●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

ウロボロス ~この愛こそ、正義。 (第5話・2/13) 感想

TBS系『ウロボロス ~この愛こそ、正義。』公式
第5話『君は僕が守る!』の感想。
なお、原作漫画:神崎裕也『ウロボロス 警察ヲ裁クハ我ニアリ』は未読。


桂田(デビット伊東)に呼び出された竜哉(小栗旬)が駆け付けると、桂田は既に死んでいた。そして現場には結子(広末涼子)の写真が落ちていた。桂田の口を封じたのが公安だと知った竜哉は、情報を得ようと公安と協力関係にある敵対組織の組長・山城(佐々木勝彦)に接触を図る。一方のイクオ(生田斗真)は、警視総監狙撃事件の捜査に携わる。副総監・聖(野村将希)の指揮で調べが進む中、容疑者として山城に逮捕状が出る。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

俳優も配役も良し。緊張感や緊迫感もある

W主役の小栗旬さんと生田斗真さんを始め、俳優陣の演技も存在感も素晴らしい。俳優と役柄もみんな合ってる。イクオ(生田斗真)と美月(上野樹里)の行く末も気になる。次第に金時計の男たちがイクオと竜哉(小栗旬)に迫ってくる緊迫感もあるし、2人が徐々に真相に近づきつつある緊張感も堪らない本作。

事実が少しずつ明かされていくだけにも見える

しかし、今一つテレビの中のリアルさがこちらに伝わってこない気がしてならない。多分、終わってみれば、都合良いタイミングで襲われたり襲ったり、真実が明らかになったり謎が増えたりするからではないだろうか。

つまるところ、事実が少しずつ明かされていくだけ。もう少し、回想シーンの挿入の仕方など、工夫して魅せても良いかも。

あとがき

広末ファンの私としては、結子の回想シーンで新たなカットが見られるのは嬉しいですが、その回想シーンが本作のテンポを妙な感じにしてしまっているのも事実なんですよね。その辺が改善されると、もっと面白くなると思うんですが。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
TBS系 金曜ドラマ「ウロボロス~この愛こそ、正義。」オリジナル・サウンドトラック
Sakura 【初回限定盤】(DVD付) 嵐
Sakura 【通常盤】 嵐
TBS金曜ドラマ『ウロボロス~この愛こそ、正義。』で小栗旬さん演じる『段野竜哉』が公式HPで掛けているメガネを新発売!!


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6671/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/414047203.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『 ウロボロス~この愛こそ、正義。 』第5話 ツイッターつぶやき感想まとめ(2/13)

山城隼人… 山城会長の一人息子は今も行方が分かってねえ。 そいつは「まほろば」に関する情報を握ってる。 山城が言ってた医者ってのが何のことか分かんねえが、見つけ出すんだ。 今度こそ公安より先に。 つきあってくれるよな? イクオ。 …なんで今さらそんな事聞くの? ちょっと気になっただけだよ。 俺たちにとって何が大事なことか、お前の中でブレてねえかってな。 ...

ウロボロス~この愛こそ、正義。「君は僕が守る!」

本番組が始まる前、遊び心として、パロディ「ムロボロス」が始まり、あははは…そういえば、紅白でも副音声やってましたが、この副音声はどんなのだったのかな? (^^;)北川警視総監(中村橋之助)が狙撃される事件が発生警察組織を変えるために、副総監が総監を狙撃させました。そして、ハメられた、竜哉(小栗旬)… 彼が、ハイジマコーポレーションを訪れ、 桂田(デビット伊東)の遺体を発見し、警察官姿の結子(...

ウロボロス~この愛こそ、正義。 #05

『君は僕が守る』

ウロボロス〜この愛こそ、正義。 第5話

『君は僕が守る』 「君は僕が守る!」 内容 龍崎(生田斗真)と段野(小栗旬)の関係を疑い始めた美月(上野樹里) 問い正された龍崎は、裏社会で有名な段野だから知っていると答えるが、 それ以上は、偶然だろうと言うしか無かった。 一方、ハイジマコーポレーション...

ウロボロス~この愛こそ、正義。 第5話

美月(上野樹里)から、イクオ(生田斗真)は竜哉(小栗旬)との関係を問い質されます。 でもイクオはよどみなく、竜哉との関係を否定しますが、美月はいつものイクオらしからぬ否定の仕方に疑問を抱くのでした。 イクオは用事があると言ってその場を去りますが、はたしてどこまで隠し通せるのか不安を覚えていました。 そんな時、警視総監・北川(中村橋之助)が何者かに狙撃されて、イクオたちは特別...

【ウロボロス~この愛こそ、正義。】第5話感想と視聴率

【第5話の視聴率は2/16(月)追記予定】 「君は僕が守る」 結子先生(広末涼子

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR