映画「アメリカン・スナイパー」 感想と採点 ※ネタバレなし

映画「アメリカン・スナイパー」
映画 『アメリカン・スナイパー』 公式)を昨日、劇場鑑賞。採点は余裕の ★★★★ (5点満点で4点)。100点満点なら85点にします。


ざっくりストーリー

アメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズの隊員クリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)は、イラク戦争に狙撃手(スナイパー)として派遣される。彼は、どんな過酷な状況でも必ず仲間を守り抜く並外れた狙撃の精度で“レジェンド”の異名を持つ一方で、敵からは“悪魔”として首に賞金がかけられれ、反乱兵の標的に…

一方、故郷に残してきた家族を愛し、良き夫、良き父でありたいとのジレンマを抱えながら、極限的な緊張状況で標的を殺していく過酷なイラク遠征は4回も続いた。戦地から引き上げ、妻子の元に帰った彼の心はボロボロに傷ついていた。

そこらの戦争映画じゃない

本作は、戦地のリアル感だけを追及したり、戦争の悲惨さだけを描いたり、米国や海軍のプロパガンダ的作品ではない。祖国と家族を愛した男と、その男を愛した女が、戦争によって引き裂かれる純愛ストーリーだ。

静かにじっくりと夫と妻の視点で描かれる

もちろん、ベースになるのは、極限的な緊張の中で冷静に引き金を引き、敵の命を奪い続けるカイルの生き様の物語。しかし、本作の秀逸なところは、それがカイルとカイルの妻・タヤ(シエナ・ミラー)の2つの視点で描かれることだ。

過剰な演出も使わず、お涙頂戴的なエピソードも挟まず、本作が実際の話を基にした作品であることをまるで汚さないかのように静かにじっくりと夫と妻の視点で、戦争が、愛国心が、家族愛が、夫婦愛、そして“生きること”が描かれる。

観終えた観客の私には、それらがズッシリと圧し掛かってくるだけ。「あとは、自分で考えろ」と言わんばかりに…

終盤の30分で、物語は一変する

カイルが何よりも最優先する価値観が、「弱い者や仲間を守る」と言う幼き頃からの父親の教えだ。その価値観の強固さがあるから、160人を射殺し“レジェンド”と呼ばれるまでの米国の狙撃の名手になる。しかし、終盤の30分頃、カイルが4度目の遠征から帰国すると、物語は一変する。

無音のエンドクレジットを見逃すな

帰国後の生活に馴染めないカイルは、「弱い者や仲間を守る」と言い続ける。そして、傷病兵たちのボランティアに参加するのだが、戦争で傷ついた元兵士たちの心の中に「英雄」「伝説」そして「仲間」はおらず、悲劇の結末を迎えてしまう。

決して、無音のエンドクレジットは見逃さないで欲しい。それがクリントイーストウッド監督が本当に伝えたいことだから…

あとがき

2時間過ぎのラストで、異様なまでに淡々と明かされるクリス・カイルの死の原因が衝撃的な作品。それに続く無音のエンドクレジットに、戦争の狂気とその裏側の闇、そして今も戦争の呪縛から逃れられないアメリカの光と影がくっきり見えてくる秀逸な人間ドラマです。

とにかく劇場で観て頂きたい映画です。そして、エンドクレジットが終わるまで、決して席を立たずに作品の余韻を感じ取って頂きたい、そんな映画です。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
アメリカン・スナイパー (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
ネイビー・シールズ最強の狙撃手
アフガン、たった一人の生還 (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ)
ミリオンダラー・ベイビー [DVD]


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6730/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/414686914.html でも、TB受付けております。

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アメリカン・スナイパー

確かなずっしりの見応え。  

アメリカン・スナイパー〜イーストウッドの郷愁

公式サイト。原題:American Sniper。クリス・カイル原作。クリント・イーストウッド監督。ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー、ジェイク・マクドーマン、ルーク・グライムス、ナヴ ...

『アメリカン・スナイパー』 (2014)

深き余韻が刻まれるスナイパーの一生! 従軍し、英雄になった男に、戦争はどんな影響を与えたのか?その心理を垣間見る重い人間ドラマであった。 本作は、映画界の長老クリント・イーストウッド監督作。イラク戦争で公式記録160人を撃ち抜いた最強スナイパー、クリ...

『アメリカン・スナイパー』 2015年2月10日 TOHOシネマズ市川

『アメリカン・スナイパー』 を試写会で鑑賞しました。 珍しく、TOHOの試写会が当たりました 【ストーリー】  イラク戦争に出征した、アメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズの隊員クリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)。スナイパーである彼は、「誰一人残さない」というネイビーシールズのモットーに従うようにして仲間たちを徹底的に援護する。人並み外れた狙撃の精度からレジェンドと称されるが、その一...

アメリカン・スナイパー (試写会)

両極端の場所を行き来する者たち 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/americansniper2月21日公開 原作: ネイビー・シールズ最強の狙撃手 (クリス・カイ

アメリカン・スナイパー

アメリカン・スナイパー@イイノホール

映画「アメリカン・スナイパー」@一ツ橋ホール

 今回、私は「OK Wave」さんにご招待された。試写会の客入りは8~9割位。客年齢は高めで男性客が多い。

劇場鑑賞「アメリカン・スナイパー」

彼は、“英雄”だったのか… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201502210000/ ★アメリカ版★数量限定グッズ★DVD等と一緒にコレクション★アメリカン・スナイパー ブラッド...価格:6,800円(税込、送料別) 【楽天ブックスならいつでも送料無料】ネイビー・シールズ最...

アメリカン・スナイパー

戦闘シーンはまるでドキュメンタリーのような臨場感があり、本国に戻ったときの苦悩はプロの演技によってリアルになっている。さらに、クリス本人が元兵士に殺害されたあとの葬列の映像は一部実際のものが使われているのだと思う。退役軍人のために残りの人生を捧げようとし

アメリカン・スナイパー/ブラッドリー・クーパー

アメリカ軍史上最強の狙撃手と言われた故クリス・カイルの自伝をクリント・イーストウッド監督がブラッドリー・クーパーを主演に映画化した戦争ヒューマンドラマです。短い劇場予 ...

アメリカン・スナイパー

イラク戦争に出征したアメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズの隊員クリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)は、人並み外れた狙撃の精度から“レジェンド”と称され、仲間たちを徹底的に援護する。 4度にわたりイラクに送られたクリスは、故郷に残した妻タヤ( シエナ・ミラー)や子供達を思いながら、スコープをのぞき、引き金を引き、敵の命を奪ってきたが、いつしか心に深い傷を負っていた、、、。 イ...

「アメリカン・スナイパー」American Sniper (2014 WB)

Diana Krall - Why Should I Care うちの奥さんは近ごろサスペンスに凝っていて(怖がりなくせに)先日は「フレンチ・コネクション」、今週はヒッチコックを集中的に。そんな彼女がイーストウッドの「トゥルー・クライム」を見た途端、わたしにメモを渡してきた。「この...

『アメリカン・スナイパー』 ~届け!老番犬の無音の遠吠え~

2014年/アメリカ/132分 監督:クリント・イーストウッド 出演:ブラッドリー・クーパー    シエナ・ミラー ■概要 原題は『American Sniper』。アメリカ製作による2014年の戦争伝記ドラマです。監督は『ジャージー・ボーイズ』の御大クリント・イーストウッド。主演は『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』のブラッドリー・クーパー。第87回アカデミー賞では、残...

肝に銘じなければならない。『アメリカン・スナイパー 』

アメリカ軍で最も強い狙撃手と呼ばれたクリス・カイルの自叙伝を実写化した作品です。

アメリカン・スナイパー

監督はクリント・イーストウッド。 主演は自らプロデューサーとして、 映画化権を得たブラッドリー・クーパー。 彼は役作りのために体重を 大幅に増やしたそうです。 この映画は イラク戦争に4回にわたり遠征、従軍した アメリカ海軍特殊部隊の、 ネイビーシールズ所...

アメリカン・スナイパー

予感はしてたけどとても重い作品でした。 女性や子供まで手榴弾を投げてアメリカの兵士を殺すのですから その前にアメリカ軍は クリス・カイルが撃って殺してしまわないといけない それに一緒に戦ってた戦友の死もあるし・・・ 誰だって心に傷を負いますよね。 戦場で...

アメリカン・スナイパー / American Sniper

アメリカ軍史上最高の狙撃手、アメリカ海軍特殊部隊SEALsのクリス・カイルを描いた作品。 作品では、クリス・カイルが、戦闘によって徐々に心を蝕まれ、そして、退役後、傷痍軍人やPTSDを負った退役軍人たちとの交流で徐々に人間の心を取り戻していく姿が描かれています...

アメリカン・スナイパー・・・・・評価額1800円

スコープの中の戦場。 アメリカのゼロ年代は戦争の時代だ。 2001年の同時多発テロの衝撃から火が付き、アフガニスタンからイラクへと燃え広がっていった戦争は、アラブの政変などの影響を受けつつウィルスの如く変異を重ね、いまだにその出口すら見えていない。 今回、クリント・イーストウッドが描くのは、アメリカ海軍特殊部隊、ネイビー・シールズのスナイパーとしてイラクに派遣され、160人以上を射...

アメリカン・スナイパー

映画『アメリカン・スナイパー』を観た。 劇場で映画を見たのは久々だ。 監督は僕がとても好きなクリント・イーストウッド。 主演はブラッドリー・クーパー。 この映画は、アメリカ海軍特殊部隊ネイビー・シーズルに所属した伝説的なスナイパー(狙撃手)クリス・カイルの伝記を基にした作品。 伝記の映画化権を獲得したのはブラッドリー・クーパー。 ブラッドリー・クーパーといえば、僕の中では『ハング...

『アメリカン・スナイパー』

EDロールに込められたクリス・カイル狙撃手への想い。 イラク戦争においてアメリカ軍史上最多の160人以上を射殺し、アルカイダからは18万ドルの懸賞金を掛けられたネイビーシールズ ...

『アメリカン・スナイパー』(試写会)

'15.02.10 『アメリカン・スナイパー』(試写会)@イイノホール 戦争映画はあまり得意ではないのだけど、この映画は見たいと思っていた。試写会当選したお友達のおこぼれに与って行ってきたー♬ ネタバレありです! 結末にも触れています! 「幼い頃から...

アメリカン・スナイパー

評価:★★★★【4点】(09) 戦争の魔力に憑りつかれていく男の軌跡とくれば

「アメリカン・スナイパー」

2014年・アメリカ/マルパソ=ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズ、他 配給:ワーナー・ブラザース映画 原題:American Sniper 監督:クリント・イーストウッド原作:クリス・カイル、ス

「アメリカン・スナイパー」☆鎮魂

もう戦争映画も出尽くしたと思っていた。 ここまで完璧な映画が、まさかこのタイミングで現れるとは・・・・

アメリカン・スナイパー

最後まで魅入ってしまった。

『アメリカン・スナイパー』体制庇護か反戦か

アメリカン・スナイパー~ AMERICAN SNIPER ~     監督: クリント・イーストウッド    キャスト: ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー、ルーク・グライムス、ジェイク・マクドーマン、ケヴィン・ラーチ、コリー・ハードリクト、ナヴィド・ネガーバン、キー…

『アメリカン・スナイパー』 それは違うよ、モハメッド

 【ネタバレ注意】  スコープの先に男の姿が見える。男は進撃する米軍を観察しながらどこかに電話している。  男の姿が消えると、建物から女性と子供が現れた。親子のようだ。女性が子供に何かを手渡す。スコープ越しに見るそれは、対戦車手榴弾によく似ている。それを抱えた子供が米軍の方へ走り出す。米兵と戦車に向かって、一直線に。  スコープは子供を捉えている。引き金を引きさえすれば、簡単に子供...

アメリカン・スナイパー

今朝は、一日中曇りの天気で・・・

アメリカン・スナイパー ★★★★

アメリカ軍で最も強い狙撃手と呼ばれた、クリス・カイルの自叙伝を実写化したドラマ。アメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズ所属のスナイパーであった彼が、イラク戦争で数々の戦果を挙げながらも心に傷を負っていくさまを見つめる。メガホンを取るのは、『ミリオンダラー...

映画:アメリカン・スナイパー American Sniper 今年のベスト10に確実に絡む 力作・傑作!

流石、イーストウッド。 2時間12分が、あっという間に過ぎてしまう... 生日、ゴダールの84オにも驚いたが,こちらも同い年(笑) 去年は「ジャージー・ボーイズ」、で今年はこんなに強力な一発かよ〜 その前もヤバ過ぎの「グラン・トリノ」、超変化球「ヒア...

アメリカン・スナイパー

【AMERICAN SNIPER】 2015/02/21公開 アメリカ R15+ 132分監督:クリント・イーストウッド出演:ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー、ルーク・グライムス、ジェイク・マクドーマン、ケヴィン・レイス、コリー・ハードリクト、ナヴィド・ネガーバン、キーア・オドネル...

アメリカン・スナイパー

[アメリカン・スナイパー] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:大吉 2015年6本目です。 【あらすじ】 テキサス出身のカウボーイ、クリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)は、1998年にアフリカで起こったアメリカ大使館爆破事件をきっ…

アメリカン・スナイパー

外せないクリント・イーストウッド監督最新作、『アメリカン・スナイパー』を観てきました。 ★★★★★ 戦争の惨状と、戦争によって精神が蝕まれていく兵士の様子。 参戦国であっても、一旦戦地から母国に帰ってきたら平和そのもの。また、戦争をしている裏側では並行して全...

アメリカン・スナイパー

原題 AMERICAN SNIPER 上映時間 132分 映倫 R15+ 原作 クリス・カイル 『ネイビー・シールズ 最強の狙撃手』(原書房刊) 監督 クリント・イーストウッド 出演 ブラッドリー・クーパー/シエナ・ミラー/ルーク・グライムス/ジェイク・マクドーマン 2001年のアメリカ同時...

映画「アメリカン・スナイパー」

3月1日のファーストデーに、映画「アメリカン・スナイパー」を鑑賞しました。

『アメリカン・スナイパー』

□作品オフィシャルサイト 「アメリカン・スナイパー」□監督 クリント・イーストウッド□脚本 ジェイソン・ホール□原作 クリス・カイル、スコット・マクイーウェン、ジム・デフェリス□キャスト ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー、ルーク・グライム、    ...

『アメリカン・スナイパー(AMERICAN SNIPER)』クリント・イーストウッド監督、ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー

注・内容、台詞にふれています。『アメリカン・スナイパー』AMERICAN SNIPER監督 : クリント・イーストウッド物語・イラク戦争に出征した、アメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズの隊員クリス・カ

アメリカン・スナイパー  監督/クリント・イーストウッド

【出演】  ブラッドリー・クーパー  シエナ・ミラー 【ストーリー】 イラク戦争に出征した、アメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズの隊員クリス・カイル。スナイパーである彼は、「誰一人残さない」というネイビーシールズのモットーに従うようにして仲間たちを徹底的...

アメリカン・スナイパー

 『アメリカン・スナイパー』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作がクリント・イーストウッド監督の作品であり(注1)、アカデミー賞作品賞にノミネートされているというので、映画館に行ってきました。  なにしろ、アメリカでは2月には興行成績が3億ドルを突破し...

アメリカン・スナイパー 【劇場で鑑賞】

アメリカ軍最強と言われた実在の狙撃手を描いた 映画で、主演はハングオーバーシリーズなどで 知られるブラッドリー・クーパー、監督は精力的に 映画を製作してくれているのが嬉しいクリント・ イーストウッドが務める『アメリカン・スナイパー』 が公開されましたので観に…

[映画][☆☆☆☆★]「アメリカン・スナイパー」感想

 イラク戦争に4度従軍、160人以上を射殺した伝説の狙撃手クリス・カイルの自伝を、「許されざる者」のクリント・イーストウッド監督、「世界にひとつのプレイブック」のブラッドリー・クーパー主演で映画化。 「ジャージー・ボーイズ」から約半年、またしても名匠がや

「アメリカン・スナイパー」

シンプルに映画に描きとめる。

イラクの英雄、その真実、

6日のことですが、映画「アメリカン・スナイパー」を鑑賞しました。 ネイビーシールズのクリス・カイルはイラク戦争時、狙撃の腕前で多くの仲間を救うが 同時にその存在は敵にも知られ 命を狙われるほどに 故郷いる妻子に対し良き夫 良き父でありたいと願うが、ジレンマ...

アメリカン・スナイパー

【概略】 戦争の狂気に取り憑かれながらも、家族をこよなく愛した男の光と影を描く。 ドラマ 米軍史上最多、160人を射殺したひとりの優しい父親。観る者の心を撃ち抜く、衝撃の実話。 国を愛し、家族を愛し、戦場を愛した男――。 描かれるのは伝説のスナイパー、クリス・カイルの半生。2003年にイラク戦争が始まってから4回に渡り遠征。その常人離れした狙撃の精度は1.9km向こうの...

映画「アメリカン・スナイパー」レビュー(俺、国に帰ったらこの指輪を恋人に渡すんだ)

映画「アメリカン・スナイパー」のブルーレイを見たのでレビュー記事(感想)を書いてみたいと思います。(ネタバレは無しです。)YouTube 映画『アメリカン・スナイパー ...

アメリカン・スナイパー (American Sniper)

監督 クリント・イーストウッド 主演 ブラッドリー・クーパー 2014年 アメリカ映画 133分 ドラマ 採点★★★★ 戦争映画なんか観てると、大抵の戦闘シーンは目視できる敵兵に対し射撃し、撃った弾が当たって死ぬまでをもその目で見てますよねぇ。まさに“殺し合い…

アメリカン・スナイパー

2015年1月までに北米興行成績で2億1700万ドルを記録し、『プライベート・ライアン』の2億1650万ドルを超えてアメリカで公開された戦争映画史上最高の興行収入額となったんですってね。2015年2月には3億ドルを突破 「名作」との呼び声、最初は、「わ~~、観る作品間違えた。戦争映画は苦手だったのに…」だったのですが、主人公の誠実キャラとカリスマ性に惹かれて、最後まで興味深く観ました。...

「アメリカン・スナイパー」

平和ボケ結構。どこに問題があるかわからない。戦いを知らない世代がほとんどを占める現代の日本。どんな宝石よりも光を放っている。観終わった感想の一つはこれだ。クリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)はやんちゃな男兄弟の長男で、テキサスの田舎で育った。厳格な父親から「人間には3種類ある。羊、狼、番犬だ。」と教えられ、番犬となって生きる事を銘としてきた。成長して青年になってから、弟と共にカウボーイと...

コメント

エンドロールが重要
TBありがとうございます。
全く同感です。
激しい戦いシーンの後の無音のエンドロールが自分の頭の中の混乱を収めてくれました。
これは普通のアメリカ万歳映画ではない。アメリカが常に世界の正義であり続けたことに疑問を持つ人が本当はたくさんいる。でもそれを認められないことへの警鐘かなと考えています。深い映画でした。
  • 2015-03-06│09:03 |
  • ミス・マープル URL│
  • [edit]
Re: エンドロールが重要
☆ミス・マープルさん
コメントありがとうございます。

この手の作品は、米国と米軍のプロパガンダ的作品が多いのですが、
本作はアメリカ人が抱えた様々な問題を明確に浮き彫りにした作品でした。
たまに、こういう良作に出会えると嬉しくなります。

これからもよろしくお願いします。
  • 2015-03-06│09:48 |
  • みっきー(管理人) URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR