ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


4

お兄ちゃん、ガチャ (第11話・3/21) 感想

日本テレビ系『お兄ちゃん、ガチャ』公式
第11話の感想。
なお、別冊フレンド2015年2月号から作画:千里みこで漫画化、連載開始予定。


ミコ(鈴木梨央)との記憶を取り戻したトイ(岸優太)。トイと四葉(原涼子)は、実の兄妹だったという確信をもつためお互いに記憶の糸をたぐる。同じ頃、レイ(宮近海斗)が過去に縛られた悲劇的なガチャであると聞いたナツコ(木内舞留)は、レイの妹を探し始める。 そして、ついに四葉もトイが自分の兄だと思い出した。ミコは喜ぶ二人を祝福するが、トイを失った寂しさにたえられず―。
---上記のあらすじは[公式サイト]より引用---

人間の愛と死と過去を真面目に楽しく描く本作

今回は最終回へのネタ振りを含めて盛りだくさんの30分。ミコ(鈴木梨央)とトイ(岸優太)、トイと四葉(原涼子)、四葉とジェントル(京本大我)、レイ(宮近海斗)の悲劇的な過去、この4つが同時進行しながら複雑に絡んで、「消去(死)」「前世(過去)」「兄妹(愛)」を本作らしく丁寧に楽しく悲しく描いた。

トイと四葉を励ますミコが力強く格好良かった

特に見事だったのは、過去にお兄ちゃんを失った四葉と四葉との記憶を取り戻したトイの苦悩を、互いに共通の記憶の糸を辿るくだり。なかなか真実に辿り着かないトイと四葉に、もはや「消去」しか行き場の無いジェントルと、真実探しに本腰を入れないトイと四葉を励ますミコが力強く格好良かった。

「(ジェントルは)四葉が幸せになる所を見たかったのよ」
「私だってそう。トイが幸せになる所を見たいから」

そしてついに、公園に埋めたタイムカプセルを見つけ、兄妹の確信を持つ。その瞬間に「消去」を覚悟したジェントルの四葉との記憶に対しての未練の表情と、タイムカプセルにスコップがコツンと当たった時のミコの嬉しくも悲しい表情も忘れられない。

トイを失った強烈な悲しみに耐えられないミコ

四葉から自ら消去される勇気を貰い、一足早く次へ進むジェントル。前向きなジェントルと反対にトイを失った強烈な悲しみに耐えられないミコ。トイの幻まで見てしまう。そして、トイとの楽しい記憶が走馬灯のように浮かんで…

「神様、助けて」
「苦しいよ。神様、苦しいよ。思い出が苦しいの。
  こんなに思い出が苦しいなら、全部忘れたい」

ついにミコは禁断の記憶を消す“赤い錠剤”を飲んでしまう。一方、レイの過去の妹がミコの母・リコ(野村麻純)だったことも解かってくる。リコにはその記憶が無いのだが。

表面的にはありえない世界の兄弟の話なのに、根底にはしっかりと人間が生きていく上で欠かすことのできない愛と死と過去を描いているのが本作のスゴさだ。

あとがき

同局で放送中の『流星ワゴン』より、ずっと真面目に「肉親の愛と死と過去」の関係を掘り下げて描いていると思います。それも本作の方が笑いあり涙ありのバランスがいい。
そして、来週はついに最終回。一体登場人物たち全員がどうなるのか気が気でない。涙涙の感動作を期待してみようと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
お兄ちゃん、ガチャ Blu-ray BOX 豪華版(初回限定生産)
お兄ちゃん、ガチャ Blu-ray BOX 通常版
お兄ちゃん、ガチャ DVD-BOX 豪華版(初回限定生産)
お兄ちゃん、ガチャ<スペシャル版> (1)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6837/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/416043470.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

いやーー今回もおもしろかったですね。
今回は特にレイ君の過去が印象的でしたね。
実は彼は何年もの間ある女性を見守っていたのだという。
レイ君役の子は台詞回しはうまくないのですがその女の子を見つけようと奮闘する夏子お嬢様に見せる暖かな表情、良かったですねー。
トイと四葉には幸せになってもらいたい、でも自分は寂しくて仕方ない。だから忘れてしまったほうが楽。
こんな大人の恋愛ドラマのような感情を見事に表現する鈴木梨央ちゃんの演技の達者なこと。
ジェントルも彼なりの愛情があったわけでさわやかに消えていきましたね。

あと個人的に好きだったのはおにいちゃんSの使うスコップの色がちゃんと5色だったこと!
このドラマのこういう細かい遊び心がいいんですよねー(イグアナのエピソードもしかり。)。
さてどういう風に決着つけるんですかね。
こういう一見そうは見えないけど実は大切なメッセージを含んでいる、っていうのはクドカンさんあたりに似ているのかな、
と思うのですが、本作は野島さんなんですよねー。
いやー野島さん、やっぱりただものでない・・・。

Re: No title

☆Marikoさん
コメントありがとうございます。

私も、スコップの色が良いなと思ったので、記事で「スコップ」に触れました。
細かいところも手抜きなく、その辺が単なるお子様向けでない良さだと思います。

最終回、どうなるんでしょうか。
ハッピーエンドを、野島伸司さんが書いてくれるかな?

No title

こんにちは。
いやーおにいちゃんsの五人は本当にいいですね。
全力で踊り歌っている感じが非常にほほえましいです。
お馬鹿な歌詞のエンディングといい、いい大人が全力で楽しんで作っていることが感じられてすがすがしいです。またそれに同じく全力で応えている若い出演者の方たちが素敵ですわ。
ガチャ、ガチャ、おにーーちゃんーー♪って歌をあんなドヤ顔で歌ってるんですからねーーー。
ばかばかしいことに真面目に取り組む人たちが大好きな私にはたまらないドラマでした。

Re: No title

☆Marikoさん
コメントありがとうございます。

お兄ちゃんズ、良いですね。楽しくて。
ミュージカル仕立ての歌詞がなかなかシュールなのも楽しい。

そして、主題歌がいい。
毎日、頭の中でヘビーローテーションです。
発売しないのが不思議です。
非公開コメント
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: