●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

マッサン (第119回・2/20) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『マッサン』公式
第20週『夏は日向を行け 冬は日陰を行け』【第119回】の感想。

【注】本作をを楽しくご覧になった方は、読まない方が良いです。


手が震えるなか離婚届に署名しようとするマッサン(玉山鉄二)は、それを見つけたエリー(シャーロット)に精一杯考えた末に決めたことだと告げる。そのとき、特高警察の刑事たちが家に乗り込んでくる。リーダーの桜田(池田成志)はエリーへのスパイ容疑として家宅捜査を始めると宣告。やめろと訴えるマッサンたちの声もむなしく、特高たちは乱暴に家中を調べまわり、熊虎(風間杜夫)らも何も出来ず立ち尽くすのだった。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

やっと予告編に繋がっただけの15分間

取り敢えず、苦渋の選択でマッサン(玉山鉄二)が離婚届に署名しようとしているところにエリー(シャーロット)がやってきて、突然に「マッサンは本当にそれで良いの?」まるで他人事のようなエリーの言葉に突っ込んでる間もなく、やっと予告編に繋がった、ただそんな15分間だったような。

こういうの、もうお腹いっぱいなのだが…

きっと作り手たちは、明日のクライマックス直前の重大な葛藤のシークエンスのつもりなのだろう。なぜなら、本作の作り手たちがは重要と思うシーンはバカが付くほど丁寧に描くから。視聴者がじっくり観たいシーンは端折って進み、どうでも良いところはダラダラと。この感覚の差は最終回まで埋まらないのか。

あとがき

NHK大阪は、よほど大日本帝国軍がお嫌いなようで。今日の特高警察もチンピラ風の出で立ちで土足でズカズカ家に張り込み、一方のエリーは無抵抗で日本人になりたいと主張して、特高=悪役のイメージ戦略をしてきましたね。こう言う妙な価値観の押しつけも嫌ですが、こんなシーンを15分も描くのは時間の無駄です。
早く、土曜になって決着をつけて欲しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説「マッサン」オリジナル・サウンドトラック
ウイスキー一筋に生きてきた男、竹鶴政孝。 (マガジンハウスムック)
竹鶴とリタの夢 余市とニッカウヰスキー創業物語
大好き「マッサン」ファンブック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6699/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/414362641.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1週『鬼の目にも涙』
1 2 3 4 5 6
第2週『災い転じて福となす』
7 8 9 10 11 12
第3週『住めば都』
13 14 15 16 17 18
第4週『破れ鍋に綴じ蓋』
19 20 21 22 23 24
第5週『内助の功』
25 26 27 28 29 30
第6週『情けは人のためならず』
31 32 33 34 35 36
第7週『触らぬ神に祟りなし』
37 38 39 40 41 42
第8週『絵に描いた餅』
43 44 45 46 47 48
第9週『虎穴に入らずんば虎子を得ず』
49 50 51 52 53 54
第10週『灯台下暗し』
55 56 57 58 59 60
第11週『子に過ぎたる宝なし』
61 62 63 64 65 66
第12週『冬来たりなば春遠からじ』
67 68 69 70 71 72
第13週『急いては事をし損じる』
73 74 75 76 77 78
第14週『渡る世間に鬼はない』
79 80 81 82 83 84
第15週『会うは別れの始め』
85 86 87 88 89 90
第16週『人間到る処青山有り』
91 92 93 94 95 96
第17週『負うた子に教えられる』
97 98 99 100 101 102
第18週『遠くて近きは男女の仲』
103 104 105 106 107 108
第19週『万事休す』
109 110 111 112 113 114
第20週『夏は日向を行け 冬は日陰を行け』
115 116 117 118

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「マッサン」第119回★特高警察・桜田(池田成志)

連続テレビ小説「マッサン」 第119回(2月20日) 苦悩した末に離婚届に署名しようとするマッサン(玉山鉄二)。 そのとき、ついに特高警察の刑事たちが家に土足で乗り込んできました…。 特高の桜田(池田成志)が「軍機保護法および軍用資源秘密保護法違反。亀山エリーのスパイ容疑で家宅捜索する。」 マッサン「スパイ?」 桜田「あのアンテナは何だ?あれで我が国の機密通信を傍受し...

マッサン 第119回

内容 離婚届を手に悩む政春(玉山鉄二)は、ついに決意する。 だが、そんなとき。。。。 敬称略 やっと、予告の部分に繋がった。 ただそれだけですね。 ま、、、頑張っていたのは認めますが。 俳優が頑張ったところで、ドラマとして面白いかどうかは別の話ですので...

NHK朝ドラ【 マッサン 】 第119回 感想

手が震えるなか離婚届に署名しようとするマッサン(玉山鉄二)は、それを見つけた エリー(シャーロット)に精一杯考えた末に決めたことだと告げる。 そのとき、特高警察の刑事たちが家に乗り込んでくる。 リーダーの桜田(池田成志)はエリーへのスパイ容疑として家宅捜査を始めると宣告。 やめろと訴えるマッサンたちの声もむなしく、特高たちは乱暴に家中を調べまわり、 熊虎(風間杜夫)らも何も出来...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR