●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

流星ワゴン (第5話・2/15) 感想

TBS系『流星ワゴン』公式
第5話『ママを探しに大奮闘健太の願いを叶えろ』の感想。
なお、原作小説:重松清『流星ワゴン』は未読。


橋本(吉岡秀隆)が一雄(西島秀俊)らを、自分たちの事故現場に案内。健太(高木星来)は妻の連れ子で、死ぬまで懐いてくれなかったと明かし、せめて成仏させてやりたいと話す。未練を断ち切り、死んだことを受け入れれば成仏できると知った忠雄(香川照之)は、車から降りようとしない健太を連れて来ようとする。しかし、健太は生き残った母・花織(中島ひろ子)に伝えたいことがあると言い出し、2人は母親捜しを手伝うことにする。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

「親子探偵チュウさんと一雄の不思議な事件簿」か?

完全に番外編ではあるが、今後の忠雄(香川照之)と一雄(西島秀俊)の親子関係を描くのに必要な話であるのは、エンディングで一応納得した。ただ、成仏やら成仏のルールやら設定がどんどん付け加えられて、話が作られるのはちょっと残念だった(詳しくは後述する)。

でも、これまでの一進一退のドラマとしては、番外編ながら橋本(吉岡秀隆)と健太(高木星来)に関しては、少しだがきちんと前に進んだ。個人的には、成仏できずに彷徨う橋本と健太が成仏出来るまでを、忠雄と一雄のヘンテコ探偵が手助けする「事件簿」で、2時間スペシャルでも作った方が、良かったと思ってしまった。

忠雄が一雄にかけた電話に違和感を覚えた

今回で、どうしても気になって小がなっかったことに、忠雄が公衆電話から一雄の携帯電話に電話をかけるシーンがある。あれがOKならば、一雄の携帯電話に一雄の家族やその他の関係者からも、どんどん電話がかかってきて然るべきだと思う。もちろん、今回の話では「電話する」ことにそれなりの意味も面白さもあるが。

今回は「現在」中心の物語に、死に際の忠雄のインサートカットでリアルさを醸し出しているのに、「じゃあ、電話使えるじゃん」って思ってしまう。私が観たいのは忠雄と一雄の親子関係の修復だどうなるかであって、事故で亡くなった父を息子の仏教法話みたいなくだりでない。そこがホント残念だった。

あとがき

健太の実母の居場所を探すのに、忠雄と一雄が別行動になる必要性はわかりますが、電話以外の方法はなかったのでしょうか。原作は未読ですが、テレビドラマですから映ったものはそう捉えるだけなので、もっと試行錯誤して欲しかったです。次回に期待します。
それにしても、香川照之さんの熱い演技、他を圧倒していたのに驚きました。共演者の皆さん、がんばって下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
流星ワゴン (講談社文庫)
TBS系 日曜劇場「流星ワゴン」オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6679/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/414136673.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

流星ワゴン「ママを探しに大奮闘健太の願いを叶えろ」

今回は、やや番外編で、ワゴンに乗ってる、橋本(吉岡秀隆)と健太(高木星来)のエピソード。しきりに、運転者・橋本が、一雄(西島秀俊)と忠雄(香川照之)の「本音ぶつけあい」を羨ましがるのが不思議だったのですが、実は、彼は再婚で、義理の仲だったとか。それで、事故も、しきりに新しい父親・橋本に反発する健太と「家族の思い出を作りたい」と奮起して、免許を取り、始めてのドライブでの事故(気の毒すぎる!)、...

【 流星ワゴン 】第5話 感想

今ならまだ…きっとやり直せます! 奥さんとお子さんとまた家族で笑って暮らせる日がきっときますから。 生きたくても生きられなかったあの二人の分まで生きてください。 それが あの二人への何よりの救いになるはずです! 流星ワゴン 第5話      簡単感想で~~…。 このドラマは~…カズと忠さんが1話ずつダメになる設定なのか…。 今回、一雄は...

流星ワゴン #05

『ママを探しに大奮闘 健太の願いを叶えろ』

流星ワゴン 第5話

ワゴン車がある峠に停まり橋本(吉岡秀隆)は、健太(高木星来)を車に残して、一雄(西島秀俊)と忠雄(香川照之)を峠の一角へ案内します。 そこは橋本と健太が死亡した事故現場でした。 いまだに命日にはお供え物がしてあるんですね。 橋本は、お互いに本音でぶつかり合う親友のような一雄と忠雄が羨ましいとこぼします。 橋本と健太は血の繋がりのない親子だったのですね。 健太のお...

流星ワゴン 第5話

「ママを探しに大奮闘健太の願いを叶えろ」 内容 美代子(井川遥)息子・広樹(横山幸汰)の悩みに気づき始めた一雄(西島秀俊) だが、忠雄(香川照之)は、美代子の想像以上に病んでいると告げる。 そのことで、一雄と忠雄は、言い合いになってしまう。 ふたりの様子...

流星ワゴン五話&デート五話感想

■流星ワゴン五話 全編通して結構きついよね、五話は特にオチにも救いがなかったような(苦笑)しかも、美代子(井川遥)のどうしようもない話の続きが気になるところで、橋本(吉岡秀隆)と健太(高木星来)の話になった五話でした。 普通に動き回っているのでわかりづらいけど、この親子はすでに死んでいるんだった(苦笑)その親子のエピソードの話だったわけだけど、なかなか切なくて心がヒリヒリしましたね。 ...

流星ワゴン #05 簡単感想

公式サイト ワゴンが蓼科峠で停まった。橋本(吉岡秀隆)は健太(高木星来)をワゴン

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR