●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

マッサン (第112回・2/12) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『マッサン』公式
第19週『万事休す』【第112回】の感想。

【注】本作をを楽しくご覧になった方は、読まない方が良いです。


「ドウカウイスキー」という名称に決まったマッサン(玉山鉄二)のウイスキーの待ちに待った初出荷の日。次々と馬車に積み込まれ出荷されていくウイスキーを見送り感無量のマッサンたち。エリー(シャーロット)はスコットランドの母にこれまでのことを手紙につづる。返ってきた手紙には母が病床にいると書かれており、エリーはただただ回復を祈るのだった。しかし、喜びもつかの間、ウイスキーは全く売れないのだった…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

ついに英語の台詞を言わせちゃったよ

クララが立った!いや、エリーが喋った!それもついに英語で。「余市編」になって一気に無口になって存在感が薄くなったエリー(シャーロット)だったが、ついに英語の台詞を言わせちゃったか。俊夫(八嶋智人)がいたから、何とかコミカルなシーンになったが。手紙まで書かせて。大人の事情も大変ですなあ。

なぜ、商売のドラマなのに、営業のシーンが無いの?

「余市編」に限らずこれまでもマッサン(玉山鉄二)好みのウイスキーが売れないのは散々台詞で聞いてきた。返品や在庫の山も見てきた。しかし、商売を描くドラマなのに本作には決定的に欠落しているのが、営業やセールスのシーンだ。どんな取引先にどう売り込んでるのかさっぱりわからない。

あれだけ素敵な現地で格好良く出荷のシーンをロケ撮影したのに、今日も「売れない」ばかりで、営業(と言うより苦情処理に近い)は俊夫の電話だけ。

マッサンたちが汗水流して営業しているシーンでもあれば共感できるのに、なぜそこを描かないのだろう。最初の広島の頃にエリーが下品な格好で売り子をしたように描けば良いのに…

あとがき

きっと今週の残りも、「売れない→出資者に怒られる→経営者の厳しさを学ぶ」ってパターンでしょうか。鴨井社長(堤真一)は一度経営者の大先輩として出演済みですから、今度は田中社長(西川きよし)かな?

それにしても、ニッカウヰスキー余市蒸溜所でのロケシーンは圧巻でした。流石、本物の存在感。前後のNHKのセットのシーンのしょぼさが際立っちゃいましたね。ロケシーンの前後に青空と星空をインサートするとか、演出部も少しは工夫すれば良いのに。まあ、ロケ撮影をしただけでも良しとするしかないようですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説「マッサン」オリジナル・サウンドトラック
ウイスキー一筋に生きてきた男、竹鶴政孝。 (マガジンハウスムック)
竹鶴とリタの夢 余市とニッカウヰスキー創業物語
大好き「マッサン」ファンブック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6663/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/413921736.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1週『鬼の目にも涙』
1 2 3 4 5 6
第2週『災い転じて福となす』
7 8 9 10 11 12
第3週『住めば都』
13 14 15 16 17 18
第4週『破れ鍋に綴じ蓋』
19 20 21 22 23 24
第5週『内助の功』
25 26 27 28 29 30
第6週『情けは人のためならず』
31 32 33 34 35 36
第7週『触らぬ神に祟りなし』
37 38 39 40 41 42
第8週『絵に描いた餅』
43 44 45 46 47 48
第9週『虎穴に入らずんば虎子を得ず』
49 50 51 52 53 54
第10週『灯台下暗し』
55 56 57 58 59 60
第11週『子に過ぎたる宝なし』
61 62 63 64 65 66
第12週『冬来たりなば春遠からじ』
67 68 69 70 71 72
第13週『急いては事をし損じる』
73 74 75 76 77 78
第14週『渡る世間に鬼はない』
79 80 81 82 83 84
第15週『会うは別れの始め』
85 86 87 88 89 90
第16週『人間到る処青山有り』
91 92 93 94 95 96
第17週『負うた子に教えられる』
97 98 99 100 101 102
第18週『遠くて近きは男女の仲』
103 104 105 106 107 108
第19週『万事休す』
109 110 111

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「マッサン」第112回★売れないドウカウイスキー

連続テレビ小説「マッサン」 第112回(2月12日) 「DOUKAH WHISKY(ドウカウイスキー)」という名称に決まったマッサン(玉山鉄二)のウイスキー。 ネーミングのセンス悪すぎない!? いくらなんでも「ドウカ」は無いわ・・・。 −◆− <昭和15年10月。待ちに待った初出荷。マッサンのウイスキーが世に出る日がやってきました。> 荷馬車に積まれて続々と出荷。 ...

マッサン 第112回

内容 ウイスキー造りを出資者に許され、政春(玉山鉄二)は、 ウイスキーの名前を皆と考え始める。 政春のアイデアをエマ(優希美青)が補足し、“ドウカウイスキー”と決定。 そして、出荷するのだが。。。 敬称略 ついに、英語を使ったか!! 俊夫がいるから、なん...

【マッサン】第112回(2/12木)「DOUKAH」感想

「ドウカ ウヰスキー」って、どうかな?(^^;) 「ニッカ」だから、「ホッカ」か

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR