ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

流星ワゴン (第9話・3/15) 感想

TBS系『流星ワゴン』公式
第9話『最終回・前!妻の本音。君を愛してる!!』の感想。
なお、原作小説:重松清『流星ワゴン』は未読。


橋本(吉岡秀隆)から旅の結末を聞いた一雄(西島秀俊)は、最期はありのままの自分で家族と向き合おうと決意。本命の学校の入試前日、広樹(横山幸汰)を誘ってデパートの屋上の観覧車に乗り込み、父親としての助言と愛情をストレートに伝える。翌日、美代子(井川遥)と神社に合格祈願に向かった一雄は、家族が今後どうなるかを話すが信じてもらえない。忠雄(香川照之)とのワゴンの旅の話に至ると、美代子は怒って立ち去る。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

一雄一家の親子と夫婦の関係修復は一区切りか?

まあ、随分と思いっ切り詰め込んだものだ。流石『セミファイナル』と冠するだけある。その位、今回の1時間だけ観れば詰め込み&欲張り過ぎだが、一雄(西島秀俊)一家の部分はそれなりの親子と夫婦の関係修復について一つの区切りをつけてたと言って良いと思う。

二世代の永田親子だけでも良かったような

ただ、観終えて思うのはこう言う展開になるなら、やはり8話分は引っ張り過ぎ、いや無駄なくだりが多過ぎたように思うが。これまでの8話分から橋本親子のパートをガッツリと削って、忠雄(香川照之)と一雄(西島秀俊)一家の部分だけを2時間程度にまとめて、この第9話と最終回で2時間にして、2日連続2時間スペシャルにでも仕立てたら良かったかもしれない。

いよいよ最終回はどうなるのか?

あとは最終回のオチがどうなるか?ってことだが。一雄とチュウさん、一雄一家、そして橋本親子まで大風呂敷を広げた本作。延長無しの通常放送枠で収まるのか、その方が心配だ。

とは言え、逆に1時間で収めるなら、一雄の“妻と息子の未来を変えたい”との忠告は効果を発揮せず、美代子(井川遥)と広樹(横山幸汰)には“一雄と会った感覚”だけが残存し生活に大きな変化はないとするしかないだろう。

戻った過去の努力で未来は変わらない

結局、戻った過去でどんなに努力をしても未来は変わらないのは、橋本親子の一件で既知だから、チュウさんの努力も無になると言うことだ。だが、これでは話が終わらないから、あの過去と未来の両方に存在した「黒ひげ危機一髪」が何か役割を果たすかもしれない。作者のお手並み拝見だ。

あとがき

結局、あれこれやったが未来は変わらず。チュウさんがカズを、橋本(吉岡秀隆)が健太(高木星来)を、要は父の生き霊が息子の生き霊を大きく成長させたと言う、不思議な親子の生き霊たちのお話だったのでしょうか。

そう考えると、橋本親子が拘った“成仏”も腑に落ちますね。それも、一風変わった親子や家族の物語として実に面白い。中盤でもっとそんな感じを覗かせたら楽しくなったかもしれません。最終回、明るい未来が広がるわけではないけれど、3組の父と息子にはハッピーエンドになると良いなと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
流星ワゴン (講談社文庫)
TBS系 日曜劇場「流星ワゴン」オリジナル・サウンドトラック
葡萄 (完全生産限定盤A) サザンオールスターズ
葡萄 (完全生産限定盤B) サザンオールスターズ


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6809/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/415687503.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

流星ワゴン 「最終回・前!妻の本音。君を愛してる!!」

あれあれ、ワゴンカーの橋本(吉岡秀隆)「これが最後」と言いながら、「強く願えば、行くことが出来る」とのこと。そして「永田さんは、死にます」とも。それで腹をくくり、いったんは、チュウさん流で、事が好転したかに見えたのですが、一雄(西島秀俊)は自分流を貫こうと、リトライします。美代子(井川遥)広樹(横山幸汰)に会いたいと願い、辿り着いたのは、広樹の本命試験の前日そして、広樹を連れ出し、以前に一緒...

流星ワゴン 第9話

一雄(西島秀俊)は、やっと良い方向に変わった過去の世界からワゴン車へ戻って来ます。 今度は「自分の言葉で美代子(井川遥)と広樹(横山幸汰)に伝えたい」と話す一雄に、橋本(吉岡秀隆)は、一雄がもうすぐ死んでしまうことを告げるのでした。 この旅が終わる時が一雄の最期だと言う橋本に忠雄(香川照之)は、橋本の首を絞めてやり場のない怒りを露わにします。 しかし、一雄は以前から死を覚悟...

流星ワゴン #09

『最終回前!~妻の本音。君を愛してる!!』

「流星ワゴン」 第9話 最終回前!妻の本音。君を愛してる!!

 う〜む・・・もやもやが濃くなるばかり。 もはや何を描きたかったのかも私にはわからない(ーΩー )ウゥーン そして忠さんは消えてしまったけど、亡くなったの? 後悔抱えたまま ...

【 流星ワゴン 】第9話 感想

できるなら… 昔に戻りたい。 もう一度やり直したいってずっと思ってた。 俺みたいな人って他にもたくさんいるのかな? もしかしたら人間ってみんな、死ぬ前にやり直しの世界に戻るのかな? もしそうだったら私も乗るのよね。 その橋本さんのワゴンに。 できたらそうならない方がいいけど、でも無理だろうな。 後悔の全くない人生を送った人なんて、きっと一人もいないから。 ...

流星ワゴン 第9話

「最終回前!〜妻の本音。君を愛してる!!」 内容 “この旅の終わるときが、永田さんの最期です” 橋本(吉岡秀隆)の言葉に怒る忠雄(香川照之) しかし、すでに覚悟を決めていた一雄(西島秀俊)は、 最後にもう一度だけ、美代子(井川遥)広樹(横山幸汰)に会いたいと...

流星ワゴン #09 簡単感想

公式サイト やっと良い方向に変わったのに、その過去の世界から一雄(西島秀俊)はワ
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: