映画「きっと、星のせいじゃない。」 感想と採点 ※ネタバレなし

映画「きっと、星のせいじゃない。」
映画 『きっと、星のせいじゃない』 公式)を昨日の公開初日に劇場鑑賞。採点は ★★★★ (5点満点で4点)。100点満点なら78点にします。


ざっくりストーリー

17歳のヘイゼル・グレース(シャイリーン・ウッドリー)は末期のガン患者。今は奇跡的に薬が効きいているが、学校にも行けず友だちもおらず酸素ボンベが手放せない生活だ。ヘイゼルは親の勧めで嫌々参加したガン患者で、片脚を切断して骨肉腫を克服した18歳のガス(アンセル・エルゴート)と出会う。

ヘイゼルに惹かれたガスだが、ヘイゼルは彼を傷つけまいと距離を置く。ガスは彼女に振り向いて貰おうと、彼女が大好きな小説の作家にメールを送り返事を貰うことに成功する。それがきっかけとなり、ヘイゼルが知りたいと切望する小説の“書かれていない結末”を作家に教えて貰うためにオランダへ行くことに。
お互いに誰よりも好きなのに、2人は“友だち”として旅に出る…

よくある不治の病の男女の悲恋ドラマとは一味違う

予告編や前評判では「また、よくある不治の病を負った若い男女のラブストーリーかな?」とさほど興味は無かったが、何度も予告編で見た主演のシャイリーン・ウッドリーの眼差しの魅力に惹かれて公開初日に劇場へ。

観終えた感想は、予想以上に真面目に「生と死」を捉え、少々哲学的なテイストを挟みながら、ウィットに飛んだエッセンスが散りばめられた気軽に楽しめる、愛と命の物語。「人生を生きるとはどういうことか」を考えさせられた映画だ。

また、中盤に登場する『アンネの日記』とヘイゼルが大好きな小説『大いなる痛み』の両作品に対する結末の解釈も興味深い。

限りある時間の中にも無限がある

所々に気が利いた洒落た台詞が忍ばせてあるのも楽しい。「0と1の間には無限の数字がある。0.1、0.12、0.112…。0と2の間にはもっと大きな無限がある。与えられた以上の数を私は手に入れたい。」とか、「この世は夢工場じゃない」とか。

不治の病を抱え余命幾ばくも無い若い男女の、眩しく輝きエネルギッシュな言葉に、観ているこちらが元気を貰える。限りある時間の中にも無限がある。それが例え小さな無限でも、その瞬間瞬間を精一杯生きる。愛するたった1人に忘れられなければ良いと必死に等身大の自分を相手に見せて。

たかがラブストーリー、されどラブストーリー

全体的に良く出来た脚本だし、演出も悪くない。演技も配役も見事と言って良い。ただ、哲学的な部分が少々雑な感じで尻切れ気味なのと、意外性のあるストーリーではあるが、見方によっては単調だし、泣けるほど強力なインパクトは無い。

ただ、泣ける映画が良いかと言えば、私はそうは思わない。むしろ、若い人たちに本作を通して「人を愛すること」「人生を生きること」を考えるきっかけになれば素晴らしいと思うし、中年世代には若かりし頃の純愛な気持ちを思い出し、パートナーを改めて愛おしく思うのも良いと思う。

あとがき

よくある不治の病の主人公の悲恋物語とは一味違う、ちょっと哲学テイストでポップな愛と命のラブストーリー。登場人物たちがみんな前向きでエネルギッシュに輝きつつも、人生の不条理に悩み苦しみ、今その瞬間を精一杯生きているのが素敵でした。

難病と悲恋を扱った作品ですが、デートムービーでも良いと思います。また、若者向けに見られがちですが大人世代にもお勧めです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
きっと、星のせいじゃない。 (THE FAULT IN OUR STARS) [Blu-ray]
きっと、星のせいじゃない。 Soundtrack
さよならを待つふたりのために (STAMP BOOKS) ペーパーバック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6709/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/414424528.html でも、TB受付けております。

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『きっと、星のせいじゃない。』 2015年2月16日 よみうりホール

『きっと、星のせいじゃない。』 を試写会で鑑賞しました。 映画とは関係ないけど、よみうりホールは久しぶりだった。 どうやら2ヶ月はご無沙汰だったみたい。 【ストーリー】  末期ガンながらも、薬の効果で深刻な状態を免れているヘイゼル(シャイリーン・ウッドリー)。だが、学校にも通えず、友人もできず、酸素ボンべなしでは生活できない。そんな中、ガン患者の集会で骨肉腫を克服したガス(アンセル・エル...

きっと、星のせいじゃない。

きっと、星のせいじゃない。@よみうりホール

試写会「きっと、星のせいじゃない。」

愛と死をみつめて… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201502120001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】きっと、星のせいじゃない。 オリジナル・サウンドトラッ...価格:2,138円(税込、送料込)

きっと、星のせいじゃない。

知ってはならない「アンネの日記」の結末 公式サイト。原題:The Fault in Our Stars。ジョン・グリーン原作、ジョシュ・ブーン監督。シャイリーン・ウッドリー、アンセル・エルゴート、 ...

『きっと、星のせいじゃない』(試写会)

'15.01.20 『きっと、星のせいじゃない』(試写会)@有楽町朝日ホール CheRishさんで当選 いつもありがとうございます! 実はCheRishさんでは『エクソダス』も当たっていたのだけど、体調崩して行けなかった『エクソダス』お声掛けしてキャンセルしてしまった、こぶた...

きっと、星のせいじゃない。

評価:★★★☆【3.5点】(試写会) 試写会が当たりました!去年も当ったけど観に行けなかったから

きっと、星のせいじゃない。

きっと、星のせいじゃない。 '14:米 ◆原題:THE FAULT IN OUR STARS ◆監督:ジョシュ・ブーン ◆出演:シャイリーン・ウッドリー、アンセル・エルゴート、ナット・ウルフ、ローラ・ダーン、サム・トラメル、ウィレム・デフォー、ロッテ・ファービーク、アナ・デラ・...

0と1の間のちいさな無限。〜「きっと、星のせいじゃない」〜

どっちかが余命いくばくもなくてっていうラブストーリーはあれど、どっちもってのは ある意味相当悲しいはなしなんだけども どっちもそういう病だからこそ、誰よりもわかりあえることもあるわけで。ものは考えようで。 誰かに出会って人生が変わるとはよく言うけど、 ...

『きっと、星のせいじゃない。』('15初鑑賞17・劇場)

☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 2月21日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 13:10の回を鑑賞。

きっと、星のせいじゃない

試写会で観ました。 末期ガンに侵されたヘイゼルが、ガン患者の集会で出会ったガスと惹かれあい、残された時間を懸命に生きる望みを見出すみたいなお話でした。不治の病を抱えたカップルのお話ですが、悲しいお話ではないです。前半は2人の出会いから唐突に恋に落ち...

「きっと、星のせいじゃない」☆透き通った涙

清らかで濁りのない、透き通った美しい涙がほろほろと流れる映画。 自分の境遇を後回しにして、残される者に対して愛を注ぐ物語。 湿っぽいお涙頂戴にしないところが、さすがアメリカ☆でも大判ハンカチは最初から用意しておこう!

『きっと、星のせいじゃない。』 (2014)

さわやかに胸に沈殿する、純愛ストーリー! 瑞々しい若手俳優の好演、人生訓を提示する物語性と、硬軟が融合したまばゆい青春映画であった。 本作は、ジョン・グリーンが友人をモデルに書き上げたベストセラー小説の映画化。全米で公開されるやサプライズ・ヒットをか...

恋愛の基本。その2。『きっと、星のせいじゃない。』

ガン患者の集会で出会った若い男女の恋愛模様を描いた作品です。

『きっと、星のせいじゃない。』

□作品オフィシャルサイト 「きっと、星のせいじゃない。」□監督 ジョシュ・ブーン□脚本 スコット・ノイスタッター、マイケル・H・ウェバー□原作 ジョン・グリーン□キャスト シャイリーン・ウッドリー、アンセル・エルゴート、ローラ・ダーン、        ウ...

きっと、星のせいじゃない。★★★★

ジョン・グリーンのベストセラー小説「さよならを待つふたりのために」を基にした青春ロマンス。ガン患者の集会で出会った若い男女が恋に落ち、憧れの作家と対面しようとオランダへ旅する姿などを追う。『ダイバージェント』に出演したシャイリーン・ウッドリーとアンセル...

予め死を受け入れた二人のために~『きっと、星のせいじゃない。』

 THE FAULT IN OUR STARS  17歳のヘイゼル・グレース(シャイリーン・ウッドリー)は、甲状腺ガンが肺に 転移し、酸素ボンベが手放せないながらも小康状態を保っていた。母(ローラ ・ダーン)の薦めでガン患者が集う会に参加した彼女は、骨肉腫により右足を 切断した、18歳のオーガスタス(アンセル・エルゴート)と出逢う。  アメリカで大ヒ...

きっと、星のせいじゃない。

 『きっと、星のせいじゃない。』をTOHOシネマズ渋谷で見てきました。 (1)時間的な余裕があるときにはこうした純愛ラブストーリーも良いのでは、と思って映画館に行ってみたのですが、案の定、女子高生が大部分でした。  本作(注1)は、17歳で末期ガンを患っている少...

「きっと、星のせいじゃない」

「The Fault in Our Stars」2014 USA 末期がん患者であるヘイゼルは両親に勧められ、ガン患者の集会“サポートグループ”に嫌々ながら参加することになる。そこで彼女は、骨肉腫で片足を切断したオーガスタスと出会う… ヘイゼルに「ファミリー・ツリー/2011」のシェイリーン・ウッドリー。 オーガスタス(ガス)に「キャリー/2013」のアンセル・エルゴート。 ...

きっと、星のせいじゃない。/シャイリーン・ウッドリー

劇場予告編の宣伝プッシュがかなり多めな印象で、ホントにそんな良作なの?とかえって引いてしまうんですけど、不治の病にかかった若い男女の恋を描いた全米ベストセラー小説「さ ...

映画・きっと、星のせいじゃない。

原題 THE FAULT IN OUR STARS2014年 アメリカ原作 ジョン・グリーン「さよならを待つふたりのために」 主人公のヘイゼル(シャイリーン・ウッドリー)は16歳13歳で甲状腺癌になり、腫瘍が肺に転移幸い抗がん剤が効いて、今は酸素ボンベは手離せないものの小康状...

きっと、星のせいじゃない

想像はしていたけど、より以上に号泣してしまったー! 翌日目が腫れていて会社で「辛そうだね」と言われたくらい 花粉も若干入っているような気もしたけど。 ジョン・グリーンのベストセラーYA(ヤングアダルト)小説『さよならを待つふたりのために』を 「ファミリー...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR