残念な夫。 (第10話 最終回・3/25) 感想

フジテレビ系『残念な夫。』公式
第10話/最終回『…ありがとう』の感想。


自分が最低な夫だったと気付き、知里(倉科カナ)に離婚届を手渡した陽一(玉木宏)は、調停の場で知里の要求を全てのむと伝える。さらに、離婚はしても、父親として恥ずかしくない存在でいようと決意し、茂(岸谷五朗)も驚くほど気合を入れて仕事に取り組む。美香(生田絵梨花)のコンクールが1週間後に迫る中、美和子(大塚寧々)は知里が気になり、新潟へ。そして、茂から聞いた陽一の変化について話すが、知里は信じようとしない。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

本作らしい楽しく明るい余韻を残した

絵に書いたようなハッピーエンドだったが、本作らしい明るいエンディングで良かったと思う。流石にこの展開では、いつものようにコミカルな要素をふんだんに盛り込むことはできなったようだが、最後の最後に集約して描いたことも、本作らしい楽しくて明るい余韻を残して良かった。

男は“父親”に覚醒するのに時間がかかる

世間では「残念な夫」より「残念な妻」を描き過ぎると言う意見もあるようだし、私もちょっとその一面があったことは認める。しかし、前回からこの最終回を観て感じたのは、本作が描こうとした「残念な夫」とは、「“父親”に覚醒するのに時間がかかった夫」のことをデフォルメしただけだったような。もちろん良い意味でだ。

女性は我が子をお腹に宿した時から母親としての覚醒し母性も育ち、出産後は母親として生きていけるのだと思う。しかし、男性は自分が父親であることを実感するのが難しいから、最近は「両親学級」などで男性を“父親”に目覚めさせる工夫がされる。

そして、本作は“未熟な父親”だった陽一(玉木宏)が、離婚するしないを通して何とか小さな一歩としての覚醒が出来た、そんな話だったのではないだろうか。その意味で、茂(岸谷五朗)が父親の自覚のある夫として、比較対象で描かれたのも悪くないと思う。

構成もスタッフも散漫になるようになっていた

それでは総括気味に。上に書いたように、こうなると3家族も描く必要性があったか?の疑問に辿り着いていしまう。やはり、由衣(高橋メアリージュン)ら須藤家はもっとお客さん的にあっさり描いた方が、全体がしっかりまとまったのではないだろうか。

また、本作は脚本家2人が交代で、演出家は3(4?)人のリレーで描かれた。コメディタッチは演出家の好みでだいぶ変わるから、せめてどちらか固定したらもっと安定感が増したと思う。ここがホント残念ポイント。

あとがき

今期で家族を扱った『流星ワゴン』や『○○妻』などと比較しても、実はしっかりと夫婦や家族をリアルに掘り下げたドラマだったと思います。ただ、やなりドラマ的には知里(倉科カナ)の夫への裁量がちょっと狭いのが好みが分かれるところだったかもしれません。いずれにせよ、家族って良いなと思えた作品でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
フジテレビ系ドラマ「残念な夫。」オリジナルサウンドトラック
残念な夫。 サウンドトラック(初回生産限定盤)(DVD付)
残念な夫。 単行本 ?山﨑宇子 (脚本)(著), 阿相クミコ (脚本)(著), 沢村光彦 (ノベライズ)(著)
残念な夫。 クリアファイルセット


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6850/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/416263685.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

デート&残念な夫。最終回感想

■デート最終回 このドラマらしい展開の、うまいまとめ方をして終わったなと。前回の逆転の展開も驚いたんだけど、最終回にもってきたんだなと。自分が相手だなんてかわいそうじゃないか!?とお互いを泣きながら想い合う姿をみせつけられて、周りのみんなも確信。このドラマ最大の被害者・、鷲尾くん(中島裕翔)が崩れ落ちる。藪下さん(杏)のノートも凄まじかったけど・・何書いてたんだろね(苦笑) 巧(長谷川博...

残念な夫。 #10 最終回

『…ありがとう』

残念な夫。 第10話(最終回)

「…ありがとう」 内容 離婚調停の中で、知里(倉科カナ)の気持ちに気づいた陽一(玉木宏)は、 知里の要求を飲み、離婚すると、 調停員の月島(温水洋一)直子(須藤理彩)に伝える。 一方、新潟の実家に帰った知里は、 父・仁輔(石倉三郎)母・京子(角替和枝)か...

残念な夫。 - 玉木宏 倉科カナ

残念な夫。 水曜 22:00 フジテレビ 2015年1月14日~ [キャスト] 玉木宏 倉科カナ 黒木啓司(EXILE) 生田絵梨花(乃木坂46) 林遣都 高橋メアリージュン 笛木優子 浅田美代子 大塚寧々 岸谷五朗 ほか [スタッフ] 主題歌: ユニコーン「はいYES!」 ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR