○○妻 (第9話・3/11) 感想

日本テレビ系『○○妻』公式
第9話『もう何もいらない。おまえさえいてくれれば!遅すぎた夫の決断…』の感想。

【注】本作をを楽しくご覧になった方は、読まない方が良いです。


ひかり(柴咲コウ)は、正純(東山紀之)への気持ちを吹っ切るかのように、懸命に働いている。一方、正純は‘病気療養中’とされたまま、番組は宮沢(要潤)が代役を続けていた。そんな中、局を訪れた正純は、板垣(城田優)に復帰を申し入れる。ところが、板垣が出してきた条件は心外なもので、正純は1日だけ考えさせてくれと返答。心配して正純の部屋を訪ねた愛(蓮佛美沙子)は、何かとひかりの言葉を思い出し、空回りしてしまう。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

感情移入できない登場人物が多過ぎる

「叩いて埃の出ない人間なんているの?」
千春(黒木瞳)のこの台詞、確かに至極当然のことだ。聖人君子みたいな人間なんてあちこちにいるはずがな。誰もが自分勝手な部分を持っていて、それをみんな我慢したり努力して毎日を切磋琢磨して生きているのだと思う。

しかし、いくら未成年者だったとは言え、我が娘が子どもを殺したことを「埃」で片付けるこの千春の感性に怒りさえ覚える。

「私は昔から人様に迷惑かけて生きているから、怖いモノなんてないんだよ」
若い頃の過ちを今は何も無かったように生きる人間がたくさんいる。実はその過ちがトラウマになり生きていかなければいけない被害者もいるのだ。“やり得”“図々しい者が勝ち”のような登場人物に、私は感情移入できない。

物語に“愛”がない

「実は私、福島に引っ越すことになって」
「若い頃みたいに戦争やってる国に(取材に)行く」
放送日が東日本大震災から4年目の大切な日であり、先日ISISに邦人が殺害されたばかりなのに、わざわざ「福島」「戦争」「取材」のキーワードを全く不必要な場面で使用する、この脚本家の“視聴率狙い”に、私は不快感しか覚えない。

まんまと視聴率獲得大作戦に乗っかってる自分

もはや今回が最終回でも良いような“元サヤ”のエンディングに更に落胆せざるを得なかった。放送前から「謎付き妻」で世間を煽り、始まってみると大袈裟な謎は早々に明かして、ひかり(柴咲コウ)と正純(東山紀之)にいろいろあって歪んだ2人のラブストーリーに仕立てていくのが、計算のようだ。

まあ、過去は秘密を持った夫婦が本当の愛を掴むまでの単純な話を、煽って遠回りして描いてるだけと言えばそれまで。だが、ここへやたらと「不快感」を突っ込んでくるのが頂けない。まあ、これが視聴率獲得大作戦で、それに乗ってる私も私なのだが…

あとがき

今さらですが、本作のタイトル『○○妻』でない方が、私を含めてもっと純粋に楽しめた視聴者が多かったのではないでしょうか。『ニュースキャスターの妻』とか裏番組に対抗して『完璧な妻。』とか、単純に『ひかりと正純』とか。あとは、遊川和彦ワールドへの好みの問題だと思います。
正直、最終回もあまり興味がわきませんが、読者の皆さま、不快感の共有をするとしましょうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
日本テレビ系 水曜ドラマ ○○妻 オリジナル・サウンドトラック(仮)
至上の人生 (デジタルミュージックキャンペーン対象商品: 200円クーポン) 椎名林檎
至上の人生 椎名林檎
「家政婦のミタ」Blu-ray BOX


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6793/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/415465414.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

○○妻 #09

『もう何もいらない。おまえさえいてくれれば!遅すぎた夫の決断…』

○○妻 「もう何もいらない。おまえさえいてくれれば!遅すぎた夫の決断…」

最終回前。かなり、とってつけた感のジェットコースター的・話の展開に、やや当惑感を覚えたのは私だけ?ひかり(柴咲コウ)の熱心で誠意ある働きぶりに、とても感謝してた患者さん達が、正純(東山紀之)が病院に現れた際、ある患者が、盗み撮り。ひかりの過去の罪、ともどもブログで暴露し、ネット上で拡散したとたん、急に冷淡になり、正純も、職場で危機に陥るなんて…でも、ひかりの母・千春(黒木瞳)が、今回は、ちょ...

【 ○○妻 】第9話 感想

過去の事はもういい! 俺は、お前を許す。 世界中が駄目って言っても俺だけは許す。 もし神様ってヤツが許さないって言うなら、俺が何時間でも喋り倒してやる。 納得させてやる。分らせてやる。 だから… もう一度俺に「おはよう」「おやすみ」「いただきます」「ごちそうさま」「ただいま」って、 言わせてくれ。 俺に「おはよう」「おやすみ」「いってらっしゃい」「おかえりなさい」って...

「○○妻」第9話★久保田ひかりになってください。井納ひかりさん。

「○○妻」第9話 ひかり(柴咲コウ)は、正純(東山紀之)への気持ちを吹っ切るかのように、懸命に働いている。一方、正純は‘病気療養中’とされたまま、番組は宮沢(要潤)が代役を続けていた。そんな中、局を訪れた正純は、板垣(城田優)に復帰を申し入れる。ところが、板垣が出してきた条件は心外なもので、正純は1日だけ考えさせてくれと返答。心配して正純の部屋を訪ねた愛(蓮佛美沙子)は、何かとひかりの...

○○妻 第9話

ひかり(柴咲コウ)は、ニュースライフを休んで弱気になった正純(東山紀之)を叱咤して、愛(蓮沸美沙子)に彼を任せるのでした。 ひかりは、すべてをふっ切るように看護師の仕事に打ち込むようになります。 正純は仕事復帰のために、ニュースライフのスタジオに向かいますが、板垣(城田優)は上層部の決定に従い、彼を降板させることにしたようです。 正純は復帰させてほしいと土下座しますが、復帰...

○○妻 第9話

「もう何もいらない。おまえさえいてくれれば!遅すぎた夫の決断…」 内容 正純(東山紀之)と別れたひかり(柴咲コウ) 正純も、正式に発表して。。。。 数ヶ月後、ひかりは、看護師として働いていた。 だがそのころには、ニュース番組に正純の正純らしい姿はなく。。...

「〇〇妻」約束有効期限9正純は番組を降板させられひかりは病院を追われた先に正純はそれでもひかりと共に歩む決意を示しひかりはその覚悟を受け入れた

「〇〇妻」第9話はニュースライフを休養している正純を吹っ切るように仕事に励むひかりだったが、どうしてもニュースライフが気になるが正純は復帰できずにいた。そんな中正純は ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR