●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

まれ (第4回・4/2) 感想

朝ドラ まれ

NHK総合・連続テレビ小説『まれ』公式
第1週『魔女姫バースデーケーキ』『第4回』の感想。


徹(大泉洋)は、元治(田中泯)の塩田で働くことになった。希(松本来夢)は、能登で家族が幸せに暮らすため自分にできる努力をすると、地元の言葉を覚え始める。その夜、藍子(常盤貴子)は、元治は徹が仕事で失敗をしても声を荒げず人間ができていると口にするが、祭りの準備で村の仲間たちが桶作家に集まってくると元治の人格が一変。ふだんの寡黙さが消え声を荒げはじめる。そこに、祭りが中止になる恐れがもたらされ…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

主人公も物語の “超” が付くほど「地道にコツコツ」

第1週目は、ポジティブな感想で行こうと決めたから、まずは良いところを書こう。

とにかく正に “超” が付くほど「地道にコツコツ」と、まずは脇役を紹介、主人公・希(松本来夢)の学校と学友をも紹介、ついでに能登の美しい風景や方言と祭りと風習も紹介、もちろん希の前向きな性格も紹介しながら、取り敢えず父の仕事と家族の住まいを確保しようってことらしい。ホント、話が僅かしか進まない…

4日も続くと飽きてきた “あまちゃん風味”

それにしても、第2回の感想でも書いたこの “あまちゃん風味” はどうなんだろう。『ごちそうさん』『花子とアン』『マッサン』と、どちらかと言えば大人向けの落ち着いた朝ドラを1年半観続けた直後は、個人的に大歓迎ムード一色だったのだが、人間慣れとは恐ろしいもので。4日も続くと飽きてくる。

ちょっと「Eテレ風」過ぎないか?

最初は元気いっぱいで目新しい合唱風で良いなと感じたテーマ曲も、声色を変えて挑んだ斬新な戸田恵子さんの語りも、4日目になると「Eテレ風」なオープニング映像と子ども番組の読み聞かせに聞こえてくる。「地道にコツコツ」の描写も、もう少し話を前に進めてよと言いたくなる。とにかく、土屋太鳳さん登場まで待つか。

「笑わせよう」と「語り過ぎの語り」が気になる

希の子供時代が終われば、上記の「Eテレ風」はかなり薄まると思うのだが、今一番気になることが2つある。1つは、笑わせようとするのは店舗を生み出す要素として良しとしても、私にはほぼすべて滑りまくっていて、演じる俳優さんたちさえ痛々しく見えてしまう。これは視聴者と演者の慣れでクリアしていくのだろうか。

2つ目は、ナレーションに頼り過ぎな脚本、と言うか最近の朝ドラの傾向。モノが喋るのは許容するとしても、今日の15分を見てもナレーションばかり。

先日放送された北陸スペシャル『まれが恋した能登~連続テレビ小説“まれ”放送直前SP』では、まれが人形に悩みを打ち明けたりするようで、益々出番は多くなる。これだけ大勢の演者がいるのだから、体を張った演技でドラマを見たいのだが。

あとがき

私は地上波で観ていますがBS放送だと、来週の月曜から超個性的朝ドラ『あまちゃん』と超個性派俳優・火野正平さんがチャリで旅する『にっぽん縦断 こころ旅』に挟まれて本作が放送されるんですよね。モナカの中の餡子が薄味過ぎないかなあ。地上波だと丁度良いですけど。

第4回ですが、私には全体的に賑やかなのは伝わりますが、楽しさが伝わってこないんですよね。それと話が、主人公がどうなる物語なのか全く見えない。そろそろネタ晴らしなり行先を少し見せてくれると良いと思います。やはりこの “あまちゃん風味” を活かすには土屋太鳳さん登場まで待つしかなさそうです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 まれ Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 まれ 上 [Kindle版]
NHK連続テレビ小説 まれ 上
NHK連続テレビ小説「まれ」オリジナルサウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6872/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/416650854.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1週『魔女姫バースデーケーキ』
1 2 3

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

連続テレビ小説「まれ」第4回★祭りバカ

連続テレビ小説「まれ」 第4回(4月2日) 元治(田中泯)に頼み込んで徹(大泉洋)は、元治(田中泯)の塩田で働くことになった。 一方、地元に馴染もうとして、方言を覚えようと一生懸命の希(松本来夢)。 微妙にずれた方言でも積極的に使う姿がいじらしいし、少し可笑しい。 −◆− 寡黙で誠実な人柄だと思われた元治(田中泯)でしたが、夜になって地元の面々が集まると「祭りバカ」に...

まれ 第4回

内容 希(松本来夢)藍子(常盤貴子)に諭された徹(大泉洋) ようやく、心を入れ替えると宣言し、元治(田中泯)に謝罪。 元治の塩田の手伝いを始める。 一方で、希は、少しでも。。。と。地元の言葉を覚えようと勉強を開始。 そんななか希たちは、いつもの寡黙な元治...

NHK朝ドラ【まれ】 第4回 感想

徹(大泉洋)は、元治(田中泯)の塩田で働くことになった。 希(松本来夢)は、能登で家族が幸せに暮らすため自分にできる努力をすると、地元の 言葉を覚え始める。 その夜、藍子(常盤貴子)は、元治は徹が仕事で失敗をしても声を荒げず人間が できていると口にするが、祭りの準備で村の仲間たちが桶作家に集まってくると 元治の人格が一変。ふだんの寡黙さが消え声を荒げはじめる。 ゜そこに、祭り...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR