セカンド・ラブ (第4話・2/27) 感想

テレビ朝日系『セカンド・ラブ』公式
第4話『同棲スキャンダル!!火花散らして』の感想。


学校では、結唯(深田恭子)と高柳(生瀬勝久)の不倫の噂が立つ。生徒たちにも動揺が広がるが、高柳は全職員の前で事実無根だと否定し、結唯に名誉を傷つけたと謝る。結唯は慶(亀梨和也)と暮らし始め、幸せをかみしめつつも、自分がこれまでの生活全てを真理子(麻生祐未)に頼っていたことに気付く。一方、 ダンスの芸術監督・フォルトナー(ベアント・オットー)の通訳を始めた慶は、5年前に自分が踊った演目に結唯を誘う。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

慶の苦悩、葛藤、成長を丁寧に描いた

サブタイトルからは想像できない程の前回からの軌道修正と言うか。W主人公と思いきや、今回の物語はグッと慶(亀梨和也)に重心を置いて、慶の苦悩、葛藤、成長を丁寧に描いた。慶のプチ成功までが若干都合良過ぎたが、この位に慶の内面の変化を描いてくれれば、テレビドラマとして何とか見続けられそうだ。

慶がいない時は家事、いる時はエッチだけの結唯

一方の結唯(深田恭子)のくだりは、慶のストーリーに「慶の夢を叶える女神」の立場で何とか絡んでる感じ。慶が絡まない結唯のエピソードは、見事なまでにただの“夜メロ”状態。相変わらず高柳(生瀬勝久)がいないとつまらないし、慶がいない時は家事を、いる時はエッチだけ。ここが最大の残念ポイント。

あとがき

まあ、「女神」だろうと2人の物語が1つになって描かれているのは悪くないです。個人的には“俳優・亀梨和也”のナチュラルな芝居で平慶の今後を描くだけでも良いように思いますが。でも、“夜メロ”としては次回もまた似たような一騒動が起こるだけみたいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
KISS KISS KISS【初回限定盤1】(DVD付) KAT-TUN
KISS KISS KISS【初回限定盤2】(DVD付) KAT-TUN
白い季節/桜ひとひら(初回生産限定盤) MISIA


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6740/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/414797412.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

セカンド・ラブ 第4話

「同棲スキャンダル!!火花散らして」 内容 一緒に暮らし始めた慶(亀梨和也)と結唯(深田恭子) そんななか、慶の職場に結唯の母・真理子(麻生祐未)が押しかけ、 娘を返してくれと訴えてくる。 一方、結唯は、高柳(生瀬勝久)との関係が噂になり、 職員室で問い正...

西日だけが入る狭い部屋で(亀梨和也)二人だけが幸せだったのだ((深田恭子)

舞台芸術を見て感動したことのない人に「コンテンポラリーダンス」を説明するのは難しい。 「歌舞伎」や「バレエ」、「シェイクススピア」でも「小劇場」でもいい。 とにかく、目の前で「凄いこと」が起きているという衝撃を受けたことのない人にはわからないことがある。 キッドの場合は寺山修司の舞台で目の前でむきだ

セカンド・ラブ「同棲スキャンダル!!火花散らして」

さすが、大人のファンタジー。慶(亀梨和也)にとって、あんまりに屈辱的な… と思われた、通訳の仕事が棚ボタ展開に。もともと、彼の役だったのですから、代役には、最も適役ですよね。いきなり、チャンス到来。今のところ、恋の障害は、学校への結唯(深田恭子)の不倫騒動と、彼女に執着しすぎる、母・真理子(麻生祐未)かな?でも、障害ゆえに、恋の炎はメラメラ…なのでありました (^^;)    (ストーリー)...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR