舞台制作を通して、再起をかける落ち目の俳優が、虚構と現実の狭間に迷うシュールでユーモラスなダークファンタジー。 主人公の元ヒーロー映画のスターに、実際にバートン版「バットマン」で知られるマイケル・キートンをキャスティングするという、ダーレン・アロノフスキー的なセンスを取り込みつつ、...

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」☆映像に釘付け

男性版「ブラック・スワン」というべきか。 常に極限に居ることを強いられる人たちにとって、一部の癒しもないヒリヒリした日常から、遂に到達した念願の高みと究極の安らぎの世界。 「ブラック・スワン」はハッピーエンドと感じた私がやや戸惑うラストも、もしかすると役者が望む最高のエンディングを自ら歴史に刻んだという意味でハッピーエンドなのかもしれない。

『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』

□作品オフィシャルサイト 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」□監督・脚本 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ□キャスト マイケル・キートン、ザック・ガリフィナーキス、エドワード・ノートン、       アンドレア・ライズボロー、エ...

『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』

俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、かつて『バードマン』というスーパーヒーローを演じ一世を風靡したものの、シリーズ終了して20年経った今ではすっかり落ち目となってしまった。彼はレイモンド・カーヴァーの小説『愛について語るときに我々の語ること』...

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)/BIRDMAN OR (THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE)

今年のアカデミー賞作品賞ほか最多4部門で受賞のアレハンドロ・ゴンザレスイニャリトゥ監督作品。 「アモーレス・ペロス」や「21グラム」「バベル」「BIUTIFUL ビューティフル」 全編1カットに見せる手法?という驚異の撮影スタイルで描き出し緊迫感の継続...

バードマン

 『バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』を渋谷シネマライズで見ました。 (1)本作(注1)は、本年度のアカデミー賞作品賞を獲得した作品ということで、映画館に行ってきました。  本作の冒頭では、レイモンド・カーヴァーの詩が掲げられ、そしてタイト...

『バードマン』 映画と舞台 微妙な関係

Birdman(viewing film) 落ちぶれたかつてのスターが過去の栄光

映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』感想 ザ・ドラム・ムービー

『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』Birdman or The Unexpected Virtue of Ignorance2014年/アメリカ/120分監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ出演:マイケル・キートン/ ...

再起をかけた男

13日のことですが、映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」を鑑賞しました。 かつてヒーロー映画『バードマン』で一世を風靡した俳優リーガン・トムソンは落ちぶれた今、自分が脚色・演出・主演の舞台に再起を懸けていた。 しかし、降板した俳優の代...

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」

芝居を観るのは体力がいる。昔からずっと感じていた事である。LIVE感というのか、生身の人間のパッションがそのまま迫ってきて、こちらの魂が吸い取られていくような。真剣勝負だ、相討ちだ、と、喉元に刃を突きつけられているような。だから、日常生活の他の場面で体力を最大限に使わなければならなかった私は久しく芝居の世界から遠ざかっていた。もうひとつ、LIVEなので終演時間が読めない、という点が、帰宅時間...

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

評価点:60点/2014年/アメリカ/120分 監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ すくなくとも、私には奇跡は起きなかった。 「バードマン」という超大作ヒーロー映画で映画界のトップに君臨したリーガン・トムソン(マイケル・キートン)だったが、す...

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」本年度アカデミー賞受賞作品です

おススメ度 ☆☆☆☆ 本当の映画好き ☆☆☆☆☆ 本当のとは、映画を見てワクワクすることです。 常識を打ち破ったというか、常道では考えられない展開が続きます。 実際、ベトナム旅行の飛行機でこの映画を見かけたのですが、中国版だったお蔭で、早口でしゃべられた英語に...

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

【概略】 映画シリーズ4作目を断って20年、今も世界中で愛されているスーパーヒーロー“バードマン”。だが、バードマン役でスターになったリーガンは、その後のヒット作に恵まれず、私生活でも結婚に失敗し、失意の日々を送っていた。再起を決意したリーガンは、ブロードウェイの舞台に立とうとしていた。ところが大ケガをした共演者の代役として現れた実力派俳優のマイクに脅かされ、アシスタントに付けた娘のサムと...

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) (Birdman: Or (The Unexpected Virtue of Ignorance))

監督 アレハンドロ・G・イニャリトゥ 主演 マイケル・キートン 2014年 アメリカ映画 119分 ドラマ 採点★★★ 平均寿命から考えると、人生の折り返しってのをとっくに過ぎてしまったミドルエイジ真っ盛りな私。ただまぁ、下の子がまだ小さいってのもあってか、さ…

【映画】バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

JUGEMテーマ:映画館で観た映画 ■あらすじ かつてヒーロー映画『バードマン』で一世を風靡した俳優リーガン・トムソンは、 落ちぶれた今、自分が脚色を手掛けた舞台「愛について語るときに我々の語ること」に再起を懸けていた。 しかし、降板した俳優の代役としてやって来たマイク・シャイナーの才能がリーガンを追い込む。 さらに娘サムとの不仲に苦しみ、リーガンは舞台の役柄に自分自身を投影し始め...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR