●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

流星ワゴン (第6話・2/22) 感想

TBS系『流星ワゴン』公式
第6話『チュウさんVS忠さん頑固オヤジを倒せ!!』の感想。
なお、原作小説:重松清『流星ワゴン』は未読。


‘現実’の世界で自分が余命わずかだと知った忠雄(香川照之)は運命を変えようと帰郷する。橋本(吉岡秀隆)から若い忠雄が現在の忠雄(香川=2役)に会えば、時間の流れにゆがみが生じ、やり直しの旅もなかったことになってしまうと忠告された一雄(西島秀俊)は後を追う。すると、忠雄が一雄に、現在の忠雄を説得して病院で検査を受けさせろと命じた。6年ぶりに実家に帰った一雄を、母の澄江(倍賞美津子)は温かく迎えるが…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

昭和、子ども、親子… 狙い過ぎでは?

頑固親父やお節介な近所のおばちゃんが身近にいた古き良き時代の昭和なテイスト。母親への思いを引きずって成仏できずに彷徨い苦悩する子どもの悲しさ。死に際の堅物な父親と親子関係をやり直したい人生が壊れかけた息子の葛藤。どれもしっかりと描かれているのだが、きちんとし過ぎており、作り手のあざとさを感じてのめり込めない。

もちろん、私のような偏屈な受け取り方しかできないのはごく少数なのだろう。多くの人が懐かしみ、涙し、応援しているに違いない。でも、ここまで濃い演技としてやったり的な演出で見せられると、私には視聴者受けを狙い過ぎにしか見えないのだが…

二兎を追う者は一兎をも得ずにならないか?

個人的には今更だが、タイムスリップと死後の世界を同時進行で描く必要ってあるのかな?と思う。特に今回のチュウさん(香川=2役)が忠雄自身の人生を変えようと奔走するくだりを見て感じたのだ。

ここまでタイムスリップのくだりがグッとねじ込まれてきた今、予告編でもチラ見させていたように、この上、健太(高木星来)が成仏するくだりが必要なのか?と。なぜなら、健太が成仏したら橋本(吉岡秀隆)の存在も消えるだろうから、死後の世界の部分は…。

前回までは、前々回まではあくまで水先案内人的な橋本親子だったのに、前回でガッツリと健太を描き、今回でチュウさんを描き、「今を生きる人」以外を濃い味で仕上げているために、少々満腹気味なのは私だけか?

あとがき

原作は未読ですが、チュウさんが自身の人生を変えようと奔走しちゃうと、親子の関係修復と言う共通項での、一雄(西島秀俊)と健太の対比の面白さが薄まってしまうのが残念でした。本作のテーマの1つである「家族」から逸脱してしまうような気がします。

しかし、見方を変えれば、今回が本作の大きな分岐点であり、最終章へのイントロ的な役割を担ったとは思います。ここまで来たら、タイムスリップと死後の世界をどうまとめて壮大なテーマに結び付けるのか、見届けようと思います。それにしても、日曜の夜に演出も演技もちょっとしつこすぎませんかねえ。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
流星ワゴン (講談社文庫)
TBS系 日曜劇場「流星ワゴン」オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6715/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/414510703.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

流星ワゴン「チュウさんVS忠さん頑固オヤジを倒せ!!」

ワゴンに乗ってる坊や、橋本健太(高木星来)の親が再婚して次の家庭を気づいてることを知りながら会わせた、「真実を知ることが肝心なんじゃ」なチュウさん(香川照之)に、一雄(西島秀俊)がキレて、ついに、本物のリアル・忠雄(香川照之)は、がんの発見が手遅れで、今や瀕死な状態なのを告げてしまいます。福山に向かう、チュウさん(二役)。それを追って、一雄と健太も、故郷へと急ぎます。一雄と健太を歓迎してもて...

【 流星ワゴン 】第6話 感想

のう、健太。 何? 死ぬっちゅうのは、どういう感じじゃった? やっぱり、痛いんか? 恐ろしいんか? そんなの思い出したくない! 死んじゃったらいいことなんて一つもないよ。 流星ワゴン 第6話      簡単感想で~~…。 先週の健太の件は、やはり一旦置いておくことになっているらしい…。 ま、あくまでも一旦です。 ...

流星ワゴン #06

『チュウさんvs忠さん 頑固オヤジを倒せ!!』

流星ワゴン 第6話

一雄(西島秀俊)はついに、忠雄(香川照之)が現実世界で今にも死にそうな状態であることを明かしてしまいます。 後悔を消せないまま現実の忠雄が死亡すると、生霊の忠雄は永遠にこの世を彷徨うことになってしまうらしい。 それを知った忠雄は、この時代の自分と接触しようと広島・鞆の浦の家に向かいます。 しかし、老いた忠雄と若い忠雄が出会えば、時間の流れに歪みが生じて、すべてが元に戻される...

「流星ワゴン」 第6話 チュウさん VS 忠さん 頑固オヤジを倒せ!! 

 も〜この頑固じいさん、どうしようもないわ〜 忠さんの方は自分が向き合う問題がわかったようですが・・・ それは多分、意地を張って死ぬまで息子と和解できなかったこと。 で ...

流星ワゴン #06 簡単感想

公式サイト 忠雄(香川照之)が現実世界で今にも死にそうな状態にあることを、とうと

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR