●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

怪奇恋愛作戦 (第11話・3/20) 感想

テレビ東京系『怪奇恋愛作戦』公式
第11話『鬼神村と七人の生贄・前編』ラテ欄『怖の慰安旅行へ!?呪いの数え唄連続殺人…鬼神伝説の真相!』の感想。
なお、本作のノベライズ本は未読。


三階堂(仲村トオル)の誘いで夏美(麻生久美子)ら7人は鬼神村へ出掛ける。応募もしていないのに当選したツアーで、旅館の女将(高橋ひとみ)からは必ず7人で来るよう言われたらしいが、三階堂は怪しむ気配もない。喫茶面影では、悲別(大倉孝二)がいわく付きの伝説があるという鬼神村の記事を読んでいた。ようやく旅館にたどり着いた一行。夏美らが気味の悪さを感じる中、三階堂は部屋に着いた途端、寝込んでしまう。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

センス抜群の脚本と演出、そして演者たちの名演技

冒頭から笑いの小ネタの連続で、今夜も楽しく進むと思いきや、UNOを忘れてきた一件からドラマはコメディからホラー路線へ一気に転換。

更に、劇場版並の豪華ゲストも多数参加して、夏美(麻生久美子)ら7人と共にグイグイと鬼神村の世界へ視聴者を引き込んでいくケラリーノ・サンドロヴィッチ氏の精密でセンス抜群の脚本と演出、そして演者たちの名演技が冴え渡った40分間だった。

「ゴージャスさ×恐ろしさ×楽しさ」の三位一体

特に、屋外ロケや旅館内のシーンでのカット割りや照明が、時間と予算の限られた深夜ドラマとは思えぬほどの丁寧さと細かさと程良いチープさが堪らなかった。

そして、ほぼすべての主要登場人物たちが惜しみなく次々と無残な死を遂げ退場していく「ゴージャスさ×恐ろしさ×楽しさ」の三位一体。なんかスゴイ前編を観てしまった、そんなワクワク感が心地よい作品だった。

あとがき

さて、ほぼ皆死んじゃいましたよ。来週の後編はどうなるんでしょう。きっと後編は、本作で最も重要な「怪奇×恋愛×コメディー」の部分をキッチリ描き込んでくるのだろうと期待しています。

鬼神村の伝説の謎解き、アラフォー3人娘の恋の行方、そして残(遺)された喫茶面影のメンバーたちの活躍も期待してみたいと思います。今回は、最終回直前と言うことで、私のつたない文章力ですが、目一杯書いてみました。さて、本作の楽しさが伝わったかどうか。興味を持ったら、最終回を是非観て頂きたいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
怪奇恋愛作戦 Blu-ray BOX
怪奇恋愛作戦 DVD BOX
オープニングテーマ - 女王蜂「ヴィーナス」(完全生産限定盤)
エンディングテーマ - 電気グルーヴ「Fallin' Down」(初回生産限定盤)(DVD付)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6836/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/416027266.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「怪奇恋愛作戦」 #11 鬼神村と7人の生贄 前編

 にゃんということでしょう・・・みんな殺されちゃったわ〜( ̄▽ ̄;)アハハ… そしていろんなアレがミックスされている今回のお話。 予想することは意味がないわね。 最終回 ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR