ゴーストライター (第6話・2/17) 感想

フジテレビ系『ゴーストライター』公式
第6話『私は真実を述べます嘘つきへの法の裁き』の感想。


由樹(水川あさみ)は、リサ(中谷美紀)が登壇する映画の完成披露会場に乗り込み、衝撃的な行動に出る。しかし、すぐに会場から追い出され、会は何事もなかったかのように進められる。神崎(田中哲司)や常務の鳥飼(石橋凌)らがマスコミ各社に手を回したため、由樹の行動は記事にすらならない。出版界が一丸となってリサを守っていると知り、由樹は無力感に襲われる。小田(三浦翔平)は、そんな由樹のことをひそかに気に掛けていた。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

前回は…

前回で、
「遠野リサを終わらせる」と決めた女の強さが、
「遠野リサをを始める」と決めた女の崩壊を招き、
「簡単に遠野リサを終わらせない」と決めた女の覚悟が、
あの完成披露パーティーでの由樹(水川あさみ)の衝撃的な言動に繋がった。

小説のプロットを組み立てるような構成がいい

そして、今回は、
「自分が遠野リサのゴーストライターと明かした」女の攻撃が始まり、
「遠野リサは自分だけと主張する」女の反撃の反撃が、
法廷の場で始まった。
なかなかストーリー全体が小説のプロットを組み立てるような構成になっていて、小説家のドラマとの相性の良い脚本だと思う。

リアルな大人の事情を覗き見る楽しさがある

更に、リサ(中谷美紀)と由樹の対立構造に複雑な応援団が増え始め、正にドロドロの展開になり、最終回まで見逃せない状態になりつつある。そして、各登場人物の設定や描写が丁寧だから、単純にドラマの中の話に留まらず、実は現実の出版業界、芸能界もこうなのでは?と、リアルな大人の事情を覗き見る楽しさも堪らない。

リサと由樹の直接対決をもっと魅せて欲しい

今回で唯一惜しかったのは、リサと由樹の直接対決のシーンがほぼ無かったこと。話も進んだのか進んでないのか微妙な感じ。やはり、女同士の激突こそ本作の面白味であり醍醐味だから、第2章は是非とも直接対決を観てみたいものだ。

あとがき

面白いには間違いないです。ただ、全体的な印象が丁寧と言うより助長気味なのは否めません。特に次週の予告編を見る限りでは、今回と次回で1話でも行けるのかなと。
グイグイ惹きつける脚本、演技、演出があるのですから、ストーリーももっとグイグイと引っ張っていってほしいです。次回に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
フジテレビ系ドラマ「ゴーストライター」オリジナル・サウンドトラック
Unlock (Choreo Video盤) (CD+DVD 三浦大知
Unlock (Music Video盤) (CD+DVD) 三浦大知
Unlock (CD) 三浦大知


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6686/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/414244173.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ゴーストライター「私は真実を述べます嘘つきへの法の裁き」

ついに出ました、物語冒頭での、雨の中での、乱闘シーン!同じような、白いドレスで、もみくちゃの、つかみ合いの喧嘩っそして、始まった裁判… でも、意外なことに、1回で、終わってしまうとは。リサ(中谷美紀)が名誉毀損で訴え、由樹(水川あさみ)の精神不安定を理由に敗訴してしまったのでした。倒れてしまう由樹…それにしても、リサの出版界、マスコミでのパワー、どこまでっ?! 試写会でのハプニングも、完全に...

ゴーストライター 第6話★川原由樹をつぶすために彼女の人格を否定する

ゴーストライター 第6話 由樹(水川あさみ)は、リサ(中谷美紀)が登壇する映画の完成披露会場に乗り込み、衝撃的な行動に出る。しかし、すぐに会場から追い出され、会は何事もなかったかのように進められる。神崎(田中哲司)や常務の鳥飼(石橋凌)らがマスコミ各社に手を回したため、由樹の行動は記事にすらならない。出版界が一丸となってリサを守っていると知り、由樹は無力感に襲われる。小田(三浦翔平)は、そ...

ゴーストライター #06

『私は真実を述べます 嘘つきへの法の裁き』

『ゴーストライター 』『 まっしろ 』第6話 ツイッターつぶやき感想まとめ(2/17)

レビュー記事のないものに関して実況ツイートをUPする事にいたしました。 ツイートなんで。つぶやきなんで。文章にはなっていません。 単なる自分のための忘備録です。 「読み物ではない」ということでスルー推奨します~! ゴーストライター  第6話 kukucooo なう~古美門せんせー! RT @yu_panzuki: #ゴーストライター なう。 02-17...

ゴーストライター 第6話

由樹(水川あさみ)は、リサ(中谷美紀)が舞台挨拶を行う映画の完成披露試写会に現れて、映画の原作を書いたのはリサのゴーストライターである自分だと暴露して、会場は騒然となります。 試写会は一時中断されて、激しく動揺したリサは控室に戻ります。 神崎(田中哲司)は由樹を追い出して、リサをなだめて舞台挨拶を続行させることに。 試写会が終わり、リサは車で会場を後にしますが、途中で由樹が...

「ゴーストライター」第6話 感想

 神崎に利用されてるだけなんだと気が付いた遠野リサ。本意ではない訴訟にまで発展して出版社や編集長らの意向に逆らえず、ただ示された通りの証言をするしかない。  「可哀そうな人。」由樹と息子に同じ事を言われてしまいましたね。  野心や権力欲のある男性に従わされてるだけのヒロイン。  逆らえない弱さ。  自分に正直になれない弱さですよね。  受け身でいる方がずっと辛い。

ゴーストライター 第6回

「私は真実を述べます嘘つきへの法の裁き」 内容 映画“エターナルレシピ”の完成披露試写会の会場に、 突如、現れた由樹(水川あさみ)は、自分こそが本を書いた リサ(中谷美紀)のゴーストライターであると告げる。 騒然とする会場。神崎(田中哲司)は、試写会を一端...

「ゴーストライター」身代わりの作家6リサがゴーストライターを使っていた事が暴露されたが由樹を提訴し裁判で由樹の証言を嘘だと嘘の証言をした

「ゴーストライター」第6話はエターナルレシピの完成披露試写会でリサの前に由樹が現れリサのゴーストライターだという事を暴露し会場は騒然となった。しかしその場はすぐに事態 ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR