デート~恋とはどんなものかしら~ (第7話・3/2) 感想

フジテレビ系『デート~恋とはどんなものかしら~』公式
第7話『親の気持ちを子は知らず!?母の終活決め手は結婚!! 』の感想。


病院で診察を受けた留美(風吹ジュン)から胃潰瘍で簡単な手術を受けることになったと聞いた巧(長谷川博己)は、一安心するも元気がない母を心配する。一方の依子(杏)は、俊雄(松重豊)から小夜子(和久井映見)が胃がんで倒れる前の症状を聞き、留美の状態とそっくりだと気付く。留美が胃がんなのにうそをついていると思う依子は、彼女のために今できることをしようと巧らに提案。手術までに巧と結婚契約書の作成に挑む。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

今回も脚本の時間軸の使い方が見事

前回は、「ドラマのような話」を、ドラマの中でやっちゃった本作。そして、今回は「ドラマでよくある話」を本作らしくアレンジして見事に描いたって感じ。とにかく脚本が見事。高等遊民ならぬ高等技術で時間軸の行き来を上手く活用した。

巧(長谷川博己)が依子(杏)に電話で留美(風吹ジュン)の病状を説明している時の元気な留美までの冒頭の3分程度で、自然に且つしっかりと視聴者各自にオチを定着(想像)させる。視聴者は刑事ドラマの冒頭で犯行現場での真犯人を知ってから、刑事や探偵の謎解きを楽しむ仕掛けと同じだ。

最初にオチを提示して、そこまでの過程を魅せる

あとは、推理や捜査ならぬ、突然母親の死に直面した巧や自身の母親の死を思い出した依子の気持ちに共感させつつ、2人の距離を微妙に調節することで、2人の心の変化や親子の情愛を納得させつつ、最後の最後は予想通りのハッピーエンドで視聴者全員大満足。

オチが解かり易いのでなく、オチを最初に提示して、そこへ至る過程を再構成して2倍の楽しさを生み出す。これこそ脚本の妙。。その上、ラブコメの骨格はきっちり守り抜きながらシリアスなエピソードを違和感なく挿入したり、お約束な部分と非現実的な部分の描き分け、そして全体の絶妙なバランスも素晴らしかった。

あとがき

依子が前回よりも感情を表に出しましたね。当初の理系女子の堅物って感じがだいぶ薄まって、ちょっとおっちょこちょいの真面目なお嫁さん候補って感じになりました。巧の方は相変わらずですが。まあ、今回の話では義母になるかもしれない人の命のお話ですからしょうがないと思いますが、またあのトークバトルを楽しみたいです。

そして、どうでも良いことですが、ちょっと気になること。それはメインタイトルの『デート』を巧と依子が最近してないってこと。時間軸を見てみると、結構頻繁に会ってはいますが、事件が起こってばかりで。また、デートであれこれある回も観てみたいです。
とにかく脚本・演出・演技の完成度の高いドラマでした。来週にも期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
フジテレビ系ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」オリジナルサウンドトラック
あなたに恋をしてみました(初回生産限定盤) / chay
あなたに恋をしてみました(通常盤) / chay
ザ・ピーナッツ・レア・コレクション「ふりむかないで」収録


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6753/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/414952849.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

デート~恋とはどんなものかしら~「親の気持ちを子は知らず!?母の終活決め手は結婚!! 」

今回は、谷口巧(長谷川博己)ママ、留美(風吹ジュン)が体調を崩したことから、巧が、藪下依子(杏)に相談。彼女の勧める病院で、検査をウケた結果、胃潰瘍の手術をすることに。でも、留美の行動が、限りなく終活っぽく、家の権利証を確かめたり、葬儀屋に入ったりするのを見た、一同は不安を募らせ、依子は、自分の母親・小夜子(和久井映見)が亡くなった時のことを思い出し、父・俊雄(松重豊)に相談し、ますます早と...

デート〜恋とはどんなものかしら? 第7話 基本的に家事全般は乙がするものとする。性交渉は週21時間!

 依子(杏)がつくった結婚契約書(笑) ・基本的に家事全般は乙がするものとする。←乙は巧(長谷川博己)www ・朝食のメニューは以下のとおりとする。  月曜日 米飯 豆腐とわかめの味噌汁、鮭の塩焼き、納豆  火曜日 トースト、サラダ、ヨーグルト  ※第二火曜日...

デート〜恋とはどんなものかしら〜第7話★『アバター』は40点。『パシフィック・リム』は70点

デート〜恋とはどんなものかしら〜第7話 病院で診察を受けた留美(風吹ジュン)から胃潰瘍で簡単な手術を受けることになったと聞いた巧(長谷川博己)は、一安心するも元気がない母を心配する。一方の依子(杏)は、俊雄(松重豊)から小夜子(和久井映見)が胃がんで倒れる前の症状を聞き、留美の状態とそっくりだと気付く。留美が胃がんなのにうそをついていると思う依子は、彼女のために今できることをしようと巧らに...

デート~恋とはどんなものかしら~ 第7話

依子(杏)と巧(長谷川博己)は、「結婚契約書」の作成を急いで進めていました。 2人が急ぐのは、留美お母さん(風吹ジュン)が体調を崩したからでした。 依子が紹介した病院で検査を受けた留美は、胃潰瘍と診断されて、良くない場所に潰瘍があるとかで手術することになります。 巧、佳織(国仲涼子)、宗太郎(松尾諭)は、その診断にホッとしますが、不安がよぎった依子は俊雄お父さん(松重豊)に...

デート~恋とはどんなものかしら~ #07

『親の気持ちを子は知らず!?母の終活決め手は結婚!!』

デート〜恋とはどんなものかしら〜 第7話

「親の気持ちを子は知らず!?母の終活決め手は結婚!!」 内容 その日、依子(杏)と巧(長谷川博己)は、結婚契約書の作成を進めていた。 離婚した時のことまで決めるという依子に、巧は閉口気味だが。。。 1月19日。。依子は、役所で婚姻届を手に入れる。 さかのぼ...

「デート 〜恋とはどんなものかしら〜」コミケ障害の付き合い方7依子が提示した結婚契約書を拒否し父親との再会すら拒否した巧は婚姻届すら破棄した

「デート 〜恋とはどんなものかしら〜」第7話は巧の母留美が入院する事になり慌てる巧だったが、依子は冷静にこれはチャンスと巧との結婚へ向けて結婚契約書の作成をする。そして ...

人は誰でも恋をするもの(杏)俺になんの断りもなくいやらしい事しやがって(長谷川博己)

人は自分が愛しているものを貶されると怒りを感じる。 それは本当に愛しているのが自分自身だからである。 「愛するより愛されたい」も「愛されるより愛したい」も嘘で「愛しているものに愛されたい」が本音である。 親が子供を愛し、子供が親を愛するのが原点だからだ。 「恋」は「愛」ではない。 欲しいものを手に入

デート〜恋とはどんなものかしら〜 #07 

公式サイト 藪下依子(杏)と谷口巧(長谷川博己)は、「結婚契約書」の作成を急ピッ

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR