●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

○○妻 (第8話・3/4) 感想

日本テレビ系『○○妻』公式
第8話『死ぬことさえ許されないなら…最後にあなたの胸で泣かせてください』の感想。

【注】本作をを楽しくご覧になった方は、読まない方が良いです。


病院で意識を取り戻したひかり(柴咲コウ)は、思わぬ人物が助けてくれたことを知る。そんな中、ひかりは手首を切って搬送された大輝(浦上晟周)と遭遇。しかし、ひかりからの連絡で駆け付けた美登利(渡辺真起子)は、自分たち家族には一切関わらないでくれと言い放つ。その夜、成美(平澤宏々路)からの連絡で、大輝が病院からいなくなったと知ったひかりは、大輝を捜し出して生きていてほしいと訴え、その理由を明かす。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

全く説得力のない台詞を並べただけのドラマ

事実上は不可能でないと思うが、第8話のテーマを考えると、ネグレクトで実子を殺したひかり(柴咲コウ)があっと言う間に看護師に再就職して、「命だ、愛だ」と連呼、絶叫しても、わたしには正直何の説得力も無いのだが…。そもそもこの脚本家、看護師って仕事を軽んじているのが腹が立つ。

あとがき

放送前から『○○妻』ってタイトルと、徐々に明かされる妻の謎と言う触れ込みで話題作りをし、第3話位まではそれに則り固定客を確保。その後は方向転換したように話の連続性も無く、あとは固定客を最終回のオチまで何とか引っ張るだけ。

こんな日テレと脚本家の企みは高視聴率となって成功をおさめています。そして、これに加担している自分にも腹が立ってきた、そんな第8話でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
日本テレビ系 水曜ドラマ ○○妻 オリジナル・サウンドトラック(仮)
至上の人生 (デジタルミュージックキャンペーン対象商品: 200円クーポン) 椎名林檎
至上の人生 椎名林檎
「家政婦のミタ」Blu-ray BOX


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6763/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/415070847.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

○○妻 「死ぬことさえ許されないなら…最後にあなたの胸で泣かせてください」

ひかり(柴咲コウ)が、正純(東山紀之)との契約結婚を終え、愛(蓮佛美沙子)のために身を引いたことで、生きる気力を無くした彼女は、交差点で、トラックに…それを助けたのは、なんと、ひかりの母・千春(黒木瞳)でした。幸い、ひかりは軽傷でしたが、千春は腰の骨を折る大怪我。でも、あいかわらずの性格で、ひかりに、どんどん、目星をつけた独身男性を紹介します。(これはユーモア・パートだったのかな?)シリアス...

「○○妻」第8話★言葉はあなたの魂が宿っているあなただけの財産です

「○○妻」第8話 病院で意識を取り戻したひかり(柴咲コウ)は、思わぬ人物が助けてくれたことを知る。そんな中、ひかりは手首を切って搬送された大輝(浦上晟周)と遭遇。しかし、ひかりからの連絡で駆け付けた美登利(渡辺真起子)は、自分たち家族には一切関わらないでくれと言い放つ。その夜、成美(平澤宏々路)からの連絡で、大輝が病院からいなくなったと知ったひかりは、大輝を捜し出して生きていてほしいと...

○○妻 第8話

正純(東山紀之)が愛(蓮沸美沙子)を選んだことに絶望したひかり(柴咲コウ)は、車が行き交うスクランブル交差点に足を踏み出します。 ひかりは、病院で気が付きます。 看護師さんから、ひかりを助けてくれた人を知らされて・・・ 何とその人は、自由奔放に生きているはずのひかりの母・千春(黒木瞳)でした。 ひかりは軽傷でしたが、千春は腰の骨も折っていて重傷でした。 その頃、...

○○妻 #08

『死ぬことさえ許されないなら…最後にあなたの胸で泣かせてください』

【〇〇妻】第8話 感想

家族がダメになってしまった原因は誰か一人のせいじゃなく家族みんなにある。 そして 「ダメ」というのと「おしまい」というのは違う。 生きてさえいれば、家族がおしまいになるなんてことは絶対にあり得ない。 …って 言ってましたよ。 誰が? それは…。 私の尊敬する人です。 ○○妻 第8話      ※主人公の名前をカタカナ表記にして...

○○妻 第8話

「死ぬことさえ許されないなら…最後にあなたの胸で泣かせてください」 内容 正純(東山紀之)が選んだのは。。。。 ショックのあまりひかり(柴咲コウ)は、車の行き交う道路へと。。。 目覚めると。。そこは病院。生きていることに驚くひかりだったが、 助けられたと...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR