ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

流星ワゴン (第7話・3/1) 感想

TBS系『流星ワゴン』公式
第7話『健太の別れは好かん吹雪の肩車で奇跡を』の感想。
なお、原作小説:重松清『流星ワゴン』は未読。

【注】本作をを楽しくご覧になった方は、読まない方が良いです。


健太(高木星来)が、もう一度、母の花織(中島ひろ子)に会って、自分のことを覚えているか確かめたいと言い出した。橋本(吉岡秀隆)は‘ジョーブツ’することを条件に認めるが、忠雄(香川照之)は橋本の本心は別だと気付く。忠雄からその件を聞いた一雄(西島秀俊)は、橋本が悩んだ末に出した答えなら、尊重すべきだと応じる。翌日、健太と共に花織の家を訪ねた一雄たちは、脚立を踏み外して庭で倒れている花織を発見する。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

「日本中が泣いた」「最高の親子のドラマ」?

今回の感想は、「日本中が健太に泣いた」「今世紀最高の親子のドラマ」とか書くのが一般的だろうが、私は全くそうは思わなかった。前回のラストで描かれた忠雄(香川照之)の緊急の状態とそれを一雄(西島秀俊)がどう受け止めるかを1時間じっくり描くと思ったのに、それは冒頭ちょこっと描いて終わり。

あとは、延々橋本親子の成仏の話。それも、「成仏しろ」「成仏する」の連呼の割に、ちゃっかり戻ってきちゃう。じゃあ、この1話は何だったんだって気持ちにしかならないのだが…

親子の関係修復と言う共通項で、一雄(西島秀俊)と健太の対比したり、全体の描写の丁寧さは認めるが、チュウさんを描くだけじゃダメなのか?

あとがき

泣かせたいのもわかるし、全国の多くの視聴者が泣いたでしょう。あの内容ですから。しかし、流石にチュウさん親子の物語から逸脱しすぎてます。もう、私には2本のオムニバス形式のドラマにしか見えません。ここまで来て離脱するのも嫌だし、サザンの曲は聞きたいので、来週も見ますが。成仏する必要ってあるのかなあ?

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
流星ワゴン (講談社文庫)
TBS系 日曜劇場「流星ワゴン」オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6749/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/414899678.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

流星ワゴン「健太の別れは好かん吹雪の肩車で奇跡を」

チューさん(香川照之)が苦しんでたのは、現実世界の忠雄の容態が悪かったからで、そこは、持ち前の生命力で、無事、元に。そして、今回は、ほぼ丸々、ワゴンカー親子、橋本(吉岡秀隆)の息子、健太(高木星来)の成仏騒動でした。今までの旅で、特に、一雄(西島秀俊)の家に止まった時、彼の母親・澄江(倍賞美津子)が、「どうな時でも、母親は、子供のことを覚えているものよ」発言が、彼の心に残り「もう1度、お母さ...

流星ワゴン #07

『健太の別れは好かん 吹雪の肩車で奇跡を』

【 流星ワゴン 】第7話 感想

わしゃ、こげな別れ方は好かん! 仕方ないだろ。 橋本さんと健太が決めたことだ。 ほいでも好かん! 好かんもんは好かんのんじゃ! だったらどうしろって言うんだ! 俺達の別れはもっと嫌なものになるんだ。 お互い憎しみ合って、でもそれを口にすることもなく、冷たく冷えきったまま 顔を合わせることもないまま、あんたとは死に別れるんだ! それに比べたら、今のなん...

流星ワゴン 第7話

「健太の別れは好かん吹雪の肩車で奇跡を」 内容 父・忠雄(香川照之)の説得を試みた一雄(西島秀俊)だったが、失敗に終わる。 その直後、橋本(吉岡秀隆)の待つワゴンに帰ろうとしていたところ、 忠雄の様子がおかしくなる。 現在の父に何かがあったのではと一雄は...

流星ワゴン 第7話

おじいちゃんの方の忠雄(香川照之)の容体が急変します。 でも、蘇生装置によって奇跡的に持ちこたえます。 澄江(倍賞美津子)はベッドに横たわる忠雄を見つめて、智子(市川実和子)に「一雄(西島秀俊)を待っているんだよ」とつぶやいていました。 同じ頃、生霊の方の忠雄の具合も悪くなっていましたが、心配する一雄と健太(高木星来)をよそに、自分がここにいる意味がわかったと言っていました...

流星ワゴン #07 簡単感想

公式サイト 現実世界の忠雄(香川照之)は容態が急変したものの、蘇生措置によって奇
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: